• はい
  • いいえ

ATqr[ gbv@>@CSRE‹@>@‹@>@ᕐ҈琬m@

(ここから本文です。)

日本の環境を守る 若武者育成塾コミュニティーサイト 若武者ブログ

若草山芝地復元用実験枠の検証1

実験枠設置後27日から28日の豪雨後、検証を行いました。
写真1は全体を写したものですが、右枠に土壌流失が見られます。
写真1.JPG
写真1

写真2は土壌流失している側の側面ですが、14cmのズレが見られました。
写真2.JPG
写真2

写真3は流失していない側面ですが3cm以下のズレでした。
写真3.JPG
写真3

写真3は今回土壌流失防止の工夫を施した実験枠です。
10月16日の芝地復元への光明が見えてきました。
土壌流失を抑える工夫は、Webという法面緑化用の素材を独自に芝マットに組み込んで開発したものを使用しています。

コメント (1)

土壌流失防止の工夫を施した実験枠がいい結果が出てよかったです。着実に進んでいますね。

【三木北高校ECO-P活動報告11】

兵庫県立三木北高等学校

9月27日(月)

第2回三木北なかよしエコきょうしつの開催が決まりました。

第2回のエコきょうしつは「秋の遠足」、三木北ならではのエコツアーを実行します。

米粉ピザで使ったお米「山田錦」がどんな稲・田んぼなのか、実際に見に行きます!

そして、畑や牧場の体験をします。


日 時:10月11日(月・祝)9時~14時

集合(解散も):三木北高校

行き先:西山牧場 兵庫県三木市吉川町豊岡427

対 象:大人1名と子ども1名(~2名)のペア

おじいちゃん・おばあちゃん・おとうさん・おかあさんの誰かと、おこさんのひと組 で申し込み。

内 容:

(1)はっけん!山田錦のひみつ

第1回エコきょうしつで食材に使った米粉の「山田錦」ってどんなお米??

山田錦の田んぼに行って稲刈りを見学しながら、見て、さわって、山田錦の特徴を学びます。


(2)畑たいけん!いもほり

畑のしごとを体験しよう!ということで、いもほり体験をします。

(3)牧場たいけん

牛のちちしぼりにチャレンジ!!牧場のミルクで作った特製アイスクリームも試食します。

(4)牛乳パックでクッキング!?

使い終わった牛乳パックであっとおどろくエコクッキング!「カートンドッグ」ってご存じですか?

おいしいホットドッグを作ります。

(5)ふしぎな滝とドングリひろい

自然の不思議、一枚の岩でできた滝「黒滝」を見学して、ドングリひろいをします。


詳しい内容・申し込み方法はチラシをごらんください。 三木北なかよしエコ教室2.doc


2010_09250021.JPG

アイスもおいしいし、楽しい企画もたくさん用意していますので、

若武者・アシスタントのみなさんも、もしよかったらゲスト参加なさいませんか?

コメント (2)

ECO-Pの皆さん、こんにちは!皆さんの活動に驚きです!活動先の選定とか交渉とか、多岐に亘って実践している事に感動します。(私に出来るかと考えると・・・)今回の活動は外に出ての活動なのと、移動は何でするのか募集のチラシに書いていなかったのですが、安全面には十分注意してください。あと、参加のお誘いを受けてるようですが、残念ながら仕事が入っているので参加できません。非常に残念ですが、あともう一回開催する予定みたいなので都合があれば参加したいと思います。

楽しそうなプログラムになっていますね!
参加できないのが残念ですが、実施の様子のレポートを
楽しみにしていますね。

【三木北高校ECO-P活動報告10】

兵庫県立三木北高等学校

9月25日(土)

第2回 「三木北なかよしエコきょうしつ」の候補地をさがして、三木市吉川町豊岡にある「西山牧場」に交渉に行きました。西山さんは一家で牧場を経営し、農業体験の方の受け入れもしておられます。
「エコきょうしつ」のことを説明すると、快く協力してくださることになりました。
西山さん、ありがとうございます。
ただし、ご都合のよい日が限られるので、第2回の開催日を10/11(月)に早めることになりました。
週明けからまた大忙しです!

