• はい
  • いいえ

 

四国

地域・お店・工場見学トップへ

  • 四国
TOP三津浜焼きの魅力食べ巡りmap三津浜周辺の魅力と観光名店一覧
人情港町の路地裏 三津浜焼きの魅力

人情港町のソウルフード1 三津浜焼きの特長

5つのポイント 万葉の時代から港町として栄えてきた三津浜。その歴史の中で根付いてきた文化や暮らしがあります。その一つが「浜焼き」と呼ばれるお好み焼き。ひと味違うその味の秘密とは? それは意外と庶民的な素材が鍵なのです。

POINT1.ちくわ

港町ということもあり、魚介類は豊富。その魚介類を使った練り物は地元民には馴染み深い食材のひとつですが、「浜焼き」にも輪切りやみじん切りにしたちくわを使用します。使用するちくわはピンク色の蒸しただけで焼いていないタイプが主流ですが、焼き上げることにより程よい弾力とダシが出て深みのある味わいになるので、どこのお店でも必ず入れています。

POINT1画像

POINT2.牛の背脂

台を焼き、野菜をたっぷりとのせたら、その上から牛脂をのせるスタイルが多いです。三津浜焼きは両面をしっかりと焼くため、牛脂は溶けていく段階で甘みとコクを出してくれます。庶民の食べ物ゆえ高価な牛肉が使えなかった際の苦肉の策だったようですが、今ではそれがスタンダードとして定着しています。現在では美味しさを追求して黒毛和牛の牛脂を使うお店まであるのです。

POINT2画像

POINT3.天かす

三津浜焼きの始まりである「一銭洋食」は、小麦粉で溶いただけの生地にネギを乗せて焼いたただけの簡素なものでしたが、それが食文化の広がりと共に改良されていくうちにいろいろな素材が追加されていきました。けれども「安くて美味い」を守るためには豪華な食材を取り入れることはできなかったため、天かすが用いられたと考えられています。

POINT3画像

POINT4.形は半月型

「一銭洋食」時代にボリュームを出すために二つ折りにしたという説があります。また容器に入れて持ち帰ることも多かったため、必然的に焼き上がった段階で半分に折るのが普通になったよう。もちろんきちんと内側にもソースが塗られているため、最後まで美味しく食べられるのもポイントです。店で鉄板の上で食べる際は丸いまま出す店もありますが、持ち帰る場合は必ず二つ折りの半月型になっています。

POINT4画像

POINT5.うどんやソバが入っており、台付(だいつき)と呼ばれている

クレープ状に焼いた生地を伸ばしたものにうどんやそばを入れたものを「台付き」と呼びます。各店この台に使う小麦粉を数種類ブレンドしたり、小麦粉を溶くダシなどにこだわって配合をしており、それが味と食感の決め手になります。またうどんやそばにもあらかじめソースや胡椒で味付けをしてから台と合わせるのも「広島風お好み焼き」とは異なる点です。

POINT5画像
うどんが入っているものは、弾力のある食感がクセになる。特に女性に人気があるのだとか。ソバはソースがしっかりと絡むので、ビールのおやつとしてもぴったり。

その歴史 現在でも 店舗ほどある三津浜焼きの店。その歴史は戦前の「一銭洋食」にまで遡るとされる説もあるほど、地元に根付いた庶民の味だったのです。

歴史は戦前の「一銭洋食」にまで遡る。

 その歴史は60年以上も昔。「一銭洋食」とは水に溶いた小麦粉を鉄板で焼き、ネギなどをのせて焼いたもの。当時はソースさえかければなんでも洋食としてみなされ、手軽に味わえる庶民の味として親しまれていたようです。それ以前に関してはいろんな通に尋ねてもわからないそうで、定かではありません。

そばやうどんを入れるようになったのは30年ほど前。

 もともとは駄菓子屋さんの一角や軒先で「おやつ」として庶民に親しまれていました。今から30〜40年前にうどんやそばに醤油ダレで味をつけ、それを入れて食べるスタイルが確立していったそうです。三津浜には美味しい醤油があったので、素朴ながらもオツな味だったに違いありません。当時はひとつ10円から15円という庶民でも気軽に買える手頃な値段でした。

