*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

四国

地域・お店・工場見学トップへ

  • 四国
うまい!を明日へ!プロジェクト 「四国の水・森に感謝」TOP
四国の水・森に、感謝。
アサヒビールは四国の森づくり事業・水質保全活動を応援します。
対象商品1本につき1円を四国各県の水・森の環境保全のための活動に寄付させていただきます。
2009年 ボランティア活動報告
  • 2014年度活動報告
  • 2013年度活動報告
  • 2012年度活動報告
  • 2011年度活動報告
  • 2010年度活動報告
  • 2009年度活動報告
  • 2008年度活動報告
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 高知県
徳島県
平成21年11月21日(土)に徳島県の「四国の水・森に、感謝。」社員ボランティア活動を「とくしま協働の森づくり事業」の一環として県職員、つるぎ町職員、(社)とくしま森とみどりの会、徳島インディゴソックスの皆様と一緒に、美馬郡つるぎ町半田「於安パーク」において実施しました。当日は間伐をはじめとした体験作業や「ミニ盆栽づくり」により地元住民と交流を深めました。また、つるぎ町への木製ベンチの寄贈や「アサヒビールつるぎの森」の看板設置もあわせて実施しました。
アサヒビール澤田本部長の説示。 アサヒビール徳島支社長・原より木製ベンチ2基をつるぎ町へ贈呈。 徳島県産製のヒノキで作ったベンチです!
「アサヒビールつるぎの森」の看板設置後、前で記念撮影。 3班に分かれて間伐体験実施。 参加者:アサヒビール四国統括本部3名・徳島支社5名・広域支社3名、西日本アサヒ生ビールサービス社(現在、アサヒドラフトマーケティング(株))4名、アサヒフィールドマーケティング社5名、アサヒ飲料社4名、四国アイランドリーグ インディゴソックス 2名。
女性陣も積極的に参加して頂きました。 丸太挽き作業体験。 間伐材を利用した鍋敷き作り。
チェーンソー体験の実施。 倒木作業は危険なので注意が必要です。
穴吹みどりの会の指導でミニ盆栽づくりに挑戦。 小さなお子様も楽しく作ることが出来ました。
「とくしま協働の森づくり」活動で記念撮影
 

▲ページTOPへ
愛媛県
2009年 第2回ボランティア実施報告
平成21年11月21日(土)に愛媛県の「四国の水・森に、感謝。」社員ボランティア活動として、愛媛県西条市の「円山森林公園」内にある「アサヒビール生命の森」において環境保全活動を実施しました。今回、アサヒビールの各メンバーと西条市役所、愛媛県東予局の方々に加え、愛媛マンダリンパイレーツから山下、瀧田両選手、球団職員の鈴木様にもご参加いただき、およそ40名で活動に取り組みました。当日は、雨も心配されましたがまずまずの天候で、公園のベンチ作り、下草刈り、歩道の整備等に汗を流しました。
10:00に全員集合です。
「皆さん、おはようございます!」
アサヒビール松山支社柏原支社長より、開会の挨拶です。 山下、瀧田両選手も大活躍。来年のドラフト会議にも期待しています。
今回の目玉の木製ベンチ作り。重かったけれど上手に出来ました。 前回、途中だった歩道も無事、完成です。 みんな無事に終了しました。お疲れ様でした。
2009年 第1回ボランティア実施報告
平成21年8月1日(土)に愛媛県の「四国の水・森に、感謝。」社員ボランティアとして、「企業の森林づくり活動協定」を結んだ「アサヒビール生命の森」(西条市黒瀬 円山森林公園)において、愛媛県、西条市のご協力も頂き、アサヒグループ社員とその家族、総勢約40名で、昨年秋に続いて、第2回森つくり活動を行いました。今回は、この活動にご賛同いただいた(株)フジ様、(株)四国リョーショク様の社員の方にもご参加いただきました。
昨年秋に植樹した桜の成育を促すため、森一体の下草刈りを実施。あわせて、森に足を運びやすくするよう手づくりの階段作りを実施しました。天候も悪天候から猛暑に変化するなど、苦労も多かったですが、この森を市民の憩いの場所とすべく、一同、雨にぬれながら、汗をかきながらの活動となりました。今後も引き続き森の整備に協力していく予定です。
桜の苗につるが巻きつき、周辺も雑草が生い茂っていました。 草刈りをすることで、桜の苗木の生育の阻害要因を取り除きます。 (株)フジ様の役員、社員の方もご参加いただきました。
森に入りやすくするよう手作りの階段を作成しました。 山の中腹まで10数段の階段が出来上がりました。 山土砂崩れ防止用の手作りの木の壁も作成しました。
   
