• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > 海外ブランドビール > ヒューガルデン ホワイト > 歴史 

HISTORY

ヒューガルデン

15世紀、ヒューガルデン村

ベルギーのブリュッセルから東へ車で約1時間の場所に、ヒューガルデン村があります。記録によれば、この村で初めてビールがつくられたのは15世紀。村の修道士がインドからとりよせたスパイスを使ってつくったのがはじまりといわれています。

幻のビールを、もう一度

20世紀に入ると、最盛期には35あった村の醸造所が1軒もなくなってしまいます。そして1965年、「あの頃のビールが懐かしい」と嘆く村人たちの声を聞いたピエール・セリスという人が、伝統のホワイトビールの再現に成功しました。

ホワイトビールといえば、ヒューガルデン

ホワイトビールといえば、ヒューガルデン

そのビールはつぎつぎと評判を呼び、またたく間に世界中に広がっていきました。今では、パリのカフェでも、ニューヨークのBARでも、ホワイトビールといえば、このヒューガルデン ホワイトです。

※日本の酒税法では発泡酒に分類されます。

ご家庭でベルギービールを楽しもう!アサヒショップにて販売中!

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。