高齢者の飲酒

年齢を重ねるにつれて、お酒との付き合いを変える必要がある わしも、若い頃に比べたら、お酒の量が減ったなぁ それは自然なことです。高齢者は年齢に合ったペースで、お酒を嗜みましょう

高齢者は、アルコール代謝能力が低下する

高齢になると、体力とともにアルコールの代謝能力が低下し、お酒の量も減っていきます。また、短期間でアルコール依存症に陥りやすいので注意が必要です。年相応の適量を心がけることが、お酒と長く付き合う秘訣です。

高齢者が健全な飲酒をするためのポイント

高齢者が健全な飲酒をするためのポイント

お酒を楽しめる健やかな生活のために、
以下のポイントをしっかり守りましょう

  1. 若い頃と同じ調子で飲まない
  2. 家族のアドバイスに耳を傾ける
  3. 薬とは一緒に飲まない
  4. 肝臓などの検査を定期的に受ける
このアドバイスを参考に、いつまでもお酒を楽しみたいものじゃ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。