*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

東北

地域・お店・工場見学トップへ

  • 東北

横手やきそば 誕生と歴史について

「横手やきそば」のルーツは、第二次世界大戦直後まで時代をさかのぼります。

終戦直後、横手市で屋台のお好み焼屋さんを営んでいた男性が、お好み焼き用の鉄板を用いた新たなメニューを模索したことが始まりと言われています。

その頃、横手市内で販売されていたお好み焼きの多くは、小麦粉生地を薄くクレープ状に焼き上げものに、割り箸を巻き付けて食べていました。手ごろな値段から、当時の子どもたちの数少ないおやつでもありました。

そのお好み焼きに加えて、新たなメニューとして「やきそば」が検討され、横手市で屋台のお好み焼き屋さんを営んでいた男性と横手市内の麺業者とで、焼きそば麺づくりの試行錯誤が始まることとなりました。お好み焼き屋台の営業が終了後、製麺工場内で焼きそば麺に奮闘すること数年、ついに昭和28年頃に現在の太くて真っ直ぐな角麺(ゆで麺)という特徴的な「横手やきそば」麺が完成しました。

発売と同時に、手頃な価格とおいしさで瞬く間に爆発的な人気商品となり、また、簡単に作れることと、道具を必要としないため、駄菓子屋や民家の軒先で「横手やきそば」を販売する店も増え、当時、市内には100店舗ほどの焼きそば店があったと言います。

この焼きそばブームは市内にとどまらず、うわさを聞きつけた近隣町村にも同様の焼きそば店が増えるほどでした。

「横手やきそば」は当時の子どもたちの数少ないおやつのひとつという位置付けでしたが、その後は広く横手市民の一般的な食事として浸透していくこととなりました。

横手やきそばトップヘ