*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

お酒の適量を知る

お酒の適量ってどのぐらい? お酒の適量は性別、年齢、体重、体質によって個人差もありますが、一般的に推奨される飲酒量を紹介します。自分の適量を知り、体調も考えお酒を楽しみましょう。

節度ある適度な飲酒量

厚生労働省は「健康日本21」の中で「節度ある適度な飲酒」を以下のように推奨しています。「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20g程度である。」
また、一般的に女性は男性に比べてアルコール分解速度が遅いことや、体重あたり同じ量だけ飲酒したとしても、女性は男性に比べて臓器障害を起こしやすいことも知られています。これらの理由から女性の飲酒量は男性に比べて1/2〜2/3程度が適当と考えられます。

純アルコール量20gとは? ビール(5%):500ml、日本酒(15%):180ml、ワイン(12%):200ml、チューハイ(7%):350ml、ウイスキー(43%):60ml、焼酎(25%):100ml

生活習慣病のリスクを高める飲酒量

厚生労働省は、平成25年から開始された「健康日本21(第二次)」で、「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」を、1日当たりの純アルコール摂取量が男性で40g以上、女性で20g以上と定義しています。

純アルコール量の計算

純アルコール量は計算できます。

お酒の量(ml) × アルコール度数 × 0.8(アルコールの比重)

通常、純アルコール量は、グラム(g)で表わされます。5%のビールの中ビンまたはロング缶1本(500ml)に含まれている純アルコール量は、アルコールの比重も考慮して、以下のように計算します。

500(ml) × 0.05 × 0.8 = 20(g)

最近の飲酒したアルコール量を計算してみよう

お酒の種類
飲み方
一杯の量
(ml)
度数 or %
杯数
比重
純アルコール量
(g)

お酒の種類

ビール

飲み方

一杯の量(ml)

度数 or %

杯数

比重

0.8

純アルコール量(g)

お酒の種類

チューハイ

飲み方

一杯の量(ml)

度数 or %

杯数

比重

0.8

純アルコール量(g)

お酒の種類

焼酎

飲み方

一杯の量(ml)

度数 or %

杯数

比重

0.8

純アルコール量(g)

お酒の種類

ウイスキー

飲み方

一杯の量(ml)

度数 or %

杯数

比重

0.8

純アルコール量(g)

お酒の種類

ワイン

飲み方

一杯の量(ml)

度数 or %

杯数

比重

0.8

純アルコール量(g)

お酒の種類

日本酒

飲み方

一杯の量(ml)

度数 or %

杯数

比重

0.8

純アルコール量(g)

お酒の種類

その他

飲み方

一杯の量(ml)

度数 or %

杯数

比重

0.8

純アルコール量(g)

計算したいお酒に数値を入力してください。

合計ボタンを押してください。

「一杯の量」「度数 or %」は飲み方によって標準的な値を初期表示しています。それぞれ値を修正すると純アルコール量は再計算されます。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。