*Firefox 87.0をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

考えてみよう!女性と飲酒の関係

女性は一般的に男性よりもアルコールに弱く、とくに妊娠中・授乳中の飲酒にはリスクがいっぱい。
女性はもちろん、男性にも知っておいていただきたい3つのポイントをご紹介いたします。

  • POINT1

    妊娠中・授乳中の飲酒は
    妊産婦にも、赤ちゃんにも
    リスクがいっぱい

    詳しくはこちら

    妊娠中・授乳中の飲酒は妊産婦にも、赤ちゃんにもリスクがいっぱい

    厚生労働省「e-ヘルスネット」より

  • POINT2

    一番多い飲酒機会は
    「夫と」一緒に

    妊産婦に飲酒をさせない
    まわりの思いやりが大切です。

    詳しくはこちら

    一番多い飲酒機会は「夫と」一緒に
  • POINT3

    女性は男性よりもアルコール
    に対するリスクが高い

    女性ホルモンがアルコールの代謝を抑制するため、男性よりも少量のアルコールで、また短期間で、アルコール依存症や肝障害に進展しやすい危険性があります。

    詳しくはこちら

    女性は男性よりもアルコールに対するリスクが高い

    アルコール健康医学協会HPより

妊娠を望んでから授乳期間を終えるまで、飲酒は控えましょう
飲酒を控える期間

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。