• はい
  • いいえ

九州・沖縄 

長崎県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 九州・沖縄

食を極める

肥沃な土地と穏やかな海に囲まれた、大村ならではの山海の幸。さらに、歴史の香りを今に伝えるカレーにも注目です!

伝統ある地には、味にも歴史の面影が

大村あま辛黒カレー

大村あま辛黒カレー

1582年(天正10年)織田信長が日本を統治していた時代に、日本で始めて「天正遣欧少年使節」という4人の子ども達が大村よりローマへ旅立ち、インドを経て日本へ帰還した際、大村にカレーのスパイスを初めて持ち込みました。
また、中心市街地を長崎街道(シュガーロード)が通り、昔から砂糖を使った甘いお菓子や料理も大村の特徴のひとつ。
そして「長崎街道=シュガー(砂糖)ロード→甘い」と「天正遣欧四少年使節=スパイス→辛い」をキーワードとして開発されたのが『大村あま辛黒カレー』です。
四季折々の地産の野菜やフルーツを使用し、フルーティーな甘さとスパイシーな辛さが絶妙な味をかもし出します。

大村あま辛カレーうまか隊! カレーマップへ

大村寿司

大村寿司

酢飯の間に具材を挟み、錦糸卵を乗せた「大村寿司」。500年ほど前、戦の勝利を祝う際に、木箱にご飯を広げ、その上に魚の切り身や野菜を乗せて押さえたものを出したのがはじまりとされています。昔ながらの製法が今も受け継がれています。

ゆでピーナッツ

ゆでピーナッツ

大村の赤土畑で獲れた新鮮な落花生を、殻付きのまま大きな平釜に入れ、約2時間半、塩茹でします。ほどよい塩加減でホックリと柔らかく、クセになると評判です。おやつやビール・お酒のおつまみに最適!

黒田五寸人参

黒田五寸人参

扇状地の大村市は、良質な栄養分を含んだ黒土が特色。その栄養たっぷりの土で 育った「黒田五寸人参」はとっても甘くてフルーティー。カロチン含有量が非常に高く、ニンジン臭が無いので、食べやすさも抜群。生食やジュース等にも最適です。


にごみ

にごみ

大村藩の郷土料理として古くから伝わり、祝事、法事など、人の集まる時の料理として、今も多くの人々に食されています。山海の幸とともに、生の落花生を入れて煮込むのが特徴で、独特の風味が味を引き立てます。

ナマコ

ナマコ

大村市は、波が静かな大村湾に面し、海の幸も豊富です。冬の風物詩・なまこは、柔らかな肉質の最高級品。お酒が進むナマコ酢などでいただきます。

イイダコ

イイダコ

獲れたての新鮮なものをさっとゆでて食べるのが美味!冬場になると、米粒に似た卵がぎっしりと詰まった、メスが旬を迎えます。歯ごたえのある身と、濃厚な卵の旨みが格別です。


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。