• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > 海外ブランドビール > 世界のビール 
  • WORLD
  • TOP

世界のビール

Belgium

ビール王国、ベルギー

約800種類の地ビールがあるといわれるビール王国、ベルギー。ぶどうが育たずワインができない土地だからこそ、麦芽を原料にスパイスやフルーツを加えた個性豊かなビールが生まれました。それぞれの銘柄には、その味わいを楽しむのに最適なオリジナルグラスがあり、コースターまで決められています。歴史、醸造法、飲み方など、一本一本に込められた物語を楽しむのもベルギービールの醍醐味といえるかもしれません。

Germany

ビールの故郷、ドイツ

現在、世界のビールの主流は、ラガータイプ。そのラガータイプのビールが生まれたのが、15世紀のミュンヘンでした。16世紀には「ビールの原料は麦とホップと水しか使用してはいけない」という「ビール純粋令」が発令され、500年たった今も守られています。

UK

エールという伝統、イギリス

イギリスを代表するビールといえば、「エール」と呼ばれる上面発酵のビール。下面発酵のラガータイプと比べると、コクが深く、しっかりとした味わいが特徴。個性的な風味があり、飲むほどに好きになるビールともいわれています。

世界には2種類のビールがある

ビールは醸造法によって、大きく2つに分けることができます。それは、上面発酵と下面発酵。上面発酵は古くから伝わる醸造法で、発酵によって酵母が上面に浮くことから、このように呼ばれ、豊かな香りと味わいが醸し出されます。多くのベルギービールや、イギリスのエールがこちらのタイプ。下面発酵のビールは、ラガータイプともいわれ、ドイツで生まれたこのビールは、19世紀に入って一気に世界中に広がりました。キレがよく爽快な飲み口が魅力。日本も、中国も、ほとんどがこの下面発酵のビールです。

世界には2種類のビールがある

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。