• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

二日酔いとは

もう二日酔いの朝を迎えないために 気をつけているつもりでも、
ときどき二日酔いになってしまいます・・・ 誰もが後悔する二日酔い。ここではその周辺知識や対策を身につけましょう

二日酔いの主な症状と原因

二日酔いの原因はひとえに飲みすぎです。翌日の朝までアルコールが残ってしまうほど、肝臓の分解能力以上に飲んでしまうことが原因です。代表的な症状に頭痛がありますが、他にも、アルコールによって胃の粘膜が荒れるため、胃痛、胸焼け、吐き気などの症状をもよおす場合もあります。

悪酔いは、『チャンポン』のせいではない

一晩のうちにさまざまな種類のお酒を飲むことは、よく『お酒のチャンポン』などと呼ばれ、「悪酔いしやすい」ものといわれますが、これは正しくありません。
お酒の種類を変えると、味が変わって飲みやすくなったり、飲んだ量がわからなくなるので、気付かぬうちに酒量が増えてしまうことが原因。つまり、悪酔いは、単純に飲みすぎによるものです。

二日酔いを防ぐ方法

お酒を楽しく飲んで、さらに翌朝二日酔いで後悔しないためには、以下のような対策が有効です。

  • 空腹でお酒を飲まない
    空腹時の飲酒は、胃が荒れ、酔いも早く回ってしまいます。お酒を飲む前には、何か食べるようにしましょう。
  • 食べながら飲む
    お酒のペースを落とすためにも、食べながら飲むことが大切。おつまみには、枝豆や豆腐などがオススメ。どちらにも、アルコールの分解能力を高める成分が含まれています。フライ物や油の多いものは避けましょう。
  • 強いお酒は薄めて飲む
    ウイスキーや焼酎など、アルコール度数の高いお酒は、酔いが回りやすく、肝臓への負担も高まります。水などで薄めて、ゆっくりしたペースでお酒を楽しみましょう。
二日酔いで後悔しない対策

二日酔いも飲酒運転になる

二日酔いに過ぎないから車を運転しても問題ない、という考えはやめましょう。
呼気中のアルコール濃度が0.15mg/リットル以上なら、「酒気帯び運転」になりますし、二日酔いの状態では正常な運転は困難です。二日酔いでは絶対に運転はしないでください。

お父さんわかった?もう二日酔いで情けないところ見せないでね きちんとした知識さえあれば、二日酔いは誰でも防げるものです

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。