美味いのが当たり前。次に重視されるのは安いこと。

 漁師町だからこそ、舌の肥えた人が多い三津浜地区。美味いのはまず大前提としてあり、次に重視されるのは安いこと。その条件に合う「三津浜焼き」は自然と生き残ってきた、地元の人々にとっては“当たり前”のモノ。だからこそ、昔ながらの歴史ある店も多く、細い路地の奥や民家の軒先にお店が残っていたり町全体に散らばっているのです。地元の人々にはいくつかの行きつけが必ずあり、来店前に「焼いといて〜」と馴染みの店に電話をかけておき、焼き上がる頃に店に出向いて持ち帰る人が多いのです。

ページトップへ

人情港町のソウルフード ハマってください三津浜

Key person profile NPO法人 なもし開縁隊 門屋哲朗さん

商業施設士を職業とする傍ら、その経験と知識を活かし三津の町づくりに 関わっている	人。祖父の出身地でもある三津浜とは、幼い頃から接してきたこともあり、町の魅力を分析検討した上で三津浜焼きに着目。3年ほど前からコツコツと個店に声をかけつつ、どういう風に発信していくのが最善かを検討。イベントを開催したり、「三津浜夢港計画実行委員会」とタッグを組み、三津浜焼きの冊子を制作したりと積極的に活動を続けています。

三津浜ハマってポイント1 身内感覚のおもてなしに、ジーンと心温まる。

地元民も普通に通う三津浜焼きのお店では、かしこまった挨拶など必要ナシ!
「いただきます」と豪快にかぶりつき、「ごちそうさま」とヘラを置けばもうほとんど身内同然。いろんなことを尋ねてみて。時には隣り合わせになった地元民がいろんなことを教えてくれるかも。

ほとんどのお店が一人で切り盛りされています。焼きつつ、持ち帰り客の対応まで元気な やり取りは楽しい

三津浜ハマってポイント2 路地裏を巡って、探検気分。

歴史のある港町だけに昔からのお店が点在する三津浜地区。こんなところに?!と思ってしまうような路地裏や、住宅街の入り組んだ場所に商店が残っています。もし迷っても住民の皆さんが優しく教えてくれるから大丈夫!地図を片手に路地裏探検を楽しんでみてください。

ここが三津浜商店街。以前はアーケードもあったが、現在では取り払われ太陽がふり注ぐ明るい路地港には漁船や釣り船が多数停泊。船が波に揺れる様を見ながら休憩なんていうのもまた一興民家の一角に密かに出されたのれんに注目。見逃すともったいない名店こそ入り組んだ場所にあるかも?!

三津浜ハマってポイント3 寄り道おやつも魅力的。

路地裏探検の途中には三津浜焼きだけではないおやつも多数。ちくわなど作っている様子を間近で見られるものや、創業140年以上の老舗の和菓子など。もちろん路地裏探検の食べ歩きや、お土産としても喜ばれるものばかり。せっかくなら欲張りに過ごしてみてください。

創業140年以上を誇る老舗和菓子店「花川堂」の「醤油餅」。和菓子の「日本百選」にも選ばれている松山銘菓外はカリっと、中はとろりとした食感がクセになる「松原」のたこ焼き。たこはもちろん三津浜産!「練りや正雪」のジャコ天。店頭では手握りちくわが1本1本焼かれている様を間近で見学できることも

三津浜ハマってポイント4 匠の技に魅せられる。

三津浜のもう一つの特徴が、昔ながらの職人技が数多く残っているということ。港町ならではの大漁旗や船具、ギター、畳、表具など、生活に必要な道具から楽器まで、使い込んだ道具を使って一つ一つ作られている様を目にすることができます。生活博物館ではその仕事ぶりを見学することも可能です。

「荒瀬染物店」は大正8年創業。昔は大漁旗などを手がけることが多かったが、現在は祭りの法被、のれんなども手がけるそう

三津浜ハマってポイント5 町のジュニアが頼もしい。

三津浜の町を中心に、松山西部地区の開発と発展をサポートするボランティア団体「平成船手組」。その次世代である中学生たちが、町歩きガイド役を担ったり、夏の一大イベントである花火大会では警備や環境整備など重要な役割を担う。そのように深く地域事業に関わることで、地元への愛着が芽生えると同時に、進学などで一旦は県外に出てもまた戻ってくるようになるのだとか。

ジュニアのメンバーが着用している法被は地元の漁師さんからいただいた大漁旗を再利用したものなんだそう

ページトップへ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。