*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

東北

地域・お店・工場見学トップへ

  • 東北

aa

aa

大館地方では、「きりたんぽ鍋」はごく普通の家庭料理です。各家庭で、味付けがそれぞれ違う、いわば「おふくろの味」なんですね。その「きりたんぽ鍋」の発祥は、大館・北鹿地方で、炭焼きや秋田杉の伐採のために山へ入った人たちが残り飯をこねてまるめ、鶏鍋に入れたり、味噌をぬって食べたり、または、マタギ(狩人)が握り飯を腰に下げ一日中山野を走り、食べ残りの握り飯を獲物の鳥などの鍋に入れて食べた・・・など、きりたんぽ鍋の謂れは諸説あります。

また、日本屈指の豪雪地帯である大館地方などでは、冬に備えての保存食文化や、現代に伝わる缶詰率の高さなどから冬の暖かくて栄養価の高い「きりたんぽ鍋」が生まれたのは必然だったのかもしれません。
秋も深まり新米の出回る時期になると、新米のきりたんぽと脂の乗った比内地鶏を味わう「たんぽ会」が市内いたるところで頻繁に催され、街はきりたんぽ一色になります。大館の人々にとってきりたんぽは生活から切り離せないものなのです。このような大館の風土が、昔のままのきりたんぽを現在に至るまで守り続けてきたのです。

aa

「たんぽ」
炊いたご飯を半練り状にし、長い秋田杉の串に巻き付けて焼いた物を「たんぽ」と言います。
「味噌付けたんぽ」
この「たんぽ」を焼く時か焼いた後に「味噌タレ」や「醤油タレ」をつけたものを「味噌付けたんぽ」と言います。
「きりたんぽ」
鍋に入れる際、適当な大きさに切って入れるところから「きりたんぽ」と言います。この「きりたんぽ」と鶏肉や野菜、きのこ等を入れた鍋料理を「きりたんぽ鍋」と言います。今では簡単に「きりたんぽ」と言えば「きりたんぽ鍋」を指すようになりました。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。