• はい
  • いいえ

 

東海

地域・お店・工場見学トップへ

  • 東海
名古屋メシ 名古屋メシ徹底解明その歴史と魅力を匠に聞く!

美味しい名古屋名物。どんな食べ方だってあなたのお好み次第でOK。ここでは、今日から名古屋メシが数倍美味しくなる一手間や、家での料理がもっと楽しくなる方法を伝授します。第三弾は味噌カツ!

ビールに合う一工夫

大人気名古屋メシ“味噌カツ”☆お肉・衣・タレの絶妙なバランスと美味しいあの味を、おウチでも再現したい!基本的な作り方から少し技を加えたアレンジ、更にはこの名物発祥のルーツにちなんだ新作までどど〜んと紹介しちゃいます!

かんたん味噌カツ

材料(2人分)

  • 豚ロース肉(1枚100g)   2枚
  • 塩           適量
  • 胡椒          滴量
  • 小麦粉         適量
  • 卵           適量
  • 水           少々
  • パン粉(生パン粉可)  適量

  • ≪味噌タレ≫
  • 赤味噌         50g
  • 酒           50cc
  • みりん         50cc
  • 砂糖          50g
  • 水           25cc
  • 醤油          15cc
  • ウスターソース     15cc
  • キャベツ        1/4個

かんたん味噌カツのポイント
肉は脂肪部分にツヤ・弾力があり、薄紅色のものが良いでしょう。スジ切りと同時に、肉の部分も包丁の先で叩くと歯切れがよくなります。レシピのタレはベースなので、唐辛子や練りゴマを入れても美味しいです。

名古屋めし

肉はスジ切りをし、塩・胡椒で下味を付けておきます。

卵は良く溶きほぐし、50ccの出汁を入れ、混ぜておきます。

バット(皿)に小麦粉・卵・パン粉をそれぞれに入れ、順番にに衣をつけていき、しばらく休ませます。揚げる前にもう一度パン粉を付けます。

油を170℃位に温め、を入れキツネ色に両面を揚げます。揚がる直前に、火を少し強くしサクッと仕上げます。

味噌タレは全ての材料を鍋に入れ、弱火でゆっくり加熱し、少し煮立たせます。 ※このとき、煮詰めすぎないように注意。

の中に入れ、タレをからめて、キャベツの千切りと共に皿に盛ります。


名古屋めし

肉はスジ切りをし、塩・胡椒で下味を付けておきます。

卵は良く溶きほぐし50ccの出汁を入れ、混ぜておきます。

キノコは全て細かく切って油・塩・胡椒・バターで、しんなりするまで炒めます。

の真ん中に切り込みを入れ袋状にし、中にを詰めます。

バット(皿)に小麦粉・卵・パン粉をそれぞれに入れ、順番にに衣をつけていき、しばらく休ませます。あげる前にもう一度パン粉を付けます。

油を170℃位に温め、を入れキツネ色に両面を揚げます。揚がる直前に、火を少し強くしサクッと仕上げます。

味噌タレは全ての材料を鍋に入れ、弱火でゆっくり加熱し、少し煮立たせます。 ※このとき、煮詰めすぎないように注意。

の中に入れ、タレをからめて、キャベツの千切りと共に皿に盛ります。

キノコたっぷり味噌カツ

材料(2人分)

  • 豚ロース肉(1枚100g)    2枚
  • 塩            適量
  • 胡椒           適量
  • 小麦粉          適量
  • 卵            適量
  • 水            少々
  • パン粉(生パン粉可)   適量
  • 椎茸           3枚
  • エノキ茸         1/2束
  • マッシュルーム      4個
  • エリンギ         1本
  • バター          10g
  • 油            少々

  • ≪味噌タレ≫
  • 赤味噌          50g
  • 酒            50cc
  • みりん          50cc
  • 砂糖           50g
  • 水            25cc
  • 醤油           15cc
  • ウスターソース      15cc
  • キャベツ         1/4個

キノコたっぷり味噌カツのポイント
キノコは詰めすぎるとあふれてしまうので注意して下さい。お肉の選び方・下準備の仕方は「かんたん味噌カツ」と一緒。タレのアレンジの仕方も同様にどうぞ♪


もっとアレンジ!

タレたっぷり和風トンカツ

名古屋めし ふわふわ卵のひつまぶし

材料(2人分)

  • 豚ロース肉(1枚100g)    2枚
  • 塩             適量
  • 柚子胡椒(チューブの物)  適量
  • 小麦粉           適量
  • 卵             適量
  • 水             少々
  • パン粉(生パン粉可)    適量

    ≪絡み抜群ダレ≫
  • 酢              100cc
  • 砂糖            小さじ1
  • 濃口醤油          大さじ1.5
  • レモン汁          小さじ1

  • キャベツ          1/4個

肉はスジ切りをし、塩を振り柚子胡椒を全体に薄く塗り下味を付けておきます。

卵は良く溶きほぐし、50ccの出汁を入れ、混ぜておきます。

バット(皿)に小麦粉・卵・パン粉をそれぞれに入れ、順番にに衣をつけていき、しばらく休ませます。揚げる前にもう一度パン粉を付けます。

油を170℃位に温め、を入れキツネ色に両面を揚げます。揚がる直前に、火を少し強くしサクッと揚げます。

タレはボールなどに全部を入れ、良く混ぜ溶かします。

揚がったカツにを全体に絡めるようたっぷりかけ、切って皿に盛ります。

タレたっぷり和風トンカツのポイント
お好みで大根おろしを添えてもOK。お肉の選び方・下準備の仕方は「かんたん味噌カツ」「キノコたっぷり味噌カツ」と一緒。タレは色々なお料理やおつまみにぴったり。ビールもすすみますよ♪

   

〈先生紹介〉

ニチエイ調理専門学校
専門調理師
滝沢 武賜先生

〈取材協力〉
学校法人光陽学園ニチエイ調理専門学校
〒460-0007 名古屋市中区新栄1-43-9 
052-252-2155
http://www.koyogakuen.ac.jp/
当ページの内容は
2008年11月4日取材当時のものです。



すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。