*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

四国

地域・お店・工場見学トップへ

  • 四国
うまい!を明日へ!プロジェクト 「四国の水・森に感謝」TOP
四国の水・森に、感謝。
アサヒビールは四国の森づくり事業・水質保全活動を応援します。
対象商品1本につき1円を四国各県の水・森の環境保全のための活動に寄付させていただきます。
2008年 ボランティア活動報告
  • 2014年度活動報告
  • 2013年度活動報告
  • 2012年度活動報告
  • 2011年度活動報告
  • 2010年度活動報告
  • 2009年度活動報告
  • 2008年度活動報告
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 徳島県
  • 高知県
香川県
平成20年10月18日(土)に香川県の「四国の水・森に感謝」社員ボランティアとして、「フォレストマッチング 協働の森づくり」協定を結んだ「香川・アサヒビールの森」(高松市塩江町)において、県市職員、塩江温泉観光協会、NPOしおのえの地元ボランティアの方のご協力も頂き、アサヒグループ社員とその家族、総勢約70名で第1回森づくり活動を行いました。
当日は秋晴れの爽やかな青空が広がり、森づくり活動に最適の天候のなか、参加者は、来春予定されている広葉樹の植林に向けて、慣れないノコギリを使い、広がった竹林を力を合わせて伐採しました。うっそうとした竹林がみるみるうちに切り倒され、視界が広がりました。
竹林が広がるとその他の樹木を枯らしたり、竹は根が浅いため、保水力の低下や土砂崩壊のおそれがあるなど、竹林整備の必要性を考える良い機会となりました。
県職員・大久保様の説明を聞いていざ開始!! 伐採前のうっそうとした竹林です。 1本1本竹を丁寧に伐採していきました。
太い竹から細い竹まで、率先して伐採していく古田土本部長。 子供たちも元気にお手伝い。 徐々に視界が開けてきました。
急勾配箇所でも奮闘し、竹がどんどん減ってきました。 作業終了後は、竹もきれいになくなり、すっかり視界も開けました。春にはこの土地に広葉樹を植えます。

▲ページTOPへ
愛媛県
平成20年11月29日(土)に愛媛県の「四国の水・森に感謝」社員ボランティアとして、「企業の森林づくり活動協定」を結んだ「アサヒビール生命の森」(西条市黒瀬 円山森林公園)において、愛媛県、西条市、西条ロータリークラブの地元ボランティアの方のご協力も頂き、アサヒグループ社員とその家族、総勢約100名で第1回森づくり活動を行いました。
従来放置林となっていた一体を数年後にはサクラの名所とすべく、ヤマザクラ100本、シダレサクラ、オオヤマザクラ、ソメイヨシノ各50本、計250本のサクラを植林。早いものは来年にも花を咲かせるものと期待されます。
今後は下草刈りや、市民の憩いの場所とすべく、ベンチの作成などの整備にも協力していく予定です。
本日植える5種類の桜の苗木です。 市の職員の方に植栽のやり方を教わり、いざ開始です。 斜面に1本1本竹を丁寧に植栽していきました。
根を埋める穴を掘り、苗木を杭に丁寧にくくりつけます。   一面に250本の桜の植栽ができました。
入り口にアサヒビール生命の森の看板も設置いたしました。   最後は、植栽の完了した、「アサヒビール生命の森」をバックに記念撮影。今後は森の管理、植栽面積の拡大と続いていきます。

▲ページTOPへ
徳島県
平成20年11月16日(日)徳島県の「四国の水・森に感謝」社員ボランティア活動として徳島県那賀郡那賀町において、県職員、社団法人とくしま森とみどりの会、NPO法人徳島県森の案内人ネットワーク、地元ボランティアの方々にご協力いただき「県民参加の森づくり活動」の一環である杉の間伐作業のお手伝いをさせていただきました。
アサヒビール社員とその家族を含めた総勢60名の参加でした。
作業は4班に分かれて、実際に山に入っての間伐作業を行った他、間伐材をチェーンソーで切断する体験、又間伐材を使っての木工作業を行いましたが、普段中々体験出来ない事ばかりだったので、皆戸惑いながらも楽しい1日を過ごしました。
活動中、ボランティアの方々の色々なお話を聞き、間伐作業をはじめとした、森づくり活動の重要性を改めて考えさせられました。
全員集合!開始と同時に雨が止みました。 原支社長よりご挨拶。 かなりの急勾配での作業でした。
一見細いんですが、中々切れません。 決めた方向へ木を倒します。 ガンバレ!お兄ちゃん!もう少しだよ。
大釜で炊いたご飯とあつあつの豚汁。 みんなでランチタイム。 本部長も豪快に間伐材をカット!
間伐材を使って鍋敷きを作成中 こどもたちはどんぐりで人形作り。 全員で。 お疲れ様でした。

▲ページTOPへ
高知県
平成20年5月17日に高知県の「四国の水・森に感謝」社員ボランティア活動として、仁淀川の緑と清流を再生する会の皆様と一緒に、仁淀川流域の清掃ボランティア活動を実施いたしました。当日は、天候にも恵まれ、仁淀川町の方たちを含め総勢約150名で清掃活動を行いました。
仁淀川の緑と清流を再生する会 奥田英雄会長のご挨拶 テレビの取材も入りました! 仁淀川町の方とアサヒビール社員。いざ清掃活動開始です! 地元の中学生の方も参加されました!
アサヒビール社員も頑張っています!本当にきれいな清流でした。 比較的ごみは少なく、きれいな川でしたが最後はこんなにごみがでました。 終わった後はビールで乾杯!

▲ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。