*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

長崎県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 九州・沖縄

四季を極める

四季により、様々に異なる表情を見せる雲仙。どの季節に訪れても、その美しさに心癒されます。

【春】雲仙の春を彩るミヤマキリシマ

木々が黄緑色の衣に着替えると、山はピンクのミヤマキリシマで見事に染め尽くされていき、雲仙は彩り豊かな季節を迎えます。「ウンゼンツツジ」とも云われるミヤマキリシマは、雲仙地獄周辺では4月下旬頃から咲き初め、仁田峠では、5月中旬から下旬頃が見頃となります。

【夏】明治時代からの避暑地・雲仙

蝉時雨が聞こえはじめたら、緑の息吹があたり一帯を包み込み、涼やかな風が吹きます。雲仙は標高700m程の高地のため気温が低く、明治時代から避暑地・保養地として知られてきました。8月の平均気温は21.7度程で、北海道の札幌と同じ涼しさです。

【秋】“紅葉の海” 秋の普賢岳・妙見岳

燃えるような鮮やかな紅葉が山々を染め尽くし、全てが清らかに澄みわたります。木々の実も彩りを添えて、一年のクライマックスを迎えます。 10月下旬に山頂からはじまる紅葉は、徐々に全山を染め上げていき、11月初旬まで見ることができます。

【冬】大自然が創り出す、冬の芸術「花ぼうろ」

地元で「花ぼうろ」と呼ばれる霧氷は、 気温が氷点下の日に、雲や霧などの空気中の水分が氷の結晶となり、木の枝に吹き付けられてできるもの。12月から3月初旬にかけて、気象条件が整って初めて見ることができる貴重な自然現象です。冬枯れの山肌が、白く神秘的な美しさに包まれます。

くわしくは下記サイトをご覧ください
雲仙市役所 雲仙の四季

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。