• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

急性アルコール中毒の原因・症状

危険な酔いは、前触れなく突然やってくる イッキ飲みをすると、
どうして急性アルコール中毒になるのですか? 「短時間でアルコールが大量に体に入る」ことにより、一気に血液中のアルコール濃度が高くなるからです。だから、イッキ飲みは「しないこと」「させないこと」

急性アルコール中毒を引き起こすメカニズム

「イッキ飲み」のように短時間で大量のお酒を飲んでしまうと、肝臓でのアルコール代謝が追いつかなくなり、血液の中にアルコールが増えていくことになります。その結果、アルコール血中濃度が急上昇し、「昏睡期」の状態に進んでしまいます。これが急性アルコール中毒です。昏睡期の状態では、意識が混濁し、呼吸麻痺や、吐いたものがノドにつまることで、死に至るケースもあります。
特に、お酒に弱い人は、少量のアルコールでも危険な状態になるので、注意が必要です。

急性アルコール中毒の症状・行動

次のような症状があるときは、急性アルコール中毒の危険性があります。

意識の混濁、昏睡、血圧の低下、呼吸の抑制、失禁

悪酔い

  • 顔面や全身のはっきりとした紅潮・灼熱感、発汗
  • 動悸、呼吸困難、胸痛、低血圧
  • 頭痛、不穏、めまい、目のかすみ
  • 嘔気・嘔吐、口渇
  • 脱力、低血圧、起立性低血圧(急に座ったり立ち上がったりしたときに起こる失神)

など

記憶の抜け落ち(ブラックアウト)

泥酔中の失態について後で思い出せない

アルコール性低血糖

18時間以上の飢餓状態の後に大量の飲酒をすると、低血糖が起こる

他にも、筋肉の壊死や胃の出血による吐血、転倒によるケガや事故が起きてしまう可能性もあります。

こんなにコワい症状があるんですね… 時には命まで落とすこともあるので、絶対に「イッキ飲み」は「しない」「させない」です

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。