お酒の代謝能力の違い

飲める量が違うのは、代謝の能力が違うから おじいちゃんと同じように、私もお酒が好きなんですよねぇ/アルコールの代謝には、遺伝も大きく関係しているのです

お酒の分解能力は遺伝する

お酒を飲んだときに発生する有害物質アセトアルデヒドは、体内の「ALDH(アルデヒド脱水素酵素)」によって分解されます。ALDHには、アルデヒドが低濃度のときに働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があります。
「ALDH2」の活性が弱いか欠けていると、アセトアルデヒドが貯まりやすく、「お酒に弱い体質」になります。この酵素の活性は遺伝子によって異なるので、私たちは両親からお酒に「強い」か「弱い」かを受け継ぐことになります。ただし、アルコールで全身の臓器に障害をきたすのは、むしろ「お酒に強いといわれる体質」の人なので注意が必要です。 また、ALDH2が完全に欠けている人は、いくら訓練してもお酒に強くなることはありません。

血液のデータを使って詳しく解説!

日本人はお酒に弱い人種

人種 ALDH2欠損率
日本人 44%
中国人 41%
韓国人 28%
フィリピン人 13%
タイ人 10%
インド人 5%
ハンガリー人 2%
ナバホー人
(アメリカ原住民)
2%
ドイツ人 0%
イスラエル人 0%
エジプト人 0%
ケニア人 0%
スウェーデン人 0%
フィンランド人 0%

お酒が苦手な日本人が多いことは、科学的にも証明されています。その原因は、アセトアルデヒドを分解する酵素である ALDH2の欠損です。
日本人の約44%は、ALDH2を持たないか、その働きが弱くアセトアルデヒドが貯まりやすいのです。この遺伝的性質は、日本人などのモンゴロイド特有のもので、アフリカ系やヨーロッパ系の人種には見られません。

出典:樋口進 編
『アルコール臨床研究のフロントライン』より

お酒の強さは性別・年齢・体格でも異なる

お酒に対する強さは、一人ひとり違います。
例えば、女性よりも男性の方が、年輩の人よりも若い人の方が、アルコール分解能力が高いとされます。また、体重の重い人と軽い人が同量のお酒を飲んだ場合、重い人の方が血中アルコール濃度が低くなるため、酔いにくいといえます。 やはりお酒は、周りの雰囲気に流されず、自分のペースで飲むことが何よりも大切です。

父さんのお酒に強い遺伝子と母さんのお酒に強い遺伝子、ふたつを受け継いでいるから、私もお酒がたくさん飲める方なんですね だからと言って臓器がアルコールの障害を受けにくいわけではありません無理はせずに、ちょうどよい酒量を心がけてくださいね

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。