*Firefox 87.0をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

埼玉県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 首都圏
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 埼玉県TOP
  • 加須のご当地グルメ「手打ちうどん」
  • 「加須手打ちうどん」の食べられるお店
  • 加須のおすすめ観光スポット

元禄時代のお殿様も喜んだ極上うどんでおもてなし
加須のご当地グルメ「手打ちうどん」

ルーツは元禄時代にまでさかのぼり、300年以上の歴史を誇る「加須手打ちうどん」。みずみずしく、手打ちならではのコシの強くのど越しの良い麺を、各店が創意工夫を凝らしてオリジナル手打ちうどんに仕上げました。

歴史ある、地域の食文化「加須のうどん」

埼玉県北東部に位置する加須市周辺では、江戸時代の初めの頃は畑地が多く小麦の生産が大変盛んでした。その当時から、加須市周辺ではその小麦を手打ちうどんにして食べる習慣が定着したと言われています。

朝には饅頭を食べて昼にはうどんを食べると言われるくらい、加須市は小麦を使用した物を食べる習慣が盛んな地域です。昔、お米を年貢として納めていた時代、米の裏作として栽培された大麦を混ぜた麦飯が主食とされており、農家の人にとってツルツルシコシコしたうどんは、お祭りなどの特別な日に大切なお客様をもてなすときのご馳走でした。

この名残からか冠婚葬祭などの締めくくりには、うどんが良く振舞われています。また、春・秋の彼岸や正月などに日頃の女性の働きを労って男性がうどんを打つという昔ながらの風習も残されています。加須市においてうどんは暮らしの中に根付いた非常に馴染み深い食べ物なのです。

冷たい“もりうどん”にあっさりとしたつゆでいただくのが基本

加須うどんの特徴は、ピカピカの光沢、みずみずしさ、手打ちならではのコシの強さとのどごしの良さです。
コシの強いうどんを打つために、季節によっては、塩や水加減、麺の太さを変えたり、「足踏み」や「寝かせ」に時間をかけるなどの工夫をしています。

加須手打ちうどん

つゆなしでそのまま食べても十分に美味しいですが、水洗いしたての冷たい“もりうどん”にあっさりした冷たいつゆでいただくのが基本の食べ方です。これに加え、大葉(青じそ)の香りとごまみそ風味の「冷汁」、ナスやネギを油で炒めた温かい「なす南蛮」や「ねぎ南蛮」、さらには「けんちんうどん」、「みそ煮込みうどん」など加須独自のメニューも味わえます。

  • 加須に行こう!食べくらべこそ醍醐味
「加須手打ちうどん」の食べられるお店
  • 加須に行ったらついでに寄りたい
加須のおすすめ観光スポット

加須手打ちうどん会オフィシャルサイト

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。