西山牧場は山々に囲まれた静かな所で、牛たちが並ぶ姿は、若武者塾の合宿の時に行った近藤畜産を思い出させてくれました。牧場の周りは一面の田んぼですが、それがみな地元三木特産の「山田錦」だと聞いて驚きました。

さらに西山牧場には「アイスクリーム工房」があって、牧場の絞りたてのミルクでできたいろいろな種類のアイスクリームがありました。僕もそこで1つアイスクリームを食べてみました。他のアイスとは全く違う食感で、とてもおいしかったです!

「エコきょうしつ」までに、子どもたちが楽しめるプログラムを考えて成功させたいと思います。


三木にいながら、今までこんないいところがあったなんて今回調べてはじめて知りました。
みなさんにも、ぜひ、西山牧場に行ってみてほしいです!

2010_09250001.JPG 2010_09250008.JPG 2010_09250009.JPG

(前ちゃん)

コメント (1)

西山牧場さん、素敵なところですね。
子供たちと農業体験 次々企画が順調で、楽しみです。
西山牧場さんにも、アサヒビールから出ている、モルトフィードを牛さんの餌に 取り入れていただけるといいなと思います。
第2回 エコ教室の成功を応援しています。(用事があって、行けなくて残念です。)

実験枠を用いて復元シュミレーションを行いました。
9月22日(水)に1回目の復元シュミレーションを行ったのですが・・・・
23日(木)の大雨で、一部土壌が陥没又は土壌の流出がおこりました。
24日(金)に原因の調査を行いました。
その結果、土嚢と土嚢の隙間の土を十分に押し込めていなかったこと、
シバ張りつけ前の土壌面の転圧が不十分であったことが判明しました。
本日再度復元シュミレーションをやり直しました。

R0027301.JPG IMG_7334.JPG

研究班一同

コメント (1)

やはり一筋縄ではいきませんね。
改善・改善・改善です。
一歩一歩進んでいきましょう!

毎日新聞社の「毎日JP」に若武者育成塾が紹介されました!

毎日JP環境ニュース

                      アサヒビール 高橋

ザリガニの調理

大阪府立園芸高等学校

池から駆除したザリガニを食用にすると宣言してから約一カ月、その間の泥抜きを経てザリガニを料理し試食しました。塩ゆで、味噌汁、天ぷら、フライを試してみました。

<詳細はPDFをご参照ください>

ザリガニの調理.pdf

コメント (4)

ついに、チャレンジしましたか!
素晴らしいですね!

ちょっとインターネットで検索したら、
ザリガニを食べる動き、意外にも日本各地にあるようですね。

スウェーデン、フランス、アメリカのニューオーリンズなど
ザリガニが定番の地域のレシピも試してみると
面白いかもしれませんね。

まさに実学。素晴らしいですね!個人的には素材の味を引き出す塩ゆでに挑戦した点が興味深かったです。

 大阪府立園芸高等学校の皆さん、お疲れ様です。
体調不良者が出なくて何よりです。

 ザリガニを食べるという発想もなかなか面白いと思います。
塩ゆでと味噌汁の泥臭さは、例えば泥抜き期間を長くしてみるとか、泥抜き後アルコールに漬けてみるなど(これらはあくまで個人の発想に過ぎません)、処理方法を工夫するなどして改善できないものでしょうか?

そろそろザリガニの調理報告が掲載されるかな~と思っていましたが、色々チャレンジしましたね。フライが一番美味しかったですか。泥臭さを解消するとなると香辛料を多く使うブイヤベースなどは素材としていけるかもしれません。ザリガニの姿に抵抗がある場合はすり身にすればいいかもしれませんね。数日前に偶然見た番組で北海道のウチダザリガニを特集していました。アメリカザリガニより大きい外来種で、国の天然記念物であるマリモを餌として食べるため多くの被害が出ているそうです。北海道でも食用として試行錯誤しているそうです。番組では塩ゆでを紹介していました。引き続き発表に向け頑張ってください。

【三木北高校ECO-P活動報告9】

兵庫県立三木北高等学校

9月19日(日)

昨日の第1回 「三木北なかよしエコきょうしつ」の記事が今日の神戸新聞に掲載されました。

20100919kobe.JPG

昨日の報告:補足
1 調理で出た生ゴミは、堆肥ますに入れました。また土に戻します。 
2 食べ残しは全然出ませんでした。
  「おいしい」と好評で、食べきれなかった分(米粉を使っているのでけっこうボリュームがありました)も「持ち帰りたいので入れ物ありませんか??」と、皆さん持って帰られました。


