*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

北陸

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北陸

富山湾の王者、 ひみ寒ぶり

富山が誇る、冬の味覚の王者ブリ。11月中旬から12月にかけて空に激しい雷が轟くころ、ブリは北海道から南下し、能登半島に行く手を遮られるように富山湾に入り込みます。荒波を乗り越えて富山湾へ辿り着いたブリは、脂ののりが最高。特に氷見漁港に水揚げされるブリは“ひみ寒ぶり”というブランド名が付けられています。この名称で呼ばれるブリは6s以上と定められており、販売証明書を付け同一デザインの青箱に入れて出荷されています。

ブリは捨てるところのない魚です。アラは鰤大根、カマは塩焼き、内臓はなますにするなど、富山にはブリを使った様々な郷土料理が残されています。特に塩漬けしたブリとかぶを麹で漬けて発酵させる「かぶらずし」は、伝承料理の代表格です。また近年は「ブリしゃぶ」が全国的に有名になりました。

さらにブリは、成長するにつれて名前が変わる縁起のいい魚です。射水市の加茂神社では、正月の神事に塩鰤が供えられ、一年間の無病息災を祈る「鰤分け神事」が行われています。そして海沿いの町を中心に「ブリの半返し」という風習も残されています。これは嫁の実家から嫁ぎ先にブリ一匹を贈り、受取った家はブリの半身を嫁の実家に返すという習慣。富山の人たちの暮らしには、ブリが密接に関係しています。

ひみ寒ぶりを堪能するなら、この料理がおすすめ!!

ぶりしゃぶ
全国にその名を轟かす「氷見寒ぶり」。水揚げの最盛期ともなれば、全国の美食家たちがこの味を目当てに氷見を訪れます。氷見漁港からほど近い場所にある「まる甚」では、漁港から直送されるキトキトのぶりを、すぐに下処理しています。ウロコや内臓を手早く取り除いて氷水で保存することで、抜群の鮮度がキープできるとともに、クセや青臭さをまったく感じさせない料理に仕上げているのです。なかでも最も評判なのが、厚い身が7切れも付いた「ぶりしゃぶ」です。この時期は脂のノリも最高で、食べ応えも十分です。特製の煮干しと昆布の合わせダシでしゃぶしゃぶすれば、氷見寒ぶり本来の持ち味が満喫できます。旨味が広がった鍋で、〆に雑炊やうどんを楽しむのもおすすめです。
教えてくれたお店 居酒屋 まる甚
【住所】氷見市伊勢大町2-4-5
【TEL】0766-74-1722
【営業時間】11:30〜14:00、16:30〜23:00
【定休日】年末年始
舘繁章さん

舘繁章さん考案レシピ

ぶり大根

【材料】(5〜6人分)

  • ぶり……適量
    (頭や骨の周りの部分など)
  • 大根…1本
  • 柚子の皮…お好みで
  • ダシ…適量
  • 酒…適量
  • 醤油…適量

【作り方】

  1. @大根は1.5cm幅に切って、角が煮くずれないように面取りする。
  2. A鍋に大根を入れ、全体が浸る程度にダシを入れたら、
    火にかけて柔らかくなるまで煮る。
  3. B大根を煮ている合間に、別の鍋に湯を沸騰させ、ぶりを湯通しする。数秒待ってぶりを取り出し、氷水に浸ける。キッチンペーパー等で、水気をふき取る。
  4. CAにBを入れ、酒と醤油を加えて中火以下で1時間ほど煮込む。甘めの味わいが好きな場合は、このときに砂糖を加える。
  5. D味が染み込んだら器に盛り、柚子の皮を添える。

ひみ寒ぶりに出会える旅をもっと満喫!

氷見漁港
ひみ寒ぶりの水揚げで、全国的に有名な氷見漁港。この地で発祥したことで知られる定置網漁を行っており、春はイワシ、夏はマグロと、豊富な魚種で年間を通して活気に溢れています。漁港内にある食堂は朝6時から営業しており、獲れたての海の幸を贅沢に使った、定食や海鮮丼、かぶす汁などが好評。一般の人も気軽に利用できます。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!
氷見漁港場外市場 ひみ番屋街
その日の朝に水揚げされたばかりの、氷見漁港直送の新鮮な魚介を購入できる観光客に評判のスポット。回転寿司や氷見うどん、氷見牛、氷見カレーなど、地元ならではの料理が味わえる飲食店、干物や塩辛などの加工食品のお店も揃っています。富山湾越しにそびえる立山連峰や、沖合に浮かぶ唐島などを一望できる、絶好のロケーションも人気の理由です。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!
氷見市潮風ギャラリー
『忍者ハットリくん』『笑ゥせぇるすまん』『プロゴルファー猿』などの作者として知られる、氷見市出身の藤子不二雄Ⓐの作品を展示しています。藤子氏が作品づくりに没頭し、手塚治虫や石ノ森章太郎ら有名漫画家を輩出したアパート「トキワ荘」の14号室を再現した空間も。またアニメ化された作品の上映や、一緒に記念撮影できる『怪物くん』の等身大パネルもあります。
詳しい情報は、[とやま観光ナビ]情報ページへGO!

*商品画像は撮影当時のものです。