*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

四国

地域・お店・工場見学トップへ

  • 四国
うまい!を明日へ!プロジェクト 「四国の水・森に感謝」TOP
四国の水・森に、感謝。
アサヒビールは四国の森づくり事業・水質保全活動を応援します。
対象商品1本につき1円を四国各県の水・森の環境保全のための活動に寄付させていただきます。
2010年 ボランティア活動報告
  • 2014年度活動報告
  • 2013年度活動報告
  • 2012年度活動報告
  • 2011年度活動報告
  • 2010年度活動報告
  • 2009年度活動報告
  • 2008年度活動報告
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 徳島県
香川県
2010年 第4回ボランティア実施報告
平成22年11月13日(土)にスーパードライ1本につき1円を四国各県の環境保全のお役立ていただく、「四国の水・森に、感謝。」プロジェクトの一環として、「フォレストマッチング 協働の森づくり」協定を結んだ「香川・アサヒビールの森」(高松市塩江町)において、県市職員、塩江町森林組合、オリーブガイナーズ選手の方のご協力も頂き、アサヒグループ社員とその家族、総勢約50名で第5回森つくり活動を行いました。
当日は晴天の中、過去2度伐採を実施した竹林より太い幹の多かった竹林の竹一本一本を「倒れまーーす!!」の掛け声と共に伐採していきました。
2008年から今年にかけて竹の伐採、コナラの植樹を実施した0.4haに加え、今回竹の伐採をした場所0.2haに、来春コナラの植樹を実施いたします。竹がはびこり悪影響を与えていた森に、将来的には、広葉樹が広がり、広葉樹の根がはることで、山の保水力の増加に期待できます。香川県自然保護の必要性を考え皆一生懸命取り組みました。
香川県のプロ野球球団オリーブガイナーズの選手も加わり、
一本一本丁寧に切り倒していきました。
急斜面の竹も一本一本丁寧に切り倒していきました。
竹を切っては、運び、切っては運び繰り返します。最後、竹もきれいに倒れ、すっかり見通しも良くなりました。
来春にはこの場所に広葉樹の植樹を実施し、森の保全につながります。
2010年 第3回ボランティア実施報告
平成22年7月5日(月)に香川県の「四国の水・森に、感謝。」の活動の一環として、香川県観音寺市「大野原小学校」での「芝植え」に参加いたしました。香川県では、寄付金の一部を、県とアサヒビール高松支社が協議し、小学校の緑が豊かになることで、緑化による環境保全と共に、未来を担う子ども達の生活にも貢献できるという主旨に賛同し、香川県内の小学校の校庭の芝生化にお役立ていただいております。平成22年度寄付先として、先般芝生植えを実施した実施した、「屋島西小学校」とあわせて、2校となります。
今回は、大野原小学校の生徒・保護者および自治会他関係者合わせて約600名で芝生の植え付けを行いました。
観音寺市長も応援にかけつけてくれました。 先生がレクチャーを受けて、生徒に指導します。 規律正しく、横一列にならんで、一斉スタート!!
ひとつひとつ丁寧に、心をこめて。 低学年用のちびっ子広場も気持ち良く遊べる様自分たちで植えました! 先に植えた宇多津小学校のように一面芝生の校庭になりますように。
2010年 第2回ボランティア実施報告
平成22年6月12日(土)に香川県の「四国の水・森に、感謝。」の活動の一環として、高松市「屋島西小学校」での「芝植え式」に参加いたしました。香川県では、寄付金の一部を、県とアサヒビール高松支社が協議し、小学校の緑が豊かになることで、緑化による環境保全と共に、未来を担う子ども達の生活にも貢献できるという主旨に賛同し、香川県内の小学校の校庭の芝生化にお役立ていただいております。
今回は、屋島西小学校の生徒・保護者および自治会他関係者合わせて約1,200名で芝生の植え付けを行いました。
芝植え式後、1,200人で一斉スタート! ひとつひとつ丁寧に。 炎天下、かなり体力消耗。あともうひとがんばりだ!
約3時間で校庭いっぱいに芝を植えつけることができました。 約10日後、着実に根付いているようです!今後の芝生の成長が楽しみです! 先に植えた宇多津小学校のように一面芝生の校庭になりますように。
2010年 第1回ボランティア実施報告
平成22年3月13日(土)に香川県の第4回「四国の水・森に感謝」社員ボランティアとして、「フォレストマッチング 協働の森づくり」協定を結んだ「香川・アサヒビールの森」(高松市塩江町)において、県市職員、塩江温泉観光協会、NPOしおのえの地元ボランティアの方のご協力も頂き、アサヒグループ社員とその家族、総勢約70名で第4回森つくり活動を行いました。
当日は雨模様の中、参加者は、昨秋、竹の伐採を実施した場所約0.2haに、広葉樹=コナラの植林を実施いたしました。鍬を使い穴を掘り、長さ約30cmほどの苗木を丁寧に植えていきました。昨年の3月に引き続き2度目の植樹作業となるため、参加者もこつを心得ているつもりで臨みましたが、急斜面での作業や、地面の竹の根や石が妨げとなる中で穴を掘るのに、大変苦労いたしました。
広葉樹の根がはることで、山の保水力の増加に期待でき、土砂崩壊の危険を低下させる効果があると聞き、香川県自然保護の必要性を考え、皆一生懸命取り組みました。
植樹後の根付きがポイント。県職員・大久保様の説明を真剣に聞きます。 5班に別れて作業。鍬で穴を掘り、一人約8本の苗木を植えました。 急斜面にも丁寧に、1本1本植林していきました。
 
