*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

東海

地域・お店・工場見学トップへ

  • 東海
東海ぶらり

――北アルプスの壮大な眺めと自然に恵まれた奥飛騨ですから、四季の移り変わりも、さぞ美しいでしょうね

最も風情があるのは、やはり紅葉のシーズン、それから冬、雪の季節ですね。落葉樹が多いので紅葉が本当にきれいです。標高の高いところでは、だいたい9月下旬から10月初旬、麓の旅館街周辺では10月の20日過ぎから11月にかけてが見ごろですね。冬が訪れて、雪の降り始める時分もまた素晴らしいですよ。3000m級の山々から白くなってくるんですが、山の上の方は真っ白、中腹の紅葉が終わり、でも麓にはまだしっかりと紅葉が残っている。まさに絶景です。

――その絶景を見るなら、どこがオススメですか?

三段紅葉が見事な北アルプス一帯は飛騨・美濃紅葉33選にも選ばれている

例えば、高山方面からお越しになるなら、平湯トンネルを抜けたとき。紅葉の大パノラマが目の前に広がります。もう一つは安房峠。今はトンネルが一般的ですが、積雪で通行止めになるまでは峠も通れますから、紅葉の季節はぜひ! あとは、新穂高ロープウェイの周辺ですね。北アルプスの中で唯一、四季を通じて行ける場所です。ロープウェイの終点は海抜2165mですから、冬の雪景色も美しいですよ。

――これからのシーズンはイベントも目白押しですね

平湯温泉に平湯大滝という素晴らしい滝がありまして、冬になると凍ってしまうんですよ。そのライトアップが2月にあります(平湯大滝結氷まつり)。新平湯温泉のタルマの滝や福地温泉でもライトアップがありますね。それから、やはり2月に行われるイベントで、新穂高の中尾かまくらまつりが最近人気です。囲炉裏かまくらですとか、非常に情緒がありまして、昨年はかまくらバーというのをやったんです。ちなみに、紅葉のライトアップは、10月15日から25日まで、新穂高の渓流の露天風呂で行います。

いくつものかまくらが幻想的にライトアップされる「中尾かまくらまつり」

――訪れる方はやはり冬が多いですか?

最近多くなってきましたね。一年を通して2月がシーズンになってきました。高山市内や白川郷などの近隣でも一連のイベントがありますし、昨年7月に高速道路が全線開通して、車のアクセスが容易になったことも大きいと思います。
車で気軽にお越しいただけるようになったので、今は特にwebでのアピールを重視しています。例えば宿の情報ですね。お風呂なら、露天あり、大浴場あり、食事なら、部屋食あり、料亭あり、囲炉裏風の演出ありと、どの温泉地も宿も様々な趣向を打ち出しています。こんなご時世ですから、宿泊料金もリーズナブルになっていますし、奥飛騨温泉郷のwebサイトをチェックしていただくと、いろいろな情報を拾っていただけると思いますよ。それから、今後は海外からの観光客の誘致にもさらに力を入れていきたいですね。台湾をはじめ、東南アジア各国を中心にキャンペーンにもあちこち出掛けているんです。

――奥飛騨は、今後、どんどん面白くなっていきそうですね。楽しみにしています

「雪国は、やっぱり雪のある季節がいいですよ!」と野尻さん。温泉が恋しくなるこれからの季節、皆さんも奥飛騨温泉郷を訪れてみませんか

★★★あなたの「とっておき」が見つかる、宿選びのポイント★★★
◇まずはwebにアクセス!
奥飛騨温泉郷 http://www.okuhida.or.jp/

◇野尻さんからの宿選びアドバイス
「温泉施設とお食事の場所をチェックしてください。
お風呂なら、例えば、露天風呂がいいのか、大浴場がいいのか、小さくてひなびた雰囲気がいいのか。
また、お食事の場所で言えば、部屋食、料亭やレストラン、
あるいは囲炉裏風などの少しこだわった演出まで、宿によってそれぞれ特徴があります。
まずはその2つをポイントに調べていただくと、ご希望に合った宿を見つけていただきやすいと思いますよ!」

★★★奥飛騨温泉郷観光協会が展開する「とっておき」のイベント★★★
◇平湯大滝結氷まつり
開催予定期間:毎年2月15日〜2月25日
http://www.okuhida.or.jp/

◇新穂高温泉 中尾かまくらまつり
開催予定期間:毎年2月1日〜14日
http://www.okuhida.or.jp/

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。