*Firefox 87.0をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

考えてみよう!飲酒運転の危険性

飲酒運転は絶対にしてはいけません。知っておいていただきたい3つのポイントをご紹介いたします。

  • POINT1

    飲酒あり交通事故件数の
    約5分の1は酒気帯び運転の
    基準値以下で発生

    警察庁の統計によると、飲酒あり交通事故の21%は、酒気帯び運転の基準値に満たない呼気中アルコール濃度で発生しています。
    お酒を飲んだらハンドルは握らないことが大切なのです。

    詳しくはこちら

    飲酒あり交通事故件数の約5分の1は酒気帯び運転の基準値以下で発生

    警察庁資料(平成30年)より

  • POINT2

    飲酒運転は関わった
    すべての人が罰せられる

    酒気帯び運転・酒酔い運転で
    罰せられるのは運転手だけではありません。

    詳しくはこちら

    飲酒運転は関わったすべての人が罰せられる

    全日本交通安全協会資料より

  • POINT3

    仲間と飲酒するときは、
    ハンドルキーパーを!

    どんな事情があっても、
    飲酒運転は絶対にやってはいけません。

    詳しくはこちら

    仲間と飲酒するときは、ハンドルキーパーを!

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。