• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

妊娠中・授乳中の飲酒による影響

お母さんが飲んだお酒は、赤ちゃんにも影響する 妊娠中や授乳期に、お母さんがお酒を飲んではいけないことを知っていますか? どんな影響が出るのかしら?

妊娠中の飲酒がおよぼす影響

妊娠中にお酒を飲むと、胎盤を通じてアルコールがお腹の赤ちゃんに入り、さまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。 妊娠中の安全なアルコールの量や飲酒可能な時期は解明されていないので、妊娠中はお酒を飲まないようにしましょう。妊娠を望むようになったらお酒を控えるのがベストです。

早産・流産・分娩異常の原因になることがある

胎児性アルコール症候群(FAS)を引き起こすことがある

 胎児性アルコール症候群(FAS)を引き起こすことがある

妊娠中にアルコールを摂取した女性から生まれた子供に

  • 特徴的な顔貌(小さな目、薄い唇など)
  • 発育の遅れ
  • 中枢神経系の障害(学習、記憶、注意力の持続、
    コミュニケーション、視覚・聴覚などの障害)

などの先天異常が見られること

FASの基準をすべて満たさない場合でも、アルコールが関与している神経発達障害(行動や認知の異常)や先天異常(心臓、腎臓、骨、聴覚の異常)が見られる赤ちゃんの障害を総称して「胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)」と呼んでいます。

 胎児性アルコール症候群(FAS)を引き起こすことがある

飲んだお酒は母乳に移行する

授乳期の飲酒にも注意が必要です。
アルコールが母乳へ移行する割合はとても高く、血液中のアルコール濃度と母乳中の濃度はほぼ同じになります。また、長期に渡る飲酒や飲酒量が多い方は、母乳の出る量が少なくなることもわかっています。
お産後でも、母乳で赤ちゃんを育てている間は、アルコールは控えるようにしましょう。

飲酒と赤ちゃんの関係を学びましょう

アサヒグループの一員である育児用品のパイオニア「和光堂」のホームページで、子育て中のママ、プレママ(妊婦)に向けた、お役立ち情報を提供しています。「わこちゃんカフェ」では、プレママの健康情報の一つとして、妊娠中の食事や、口にして良い食材についても解説しています。

和光堂「わこちゃんカフェ」はこちら

将来、赤ちゃんができたら、お酒は飲まないように注意しよう 生まれてくる赤ちゃんのためにも、お父さんたち男性陣も知っておいてくださいね

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。