• はい
  • いいえ

 

神奈川県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 首都圏
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県

湯河原名物 たんたんたぬきの担々やきそば

TOPへ戻る

  • 「担々やきそば」ってどんな焼きそば?
  • 「担々やきそば」誕生秘話
  • 食べ歩きGUIDE MAP

「湯河原担々やきそば会」事務局長に聞く 「担々やきそば」誕生秘話

「担々やきそば」が生まれた背景には、「湯河原をもっと盛り上げたい」という、
地元の方の思いがありました。湯河原に古くから伝わる伝説にちなんで
生まれた一皿が、今、町の名を全国に広めつつあります。

写真:「湯河原担々やきそば会」事務局長 石井さん

まずは、「担々やきそば」が
誕生したきっかけを教えてください。

石井さん : 湯河原は、歴史ある温泉地として、たくさんの観光客の方が訪れる町です。観光地ならではのおまんじゅうや、特産の柑橘類などはありますが、それだけではなく、「湯河原にしかない“食の名物”」が作れないだろうかと、町の方たちとずっと話し合っていました。

湯河原温泉には「『たぬき』が見つけた温泉」という言い伝えがあり、たぬきを祭った「狸福(りふく)神社」など、地元では“たぬき伝説”が親しまれています。そんな中、「たんたんたぬき」の歌にちなみ、「担々(たんたん)やきそば」はどうだろうか、というアイデアが持ち上がりました。

写真:たぬきの置物

町のあちこちの店先には、縁起物の「たぬき」が。

地元の“たぬき伝説”から生まれた名物、
というのは面白いですね。

石井さん : 湯河原には温泉旅館や飲食店がたくさんありますが、お店の軒先に信楽焼きの「たぬき」が置いてあることが多いんですよ。「他を抜く」という商売繁盛の縁起物ですね。調べたらかなりの数があり、「たぬき」は伝説の存在以上に地元に溶け込んでいたんです。

その「担々やきそば」のアイデアが上がったのは、2006年の年末あたりでした。

「B-1グランプリ」が始まった年でもあり、その頃には世間で「B級グルメ」が話題にのぼることが多くなっていましたね。「B級グルメ」では、既にたくさんの有名な焼きそばがありましたが、その中にピリ辛の焼きそばは無い。ですから「担々やきそば」というグルメは、すごく新鮮なのではないか、と感じていました。

写真:「担々やきそば」調理風景

練りゴマやトウバンジャンの旨みたっぷりのピリ辛ソース。

確かに、コクがあってピリ辛の「担々やきそば」は、
ありそうで無かった味でした。

石井さん : 食のプロと共同開発した担々やきそばのソースは、海鮮や野菜など様々な素材と相性がよく、地元で開いた試食会でもおいしいと評判でした。「担々やきそば」のルールは、「担々やきそば」のソースをベースに使うことと、仕上げのトッピングとして、「湯河原柑橘系」か「温泉玉子系」どちらかのアレンジを加えることのみ。その他のレシピはお店の自由なんです。だから、お店ごとに本当にバリエーション豊かな味わいを楽しむことができます。これも魅力のひとつですね。

写真:「担々やきそば」

お店ごとに個性豊かな味が楽しめるのも
「担々やきそば」の魅力のひとつ。

反響はいかがですか?

石井さん : 雑誌やテレビなどで紹介されたことで、温泉目的の方だけでなく、「担々やきそば」を食べるために湯河原に来てくださる方が、着実に増えてきています。なんと、テレビを見た翌日に新潟からお越し下さった方もいらっしゃるんですよ。また、地元旅館のおかみさんや芸者さんなどが、おいしかった「担々やきそば」をブログなどで紹介してくださり、それをご覧になって来てくださる方も多いようです。

「担々やきそば」の知名度が上がるにつれて、さらに湯河原を
訪れる方が増えそうですね。これからいらっしゃる方に、
味わって欲しいポイントなどはありますか?

石井さん : 先ほどもお話したように、「担々やきそば」は、お店ごとに味の個性が豊か。あんかけ風もあれば、鉄鍋風、スープ仕立て、和風アレンジなど本当に様々です。ですから、ぜひ食べ歩きを楽しんでいただきたいですね。1軒だけ食べて満足するのではなく、いろんなお店の味を試してみてください。あなたの好みにぴったりの「担々やきそば」が、きっと見つかると思いますよ。

写真:「担々やきそば」の目印 のぼり旗

「担々やきそば」は、こののぼり旗が目印。

取材を終えて・・・

インタビューは、湯河原駅からすぐの所にある「湯河原町商工会」で行われました。「玄関に立てているのぼり旗を見て、『“担々やきそば”はどこで食べられるの?』と聞きに来られる観光客の方が多いんですよ」と話す石井さん。確実に反響の手応えを感じていらっしゃるようです。

今後は、2010年5月4日〜5日に開催される「神奈川フードバトル」など、食のイベントにも積極的に参加して、もっと多くの方に食べてもらいたいと考えていらっしゃるとのこと。また、お土産などの開発も進め、湯河原にいらしたお客様に一層満足していただきたいと語ってくださいました。歴史ある温泉町ならではの、おもてなしの心が息づく「担々やきそば」。味はもちろん、そんな温かさが人気を集めるヒミツなのかもしれません。

ページ上部へ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。