*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

北陸

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北陸

富山湾の春の神秘 ホタルイカ

毎年3月1日になると、富山湾に春の訪れを告げるホタルイカ漁が解禁になります。 普段は水深200〜600mの場所に生息しているホタルイカですが、産卵のため夜に富山湾の岸壁近くまでやってくるのです。漁場は沖合1〜2キロほどの近海にあって、地元漁師たちによる定置網漁が行われています。特に水揚げ量が多いのは滑川漁港で、最盛期は3月下旬〜4月いっぱいごろまで。漁は6月まで続き、どの季節にも増して港は活気づきます。富山湾にホタルイカが集まる理由は、湾がすり鉢のような形をしていることと、上に向かって流れる海流に関係していると言われています。
常願寺川の河口左岸から魚津港までの15kmは、ホタルイカの群遊海面として、国の特別天然記念物に指定されています。そして定置網漁を見学する海上観光では、青白く幻想的な光を放つホタルイカの群れを間近に見ることができます。さらに滑川漁港に隣接する「ほたるいかミュージアム」では、ホタルイカの生態を分かりやすく紹介しています。

お楽しみの食べ方は、沖漬けや竜宮そうめん、塩ゆでにした桜煮に酢味噌を添えたりするのが一般的で、旬の時期は家庭の食卓への登場頻度も多くなります。ワタごと堪能できるのは、体長が4〜6cm程度とほかのイカに比べて身が小さい、ホタルイカならではの醍醐味です。

ホタルイカを堪能するなら、この料理がおすすめ!!

ほたるいかの釜揚げ※事前予約が必要
富山湾の季節の幸を活かした料理を得意とする「割烹 小川」は、県外からのお客さんから圧倒的な支持を集める名店です。魚を捌く板前の姿は見惚れてしまうほどで、これから目の前に運ばれてくる料理の旨さを予感させてくれます。ホタルイカが揚がるシーズンは、予約をした方に限定で「ほたるいかの釜揚げ」を提供しています。予約のみにしている理由は、質のいい朝獲れのホタルイカしか使わないためです。しっかりと中まで熱を通すように茹で上げて、もみじおろし&万能ネギもしくは酢味噌を添えて味わいます。茹でたて熱々のホタルイカの風味を、贅沢に味わってください。店内には座敷もあって、釜揚げの美味しさに笑みを浮かべながら、じっくりと腰を据えてビールを酌み交わすお客さんばかりです。美酒佳肴に酔いしれる、至福の時間を過ごしましょう。
北陸の食楽 割烹 小川
【住所】 富山市新富町2-4-7
【TEL】 076-439-1988
【営業時間】 11:30〜13:30、17:00〜23:00(LO22:00)
【定休日】 日曜、祝日(団体予約や、翌日が祝日や振り替え休日の場合は営業の場合もあり)
店主
小川正博さん

店主 小川正博さん考案レシピ

ホタルイカの昆布〆
ホタルイカの昆布〆

【材料】(2人分)

  • ・ホタルイカ…12匹
  • ・昆布(20p角)…1枚
  • ・酢…適宜
  • ・塩…適量
  • ・化学調味料…適量
  • ・合わせダシ…40t
  • ・濃口醤油…10t
  • ・みりん…10t

【作り方】

  1. @ホタルイカは胴と足を切り離し、内臓を丁寧に取り除く。
  2. Aスポンジか布巾などに酢を染み込ませ、昆布の表面を拭く。
  3. B昆布に塩と化学調味料をふり、@のホタルイカを並べる。
  4. Cホタルイカが昆布の外に出ないようにラップで巻く。
  5. 冷蔵庫で半日ほどおけば漬かる。漬け具合はお好みで。
  6. D合わせダシ、濃口醤油、みりんを合わせたタレをかけて味わう。
ホタルイカペペロンチーノ風
ホタルイカペペロンチーノ風

【材料】(1〜2人分)

  • ・スパゲッティ…120g
  • ・ホタルイカ…10匹
  • ・浅葱…2〜3本
  • ・塩…少々
  • ・オリーブオイル…大さじ1
  • ・ニンニク…少々
  • ・唐辛子…お好みで量を調整
  • ・レモン…お好みで

【作り方】

  1. @スパゲッティを袋の表示通り茹でる。
  2. Aフライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニク、唐辛子を加える。
  3. B香りが立ったところで、ホタルイカを入れて加熱する。
  4. Cゆで上がったパスタを加え、塩で味を調整する。
  5. D皿に盛り浅葱を添える。お好みでレモンを搾ってもおいしい。

ホタルイカに出会える旅をもっと満喫!

ほたるいかミュージアム
ホタルイカの不思議な生態を紹介する、滑川漁港のすぐそばにあるミュージアム。3月下旬〜5月下旬ごろにかけては、生きたホタルイカの水槽展示を行っており、目の前でホタルイカが発光する幻想的なライブショーも見学できる。またミュージアムシアターでは、ホタルイカの定置網漁や海上観光の様子とともに、自然豊かな滑川の風土をPRするビデオが上映されている。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!
滑川ほたるいか海上観光
4月上旬〜5月上旬にかけて、定置網でのホタルイカ漁を見学する「滑川ほたるいか海上観光」が行われています。体中に1,000個もの発光器を持つホタルイカが、青白い光を一斉に放つ姿はとても幻想的です。悪天候による船の欠航や不漁等でホタルイカが光らない場合もあり、実際の発光を見ることはとても幸運と言われています。夜明け前の海に煌めく、神秘的な風景をご覧ください。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!
国指定特別天然記念物ホタルイカ群遊海面(身投げ)
ホタルイカが数十万匹の大群で海岸近くまで押し寄せる姿は、富山湾独特の珍しい現象で、世界でもほかに見られません。常願寺川の河口左岸から魚津港に至る15kmの間、満潮時の沖合1,260mまでが、国指定特別天然記念物ホタルイカ群遊海面指定地域です。また海岸では、発光しながら砂浜に打ち上げられる「ホタルイカの身投げ」と言われる光景が広がることもあります。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!

*商品画像は撮影当時のものです。