• はい
  • いいえ

 

首都圏

地域・お店・工場見学トップへ

  • 首都圏
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県

どこかなつかしいハイカラな味 やっぱり「洋食」が食べたい!

  • TOP
  • 洋食の楽しみ方
  • 洋食の魅力を探る

最先端の味からなつかしい味へ 日本の家庭料理の定番「洋食」

画像:「たいめいけん」店内

今でこそ、イタリアン、フレンチなど世界各国の本場の料理を、気軽に楽しめるようになりました。しかし、それとは一線を画すのが「洋食」。洋食は、西洋の味に日本の味を取り入れた、日本独自の食文化なのです。

洋食は、江戸の鎖国時代に、長崎の出島に出入りするオランダ商人の料理に端を発し、明治時代の文明開化と共に徐々に上流階級へ広まっていきました。当初は高価でなかなか一般の人が口にできるものではありませんでしたが、料理人を通して徐々に普及し、明治の末頃には、流行の料理として西欧料理店が人気を集めるようになってきます。大正時代には、庶民向けの洋食のバリエーションも増え、コロッケ、オムレツ、カレー、カツ丼など、和と洋が融合した日本独自のメニューも登場。ご飯に合う洋風の味として、次第に家庭料理の定番となっていったのです。

あなたの思い出の味は? 代表的な洋食メニュー

オムライス

ふんわり卵とケチャップライスのハーモニー

オムライス

ケチャップライスを、ふんわり卵焼きで木の葉型にくるんだオムライス。フランス語でオムレツを意味する「オムレット(omelette)」と英語の「ライス(rice)」を組み合わせた名前です。中のご飯は、チキンライスだったり、チャーハン仕立てだったりと、お店や家庭によって様々あります。最近では、半熟卵でくるむ、とろとろオムレツなども人気です。

カレーライス

万人に愛される人気者

カレーライス

好きな料理を聞くと、必ず上位にランクインするカレー。イギリス人が、インドの香辛料を用いて作っていたカレーが、明治時代に日本に伝えられたと言われています。栄養バランスが良く、簡単に作ることができることから、海軍の食事に用いられ、その後全国に広く普及していきました。ドライカレー、スープカレーなど、今もなおバリエーションを広げながら、日本人に愛され続けている料理です。

ナポリタン

スパゲティと言えばこれ!

ナポリタン

以前「パスタ」ではなく、「スパゲティ」と呼ばれていたころ、定番はミートソースとナポリタンでした。トマトケチャップの甘く優しい味わいは、今でも根強い人気を集めています。本格的なものでは、トマトケチャップのほかにトマトピューレなども加えられ、深みのある大人向けの味わいを楽しむことができます。

マカロニグラタン

とろーり熱々のチーズと香ばしい焼き色

マカロニグラタン

「グラタン」はフランス語。本来は、チーズやパン粉などを振って、オーブンで焦げ目をつけた料理のことを指します。でも洋食でグラタンと言えば、マカロニグラタンを思い出す方が多いでしょう。ゆでたマカロニと玉ねぎ、海老、マッシュルームなどを炒めてホワイトソースであえ、チーズをふりかけて焼き色が付くまで焼きます。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。