目印のリボンを結んで、成長を楽しみに待ちます。 親子で植樹。穴を深く掘ったら、親子の絆も深くなりました。  

▲ページTOPへ
愛媛県
2010年 第2回ボランティア実施報告
平成22年11月13日(土)に愛媛県の「四国の水・森に、感謝。」の活動の一環として、「企業の森林づくり活動協定」を結んだ「アサヒビール生命の森」(西条市黒瀬の円山森林公園)において、西条市「森林と緑の推進協議会」様にご協力をいただき、本年2回目の環境保全活動を実施しました。今回は、下草刈り、林内整備に加えて、家族でお弁当が食べられるようにテーブルやベンチ作りも実施しました。
当日は暖かく、良いお天気でした。
今日の作業の説明です。
一年ぶりなので、下草も伸び放題。
鎌を持つ手にも力が入ります。
今回の作業のメインであるテーブル作りの説明です。うまくできるかな?
日曜大工は御手の物。だけどなかなか難しいぞ! ばっちり出来上がり!!座り心地も最高です。 今回も無事に終了です。お疲れ様でした。
2010年 第1回ボランティア実施報告
平成22年6月5日(土)に愛媛県の「四国の水・森に、感謝。」の活動の一環として、「企業の森林づくり活動協定」を結んだ「アサヒビール生命の森」(西条市黒瀬 黒瀬湖ダム2号公園)において、愛媛県、西条市、いしづち森林組合様のご協力も頂き、「環境体験学習会」と「環境保全活動」を実施しました。今回は、「環境体験学習会」として地元の橘小学校の生徒・保護者合わせて約40名の方に「森林の現状」に関する講義や林業機械の試乗体験、丸太引き体験に参加してもらいました。
午後からはアサヒグループの社員も参加しウッドチップによる歩道整備や下草がり等の環境保全活動に取り組みました。
「おはようございます!」支社長の挨拶でスタート! 森林の現状や役割について学びました。 林業機械に乗って大興奮!当日のニ ュースでも放送されました。
太い丸太をギコギコ。結構、大変だなー。 「ウッドチップ」を撒いて、歩道を作りました。柔らかくて歩き心地最高です。皆さん、公園に来てね!!
橘小学校の皆さん、お疲れ様でした。また、会いましょう! アサヒビールの皆もご苦労様でした。冷えたスーパードライで乾杯!!