悪天候→炎天下の中、本日の作業は完了しました。      

▲ページTOPへ
香川県
2009年 第2回ボランティア実施報告
平成21年11月14日(土)にスーパードライ1本につき1円を四国各県の環境保全にお役立ていただく、「四国の水・森に、感謝。」プロジェクトの一環として、「フォレストマッチング 協働の森づくり」協定を結んだ「香川・アサヒビールの森」(高松市塩江町)において、県市職員、塩江町森林組合の方のご協力も頂き、アサヒグループ社員とその家族、総勢約70名で第3回森つくり活動を行いました。当日は雨あがりで、足元もゆるい中、参加者は、生い茂った竹の伐採を行いました。昨年から今年にかけて竹の伐採、コナラの植樹を実施した0.2haに加え、今回竹の伐採をした場所0.2haに、来春コナラの植樹を実施いたします。竹がはびこり悪影響を与えていた森に、将来的には、広葉樹が広がり、広葉樹の根がはることで、山の保水力の増加に期待できます。香川県自然保護の必要性を考え、皆、一生懸命取り組みました。
ヘルメットを着用し、いざ開始!! 最初は人間も隠れるほど、竹、笹がうっそうと茂っていました。 竹を切っては、運び、切っては、運びを繰り返します。
テレビ取材の前では、気合も入ります。 四国アイランドリーグ:オリーブガイナーズの選手にもお手伝いいただきました。さすがにアスリートだけあって、大活躍でした。 最後は、竹もきれいに倒れ、すっかり見通しも良くなりました。来春にはこの場所に広葉樹の植樹を実施し、森の保全につなげます。
2009年 第1回ボランティア実施報告
平成21年3月28日(土)に香川県の第2回「四国の水・森に感謝」社員ボランティアとして、「フォレストマッチング 協働の森づくり」協定を結んだ「香川・アサヒビールの森」(高松市塩江町)において、県市職員、塩江温泉観光協会、NPOしおのえの地元ボランティアの方のご協力も頂き、アサヒグループ社員とその家族、総勢約70名で第2回森つくり活動を行いました。
当日は爽やかな青空が広がり、森づくり活動に最適の天候のなか、参加者は、昨秋、竹の伐採を実施した場所に、広葉樹(コナラ)の植林を実施いたしました。竹の根や石などが妨げとなる中、鍬を使って穴を掘り、長さ約30cmほどの苗木を丁寧に植えていきました。広葉樹の根がはることで、山の保水力増加が期待でき、土砂崩壊の危険を低下させる効果があると聞き、香川県の自然保護の必要性を考え皆一生懸命取り組みました。
県職員・大久保様の説明をお聞きして、いざ開始!! 5班に別れて、各班苗木を植える穴を掘りました。 斜面にも丁寧に、1本1本植林していきました。
苗木の根を崩さないよう丁寧に植えた後、大きく育てと思いをこめて踏み固めました。 当日はテレビ、ラジオの取材もあり、本山支社長から視聴者にアサヒビールの取り組みをアピールできました。

▲ページTOPへ
高知県
2009年 第2回ボランティア実施報告
平成21年11月1日(日)に高知県の「四国の水・森に、感謝。」社員ボランティア活動として、仁淀川の緑と清流を再生する会の皆様と一緒に、仁淀川流域において二酸化炭素の吸収率が高い、冬に咲くヒマラヤ桜(第3弾寄付金の一部を活用)の植樹を実施いたしました。アサヒビール高知支社としては、本年5月に実施しました仁淀川流域の清掃活動に引き続き2度目のボランティア参加となります。当日は、天候も小雨ながら60本のヒマラヤ桜の植樹を行いました。
澤田本部長のご説示。 奥田会長ご挨拶の後、作業内容説明。 さあやるぞ!
植林場所は2ヶ所に分かれて実施。こちらは、若者コース。 親子で参加。 「今日は、桜を植えるのではなく、思い出を植えに来た。」
若者コースの地面は小石が多く掘る作業に苦戦。 ヒマラヤ桜の苗木を植樹。 植樹した後は、倒れないように鳥居型に添え木。
RKC高知放送の取材を受ける加藤支社長。 昼食会場。ヒマラヤ桜の木でスモークした豚肉・イカ・鮭が絶品。(写真:手前で調理中) 地元の珍味を肴に、スーパードライで乾杯!
高知の「うまい!」の森の看板前で記念撮影
2009年 第1回ボランティア実施報告
平成21年5月23日に高知県の「四国の水・森に、感謝。」社員ボランティア活動として、仁淀川の緑と清流を再生する会の皆様と一緒に、仁淀川流域の清掃ボランティア活動を実施いたしました。アサヒビール高知支社としては、昨年に引き続き2度目の参加となります。当日は、天候にも恵まれ、仁淀川町の方たちを含め総勢約230名で清掃活動を行いました。
再生する会の奥田会長、加藤支社長のご挨拶の後、いざ開始。 川の上流方面に向けて、ゴミ拾い。ゴミよ、出て来い!! 大きなゴミも取れました。分別しながら回収です。
 
川の中まで入って、がんばりました。ほんとうにきれいな水に感動しました。 ゴミを集めて終わりです。今年は去年より少なめでした。お疲れ様でした。  

▲ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。