• はい
  • いいえ

 

千葉県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 首都圏
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県

勝浦の「うまい!」南房総勝浦といえば、寒流(親潮)と暖流(黒潮)が交じる豊かな漁場が近くにあり海の幸が豊富です。ここでは、勝浦を代表するおいしい「海の食材」をご紹介いたします。勝浦に訪れた際には、ぜひ、ビールと合わせて新鮮な食材をお召し上がりください。

なめろう

言わずと知れた、房総半島沿岸部周辺などに伝わる有名な郷土料理で、たたきの一種です。主にアジ、サンマ、イワシ、トビウオなどの青魚を三枚におろし、捌いた身の上に味付けの味噌・日本酒とネギ・シソ・ショウガなどを乗せ、そのまま、まな板の上などで、包丁を使って粘り気が出るまで細かく叩いたものをいいます。お酒が欲しくなること間違いなしの逸品です。

サンガ焼き

ひとことで言うと「なめろう」を焼いたものを「さんが焼き」と呼びます。そのまま鉄板や網などで焼いたり、アワビの貝殻に身を詰めて焼いたりします。焼いた香ばしさに誘われてビールもどんどんすすみます。

カツオ

全国有数のカツオの水揚げ高を誇る勝浦漁港。カツオ定食では、たたきが定番。三枚におろしたカツオの身の表面を炙り、生姜や茗荷などの薬味をたっぷりのせて味わう、お馴染みの豪快料理です。ここ勝浦では新鮮なカツオでしか味わえない「血合いのなめろう」を出すお店もあり、その味はお酒の肴にはもってこいです。

キンメダイ

しゃぶしゃぶ、お刺身、煮付けなど、いわずと知れた「うまい!魚」の代表格。千葉県は、全国有数のキンメダイの産地で、水揚げが盛んな上、良好な釣り場としても知られています。キンメダイは、春の季節以外ならば水揚げされていますが、なんと言っても、一番おいしい「旬」は秋から冬にかけての脂がのっている時期。本場の味を堪能したいのならば、時期を合わせて勝浦に訪れてみるのもいいかもしれませんね。

外房あわび

勝浦市及び御宿町地先岩礁などでとられたアワビは“外房アワビ”というブランド銘柄がついています。新鮮な磯の香りにつつまれたお刺身、にぎり、踊り焼き、炊き込みご飯やバター焼き…。ぜひ勝浦市内にて新鮮な、その美味しさをご堪能ください。

外房伊勢エビ

勝浦産の伊勢エビの漁獲量は、千葉県の大原・太東産、御宿岩和田産などとあわせて全国でもトップクラスを誇り、外房伊勢エビと呼ばれています。そのぷりぷりとした甘い身は、お造りでももちろん、焼き物や具足煮、味噌汁、天ぷらなど、熱を加えると、その甘みがさらに増した贅沢な味わいが楽しめます。海老の身と殻の焼けた香ばしい香りとビールの相性は食べた人にしかわかならない贅沢さです。

ページのトップへ戻る

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。