環境意識を育む活動:環境文化講座 豊かな自然や文化を未来に引き継ぐために

第2回「木を育て森に生きる」

講師 山縣睦子(MoriMoriネットワーク代表)

昭和49年、夫である山縣家4代目有信氏の急逝のため、その遺志を継ぎ主婦から一転し栃木県矢板市にある400ヘクタールの「山縣農場」の林業経営に取り組むことになりました。山縣さんは森林から与えられるもの、森林に対してできることを模索しながら、女性ならではの視点で林業経営に携わり幅広く活躍しています。平成8年には森を舞台に山村と都会の暮らしを結び次世代の人々により良い環境を手渡していきたいと、MoriMoriネットワークを設立。21世紀の森づくり、木の文化がある新しい暮らしの創造についてお話しを伺います。

山縣 睦子

新潟市生まれ。三輪田家政女学院卒。1947年に明治の元勲山縣有朋のひ孫である有信氏と結婚。74年、有信氏急逝の後、山縣農場の経営に携わる。83年(社)日本林業経営者協会婦人部会会長(現職)に就任。元栃木県選挙管理委員会委員。元栃木県森林審議会委員。現在、(財)森とむらの会理事、 MoriMoriネットワーク代表、(財)山縣有朋記念館理事長、栃木産業(株)代表取締役を務める。現在、矢板市在住。著書「木を育て森に生きる」(草思社)

ご来場者の声

  • 実際に森林を育てあげる活きた話が感動的でした。有難うございます。
  • 森林について学ぶことが多かった。

環境文化講座トップ

PAGE TOP

ページの先頭へ戻る
公式SNS一覧
メルマガ登録

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。