*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

東海

地域・お店・工場見学トップへ

  • 東海
東海ぶらり

山間に湧き出る五つのいで湯、奥飛騨温泉郷へ

雄大な北アルプスの麓に広がる平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高。これら5つの温泉地を総称し、奥飛騨温泉郷と呼びます。日本有数の湯量を誇るこのエリアには、天然の露天風呂に風情ある内湯、秘湯まで、様々な温泉が点在。五種五様の安らぎに身を委ねて心の底からホッとする時間を過ごしませんか。

平湯

老猿伝説を今に伝える天下の名泉

乗鞍岳の麓、古くから交通の要所として知られる平湯温泉。武田家臣が飛騨へ攻め込んだ時、老猿が湯だまりで傷を癒していたのが発見の由来とされ、往時を偲ばせる野趣たっぷりの露天風呂「神の湯」があります。江戸時代には、北陸の諸大名が参勤交代の折、平湯を宿場にして長旅の疲れを癒したとか。今もなお、ひなびた温泉情緒が漂う奥飛騨最古の温泉地です。

福地

村上天皇がおしのびで療養された“天皇泉”

平家の落武者伝説を残す、素朴ないで湯・福地温泉。平安時代、村上天皇がおしのびで療養されたことから“天皇泉”とも称され、山里ならではの佇まいに、ゆったりとした安らぎが満ちています。また、古生代の化石の産地でもあり、日本最古の化石が出土したことで有名。温泉に浸かりながら、福地の里が太古の昔海の底にあったという神秘を感じてください。

新平湯

温泉郷の南北を結ぶ賑やかな湯の町

奥飛騨温泉郷の中心にあり、最も規模の大きい新平湯温泉。歴史と伝統を受け継ぎながら、新しい魅力もあわせ持つエリアで、素朴な民宿から近代的なホテル、落ち着いた和風旅館まで、幅広いスタイルの宿が揃います。反面、貴重な歴史も残されていて、元禄3年には念仏僧円空がこの地にある禅通寺に1年余り逗留。素朴な円空仏が今も数多く残されています。

栃尾

おふくろの味に心和む素朴な湯の里

その昔、トチの木がたくさんあったことから、この名が付いたと言われる栃尾温泉。庶民的で気取らない宿が多く、山菜や川魚を使った家庭料理でもてなしてくれます。栃尾を流れる蒲田川には立ち寄り湯や足湯があり、夏はホタルの名所としても有名。また、渓流魚の宝庫として釣りファンにも人気です。豊かな自然と共に人情味溢れる触れ合いを楽しんでください。

新穂高

リゾート感たっぷりの露天パラダイス

奥飛騨温泉郷の最も奥に位置する新穂高温泉は、川床から湧き出る豊富な湯量が自慢の露天風呂天国。白樺林の中にホテルやペンションが立ち並ぶ、リゾートムード溢れるエリアです。北アルプスの槍ヶ岳、穂高岳への登山口ですが、新穂高ロープウェイを利用すれば標高2156mにある展望台まで30分足らず。ちなみに、井上靖の小説「氷壁」の舞台でもあります。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。