*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

北陸

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北陸
  • 能登丼とは
  • 能登丼めぐり -提供店舗一覧-
  • 能登丼誕生秘話

豊かな土壌と海、そして歴史に育まれた“奥能登”。
その魅力をギュッと凝縮した「能登丼」が生まれたきっかけとは・・・?
生みの親である「能登丼」立ち上げメンバーの方々に、お話を伺いました。

「能登丼」立ち上げメンバー

  • 奥能登ウエルカムプロジェクト推進協議会
奥能登食彩紀行プロジェクト
チームリーダー
金七聖子 様
  • 道の駅 桜峠
松木和美 様
  • 能登前・幸寿し
橋本有子 様
  • レストラン浜中
浜中康男 様

能登丼とは

地元だからできること

金七さん
石川県の奥能登には、山海の幸が豊富にあり、面白い人たちもいっぱいいます。内浦と外浦では獲れる魚介も違うし、山菜でも春と秋では食べるものが全く違ったり、肉でも能登牛があったりキジも鹿もあるし、とても多彩で美味しい。でも、能登の良さに能登の人自身があまり気付いていないんですよ。そこで、県内外の人に能登に来てもらえるよう、元々ある能登の魅力をうまくアピールして、能登の美味しい食材を組み合わせて食べてもらおうという考えから生まれたのが、「能登丼」です。奥能登産コシヒカリというおいしいお米をベースにした「丼」で、輪島塗や珠洲焼きといった器に盛って出すという形にしました。

能登丼を立ち上げるまでの苦労話を教えてください。

気持ちに変化。そして感じる一体感。

金七さん
最初1年かけて考えたアイディアが多くの反対にあったので、新たなネタを決めるために月に1回会議を開きました。その中で、能登ラーメンの案が出ましたが、麺の管理など色々な問題から断念。それでも会議を続けるうちに、元々の魅力であるご飯の美味しさに気付くことができました。それでスタートしたのが「能登丼」です。食材や、器、箸などの定義は、最初の会議に集まった5人だけで決めましたね。また、箸の購入先や器のレンタル先などの問題点は、飲食店説明会で話し合いながら解決していきました。
浜中さん
僕は産みの苦しみを知らずに、飲食店説明会に参加しました。おっくうな気持ちもありましたが、うちの店でも能登丼を始めた途端にお客さんから立て続けに「能登丼」の注文があって、どんどんやる気になりました。
金七さん
最初は石川県出身の道場六三郎さんのご協力をいただいてスタートして4年が経ち、試行錯誤から地元のメンバーで意見とアイデアを出し合ってここまできました。自分が関わって中途半端で終わるのが嫌でそんなふうにしたくないなと思って始まったんです。「能登丼」はもちろん、私は食べることに興味があるので楽しんでやってます。
一同
お酒を飲むのも好きだよね(笑)

能登丼への思い

気持ちはひとつに

松木さん
63店舗、同じ能登の飲食店として負けたくない気持ちもあるし、一緒に「能登丼」を盛り上げていこうという気持ちもあるし、ライバルでもあり同志でもあります。この「能登丼」によって店と店がすごく仲良くなれたので、一緒に能登を盛り上げていこうという気持ちが強くなりましたね。
橋本さん
私は能登に住んでいるのに、能登のことを全然知らなくて。もっと勉強する必要があることが分かったので、やってよかったなと思います。
浜中さん
「能登丼」という旗のもとにいろいろな意味で横のつながりとか食のことをいっぱい勉強したり“能登”に詳しくなりましたね。人間としても多分大きくなったと思います。
一同
素晴らしい!(笑)

能登丼とビールの相性

心が豊かになれるとき

松木さん
本年度の「能登丼」加盟店63店舗のうち、同じ「能登丼」を提供する店は1店舗もありませんが、朝とれ地魚や能登牛、能登豚など各能登丼に使われている食材は、どれもビールにもピッタリですね。
金七さん
「能登丼」はボリュームがあって、味わいをゆっくり堪能できる丼なので、ビールとともに豊かな時間を過ごせると思います。会話も弾みますよ。

能登丼の未来像

ゴールは遠くに見据えて

金七さん
“能登”といえば、「能登丼」といわれるような定番商品になるのが大事だと思います。能登の人が作って能登でしか提供できないという定義があるため、わざわざ奥能登へ行くだけの価値があるというものにしていきたいです。
浜中さん
「能登丼」を始めてから、お客さんが増えたというお店が結構あるので、成功だと思います。でも、ずっと同じことを続けていたらダメになるので、次のステップにいきたいですね。
金七さん
元々ある魅力を掘り起こせば、良くなるものがまだまだあると思います。みんなでもっと「能登丼」を盛り上げていきたいですね。

取材日はまだ残暑が厳しく、外の気温は35度。そんな中で能登丼のプロジェクト立ち上げから将来像まで熱く、熱く語って頂きました。対談時間はなんと2時間を超え、このページに載せきれないぐらい。
能登丼に対するどこにも負けない熱意が伝わりました。
地元の食材とアイディアの魅力がギュッと詰まった「能登丼」。
石川県・奥能登から全国に!
皆様、お忙しいところ集まっていただき本当にありがとうございました!

  • うぇるかむ奥能登