*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

アルコール依存症の予防法

日頃から、きちんと予防すること。もし不安を感じたら、できるだけ早い対応を アルコール依存症にならないためには、何をすればいいのかしら?/まずは、予防がイチバン! 普段からの心がけが大切です。

当たり前の予防法を、当たり前に実行する

アルコール依存症を回避するために、まずは、日々の予防が大切です。以下の3つの予防法を参考に、お酒との付き合い方を振り返ってみましょう。

予防法1 - 正しい知識をもつ

アルコール依存症の恐ろしさや、なぜなってしまうのかについて、正しい知識を持つこと。

予防法2 - 適量の飲酒

深酒せずに、適量の飲酒を心がけること。

予防法3 - 休肝日をつくる

休肝日を週2日以上つくること(休肝日をつくれるかどうかが、アルコールへの依存度をはかるテストにもなります)。

「早期発見・早期対処」が最も大切。

他の病気と同じように、アルコール依存症も「早期発見・早期対処」がとても有効です。発症してしまうと、職場や家庭を巻き込んだ悲劇を引き起こすこともあるため、兆候を感じたら、すぐに対処しましょう。

お酒との付き合い方に不安がある方は、今すぐ対処してください! お酒との付き合い方に不安がある方は、今すぐ対処してください!

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。