四国

地域・お店・工場見学トップへ

  • 四国
TOP鳴門うどんの魅力食べ巡りmap鳴門周辺の魅力と観光名店一覧

鳴門名物 鳴門うどんの魅力

鳴門名物 鳴門うどんの特長

シンプルな鳴門うどんの特徴をあげるなら、あっさりとした出汁、ほとんどコシのない不揃いの麺、そしてシンプルなトッピング、この3つがあげられます。

特長1 金色に輝く出汁

お店により出汁のとり方は様々ですが、どのお店もあっさりと優しく少し甘めの味付けが特徴的。元々、塩田で重労働に疲れた人が好んで食べるようになったという「鳴門うどん」。労働後の疲れを癒す優しく甘めに味付けされた出汁が皆に愛された理由かもしれません。麺との相性も抜群で、思わず最後まで飲み干してしまう味です。

金色に輝く出汁

特長2 細く柔らかで不揃いな麺

鳴門うどんを注文するとまず驚くのが麺の太さが均一でないという点。そして、口に入れるとプツプツとちぎれるような柔らかな触感。食べやすいようにと消化も良く、すぐ食べられるようにと考えられてこのような麺が好まれるようになったそう。現在も、夏バテや二日酔いの時も「ちゅるっ」と食べられることから多くのお客さんが愛してやまない麺です。

細く柔らかで不揃いな麺

特長3 具はネギと刻み揚げ

このシンプルな具材がどこか懐かしさを感じさせるポイントでもあります。ほとんどのお店で使われているのが、『住谷豆腐店』の揚げ。鳴門うどん発祥とも呼ばれている高島にある豆腐店で創業100年。豆腐の感じが残ったしっとりソフトな刻み揚げが好きという鳴門うどんファンも多いそうです。

具はネギと刻み揚げ
ネギと刻み揚げに細長い麺。これぞ、王道。揚げ物、おにぎりなどを一緒に食べるのが基本。
鳴門うどんの起源については諸説あるが、藩政時代から塩業が盛んだった高島が始まりという説が
根強い(この地区には現在でも家でうどんを打つ家がある)。“浜子”と呼ばれる塩田労働者
たちの重労働を支えたのがこの鳴門うどんで、少し甘めの出汁と細くコシの弱い麺は、
疲れた体でも噛まずに消化しやすいように生まれたという。ちなみに、現在も営業
しているお店で最も古くからあるとされるのが大井食堂(撫養町)で、なんと
江戸時代に製麺所として創業したそう!
ページトップへ

鳴門うどんな人?

Key person profile 鳴門市観光協会 渡辺 晃さん 関西で旅行に携わるお仕事をされていた渡辺さん。観光に関わる仕事をしたいという気持ちから縁あって鳴門市観光協会で現在勤務中。県外出身ということで観光者と近い視点で鳴門を見ることのできる渡辺さんに鳴門について聞きました。鳴門に来てまず驚いたのは「鳴門うどん」という独特のうどんがあったことだそう。その感動がキッカケにもなり今鳴門で人気の「鳴ちゅるマップ」という冊子も制作してしまったという程の鳴門うどん好き。

鳴門なポイント1 鳴門うどんの発祥って?

鳴門のこの独特なうどんの誕生は元々この辺りが塩田だったことに所以があると言われています。藩政時代から昭和40年代後半まで鳴門市は塩田として栄えたのですが、重労働を終えた人でも噛まずに食べやすく消化の良い食べ物として細くちぎれやすい麺が多くの人が愛されたそうです。他にも漁師町の鳴門では船の上で漁師さんが漁の間にサッと食べられるメニューとして好まれていたなど複数の説があります。
塩田が盛んだった頃の風景。

-

鳴門なポイント2 渡船が今もなお残る

橋がない時代は船を使って島と島を往来していました。その名残が鳴門では残っており、現在も学生やお年寄りを中心に生活の足として活躍しています。全国にも渡船の残る場所はあるものの、1つの市に3つも渡船がある地域は珍しく「朝日新聞の読者が選ぶ渡し船のランキング」で全国6位に輝いたこともあります。また鳴門市観光協会では、ボランティアガイドによる鳴門うどんや渡船を巡るツアーを開催しています。
(事前に要申込。詳しくはHP/http://www.naruto-kankou.jp/を確認)
今もなお、市民の足として活躍する渡船。

-

鳴門なポイント3 隠れたパワースポットも多い。

鳴門と言えば、『渦潮』が有名ですが、隠れたパワースポットも多く存在します。例えば鳴門市内には『ミニ四国八十八箇所』と呼ばれる四国八十八箇所をギュッと凝縮して、1時間程で巡礼できるようなスポットがあります。他にも、『小宰相局(こさいしょうのつぼね)の墓』と呼ばれる平通盛の恋女房小宰相局が、四国へ一族と逃げて来た際に夫が討ち死にした話を聞き、亡き夫への思慕のあまり海に身を投じたことを哀れに感じ霊を弔ったとされる場所があります。その後、小宰相局が懐妊の身であったこともあり、お墓を參ることで子宝に恵まれるという言い伝えが今でも残っているそうです。
ミニ四国八十八箇所は約1時間ほどで回れる。
小宰相局を思い立てられた墓標。大麻町の一番札所「霊山寺」を彷彿とさせる。

-

ページトップへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。