*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

20歳未満飲酒の実態

20歳未満にとって、お酒は遠い存在ではない ほとんどの20歳未満は、飲酒なんてしないと思うけどなぁ 残念ながら、そうとは言えません!20歳未満の飲酒は法律で禁じられているにもかかわらず実は多いのです

中高生に飲酒を勧めるのは大人が多い

中学生・高校生の飲酒経験は、第1位が冠婚葬祭、第2位が家族と一緒、となっています。大人と一緒に飲んだ子どもが実は多いのです。特別な日に大人が安易な気持ちで子どもに一杯勧めてしまう、という場面を目にすることがあります。 こういう、ちょっとしたキッカケから20歳未満の習慣飲酒が始まってしまいます。
いかなる時でも20歳未満にお酒を勧めることは絶対にやめましょう。

中学生・高校生の場面別飲酒経験

中学生・高校生の場面別飲酒経験 グラフ

【出典】厚生労働科学研究「未成年者の喫煙・飲酒状況に関する実態調査研究」(平成25年3月)より

20歳未満がお酒を勧められた時の上手な断り方

「20歳になるまでお酒は飲まないと決めているんだ」「興味が無いからいらない」などと、理由を言って、飲まないという意思をはっきり伝えましょう。一杯入ってほろ酔い気分の大人も、そう言われたらきっとハッとすることでしょう。

「お酒の上手な断り方」はこちら

教授、20歳未満の飲酒がこんなに多いなんてびっくりしました!お酒に触れる機会は、20歳未満でも意外に多いのです。まずは20歳未満の飲酒の怖さについて、しっかりした知識を身につけてください

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。