*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

北陸

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北陸

富山湾の贈りもの、幻のシロエビ。

富山湾特有の海底谷「藍瓶(あいがめ)」に生息するシロエビは、富山県が世界に誇る幻のエビです。その理由は見た目の美しさだけではなく、まとまった漁獲が行われているのが富山湾だけということにもあります。漁獲期は4〜11月と定められ、さらに操業自主規制を行うなどして大切に守られています。
体長は6pほど。海中を泳いでいるときや水揚げして間もなくは、透明感のある淡いピンク色をしており、その姿から「富山湾の宝石」と称されています。
この優美さを全国に発信し、イメージを確立するため、富山県漁業協同組合連合会により「富山湾のシロエビ」として商標登録されるなど、ブランド化の取り組みも進んでいます。1996年には、ブリやホタルイカとともに「富山県のさかな」にも指定されました。すり身揚げや天ぷら、酢の物など、さまざまな料理で味わえるのも特徴です。なかでも繊細な旨味さを伝える刺身は、身を傷つけないように殻を一匹ずつ手剥きするという、手間のかかる作業が行われています。

シロエビを堪能するなら、この料理がおすすめ!!

白海老のミラノ風イタリアンコロッケ
和食のイメージが強いシロエビですが、富山県では洋食や中華など、いろんな料理で親しまれています。「白海老のミラノ風イタリアンコロッケ」は、パルメザンチーズやパセリを加えた衣をまぶし、オリーブオイルで炒めてからオーブンで焼いた、イタリア料理の要素が取り入れられた一品です。殻付きのまま揚げたり焼いたりすると、香ばしさが生まれ風味がアップするという、シロエビの特徴を活かして考案されました。コロッケの消費量が全国有数の、高岡ならではの味でもあります。お店ではシロエビの唐揚げとともに、年間を通して提供されています。料理人が創意工夫を凝らした、水揚地ならではの味をご堪能ください。
食楽房 ENJYU
【住所】高岡市新横町1 ホテルニューオータニ高岡B1F
【TEL】 0766-24-1838
【営業時間】 17:00〜深夜0:00(LO23:00)
【定休日】 無休
食楽房ENJYU 主任
吉田一貴さん
お店の詳しい情報は、[うまい!樽生]店舗情報ページへGO!

主任・吉田一貴さん考案レシピ

白海老のミラノ風イタリアンコロッケ

【材料】(中2個分)

  • シロエビ……30g
  • ジャガイモ……100g
  • 水……20t
  • 玉ネギ……50g
  • 生クリーム……10t
  • 牛乳……10t
  • 塩……少々
  • コショウ……適量
  • 卵黄……1個分
  • バター……10g
  • オリーブオイル……適量
  • 卵、小麦粉、パン粉……適量

【作り方】

  1. @ジャガイモは皮をむいて一口大に切る。水を入れた器に入れ、ラップをかけて8分間温める。
  2. A温まったジャガイモをボウルにあけ、すりこぎでつぶす。
  3. B玉ネギをみじん切りにし、バターでキツネ色になるまで炒める。
  4. Cシロエビ20gを素揚げし、ミキサーで粗いみじん切りにする。残りの10gをフライパンで乾煎りする。
  5. DABCをボウルに入れ、生クリーム、牛乳、卵黄を加えて混ぜ合わせる。
  6. E塩・コショウで味付けし、形を整える。
  7. F全卵を溶き、Eに小麦粉、卵、パン粉の順につける。
  8. Gオリーブオイルを入れたフライパンでFの両面に焼き目を付け、160℃に予熱したオーブンで10分加熱して出来上がり。

シロエビに出会える旅をもっと満喫!

〜シロエビの漁で賑わう新湊漁港地区(射水市)に行ってみよう!〜

新湊大橋
2012年9月に開通した新湊大橋は、日本海側最大級の斜張橋で、アーチ部分を含めると総延長が3.6q、橋を支える主塔の高さは127mあります。車が行き来する道路は、海抜約50mの場所にあり、その下は自転車と歩行者が通行できる「あいの風プロムナード」になっています。地元では早くも、立山連峰を望むビューポイントとして親しまれています。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!
内川べり
富山新港より庄川河口そばまで、約1.8qに渡って市街地を流れる内川は、江戸時代に放生津湊への舟運の要路として栄えていました。「東橋」「山王橋」「かぐら橋」など特徴的な橋が架かり、水と人々の暮らしが密着していることから「日本のベニス」とも呼ばれています。港町の風情が漂うノスタルジックな土地は、近年になり映画のロケ地になることも増えています。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!
新湊漁業協同組合 昼セリ
浜の活気を伝える、威勢のいい掛け声とともに魚が競り落とされる新湊漁港のセリは、通常の魚市場でも開かれている早朝セリだけでなく、午後1時からも行われています。これは新湊漁港でセリにかかる魚が、浜前で漁獲されたキトキトの魚ばかりだからです。「七時(などき)のセリ」と地元で呼ばれるこのセリの風景は、事前に予約しておけば見学することもできます。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!

*商品画像は撮影当時のものです。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。