▲ページTOPへ
高知県
2010年 第2回ボランティア実施報告
平成22年11月13日(土)に高知県の「四国の水・森に感謝」社員ボランティア活動として、「仁淀川の緑と清流を再生する会」の皆様と一緒に、昨年植樹しました二酸化炭素の吸収率が高いヒマラヤ桜の育樹を目的とした下草刈りと、一部枯れてしまったヒマラヤ桜の植え替えを実施いたしました。
本年のアサヒビール高知支社のボランティア活動は、5月22日(土)に実施しました仁淀川流域の清掃活動に引き続き、2度目の参加となります。当日は、紅葉シーズンに突入したばかりの安居渓谷を楽しみながら、高知支社の社員とその家族、友好企業の皆様総勢30名で活動を行いました。
全員集合。さあ、がんばるぞ!   支社長の挨拶後、注意事項の確認。 さっそく、昨年植樹した桜の確認。葛が絡まっています。
 
植え替えたぞ。元気に育ってね!   下草刈りも大事な仕事! だれの葛が一番長い?
   
紅葉がきれいでした。   恒例の集合写真。   本当に透明で、きれいな仁淀川。
ずっとこのままで!
2010年 第1回ボランティア実施報告
平成22年5月22日(土)に高知県の「四国の水・森に感謝」社員ボランティア活動として、仁淀川の緑と清流を再生する会の皆様と一緒に、仁淀川流域の清掃活動を実施しました。アサヒビール高知支社としては、今回で3回目の参加となります、年々とゴミも少なくなってきていますが、今回は鉄材等もあった為、総量としては、推定で3トンほど回収しました。
加藤支社長・再生する会の奥田会長のご挨拶の後、スタート。 それぞれゴミ袋を持ち、さあ集めるぞ! 落ちているかな!ゴミゲット?
さあ拾うぞ!! 親子で参加 重い?重くない?
 
小・中学生対象の水中生物調査
何がいるかな?
記念撮影 お疲れ様でした

▲ページTOPへ
徳島県
2010年 第2回ボランティア実施報告
平成22年11月27日(土)に、ス−パ−ドライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト「四国の水・森に、感謝。」の徳島県の社員ボランティア活動として、アサヒグループ社員18名が、徳島県が推進する「とくしま協働の森づくり事業」の植樹・林内整備作業に参加いたしました。
当日は、徳島県及び(社)とくしま森とみどりの会、神山・神山東中学や城西高校を含めた神山町の皆様と一緒に神山町神領地区において、約0.5haの敷地にブナ、ケヤキ等を各500本植樹しました。
城西高校8、神山中25、神山東中19、他神山町の皆様を含め参加者は132名でした。 「アサヒビール神山の森」の看板設置当社はAB8、飲料3、ACB1、ADM4、AFM2、計18名参加。
原支社長の挨拶:四国の水森感謝CPがとくしま協働の森づくりに活用への感謝。   神山町町長も植栽に参加され、ともに植栽実施。   10班に分かれて地元の神山林業振興会の皆様の指導により作業開始。
 
植栽地全景:鹿の害の多い地区なので1本づつガードしたヘキサチューブが圧巻。
今回の対象地区は四国で過去に報告例のない雨氷被害にあった森の再生でした。
 
2010年 第1回ボランティア実施報告
平成22年4月24日(土)に、ス−パ−ドライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト「四国の水・森に、感謝。」の徳島県の社員ボランティア活動として、アサヒグループ社員14名が、徳島県が推進する「とくしま協働の森づくり事業」の植樹・林内整備作業に参加いたしました。
当日は、(社)とくしま森とみどりの会、那賀町の皆様、徳島県立科学技術高校の生徒の皆様と一緒に、那賀郡那賀町小畠地区において、約0.94haの敷地にスギ、ケヤキを各700本植樹しました。
アサヒグループ各社から14名が応援参加しました。 まずは腹ごしらえです。 班に分かれて担当区域へ移動します。
鹿避けの防護ネットに囲まれています。 足場の悪いところでの作業は大変でした。 スギ、ケヤキ各700本を植えていきました。
     
高校生による手作りの標識です。 徳島科学技術高校の皆様と記念撮影をパチリ。  

▲ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。