連休明けに実施アンケートの集計分析を行い、今回の成果と課題・今後の展開についてミーティングを行う予定です。

・・・市内の山田錦の田んぼでは稲刈りが始まりました・・・

コメント (1)

ECO-Pの皆さん、第一の目標達成おめでとう!新聞にも取り上げられる位、良い活動が出来たのですね!素晴らしい!ここで質問です。目的は達成出来ましたか?参加者の評判は良さそうなのと楽しんで頂けたと思います(写真を見るとみんな良い顔しています)が、活動の目的、ECOとは?三木市の良い所など参加者に理解してもらえたか?アンケートの結果から分かればまた教えて下さい。

【三木北高校ECO-P活動報告8】

兵庫県立三木北高等学校

9月18日(土)

第1回 「三木北なかよしエコきょうしつ」を開催しました!

応募してくださった10人の参加者のみなさんと一緒に、米粉のピザとクレープを作りました。
生地の米粉はじめ、ナス・タマネギ・エリンギ・ピーマンなどの野菜、クレープに添える果物など、ほとんどが地元産食材、バジルは校内で栽培したものです。

10時 開会・料理開始
ピザ生地作り、クレープの生地作りから始めて、合間に野菜を切ったり、イチジクやブドウの皮をむいたり...けっこう忙しい作業が続きましたが、試作をしていたのでスムーズに進めることができました。

盛りつけやトッピングでは、それぞれ個性を発揮して、おいしそう...

11時半ごろ できあがり
「米粉のピザは食べごたえあって、おなかいっぱいになる」
なすやピーマンなどもおいしく食べられました。
今日のレシピも持って帰っていただきました。


ここで、参加してくださった方のアンケートの感想を一部紹介します。
「これからも、エコ活動をつづけて、みなさんに、エコの大切さを教えてください。また、このような機会があれば誘ってください」

最初のエコきょうしつは無事に終わることができました。
第2回のエコきょうしつは、10月末頃に、大自然の中で色々やる予定です。
詳しい内容が決まればまた報告します。

2010_09180225.JPG   2010_09180232.JPG   2010_09180259.JPG   2010_09180268.JPG

コメント (2)

子供たちの表情がとても楽しそうで、いいですね。
みんなが、いろんな人を巻き込んで活動していること、とてもすばらしいです。
地域の人たちのために頑張っていますね。
私も是非レシピが欲しいですよ。

大成功だったようで、おめでとうございます!

食べ残しが出ないのは何よりです。

今後も活動報告も楽しみにしております。

イチジク、いいですねー。

9月12日に兵庫・水辺ネットワークが主催した「ため池の生物多様性セミナー」に参加しました。
午前中は、稲美町のため池観察会でオニバス・ガガブタを観察しました。
午後は、生物多様性セミナーでいろいろな話を聞きました。小さいため池から保全したほうが、より多くの水草が保全出来ることがわかりました。ため池の生物多様性低下の原因は、人による管理がされなくなった・水質悪化・外来種が原因だそうです。
講演を聴き、自分たちのアクションプランをどのように進めていけばよいのか、また、多くの人に共感を持ってもらえる方法を考えるきっかけになりました。この体験を今後の調査や発表に生かしていきたいです。

IMGP5164.JPG   IMGP5171.JPG   IMGP5188.JPG

(りょう・ケン)

コメント (2)

外部の講演にでかけて、積極的に情報収集するのは素晴らしいですね!

ぜひアクションプランの進み具合も教えてくださいね。

「多くの人に共感を持ってもらえる方法を考える」、とても良い切り口&方向ですね。「共感」というのがキーワード(=キモ)だと思います。

若草山の芝地復元するにあたって、シュミレーションを行うために実験枠を制作しました。

今回は斜面の復元なので、土壌が流失した部分をどう埋めるのかがポイントです。

実験枠は、土壌が流失した場所を想定して作っています。
枠は2枠あって、一枠はWeb等流失を抑える機能や麻袋の土嚢を組み合わせて土壌が流失しにくくなる工夫等を付加させた今回の復元法で行い、もう一方は通常の土壌を入れて成型した試験区になります。
最終的には降雨テストを行い、今回の復元効果をシュミレートします。

復元開始まで、残り1ヶ月やることは多々あります。
頑張ります!

R0027109.JPG R0027113.JPG


研究班一同!

コメント (1)

実験枠作成からシュミレーション開始と大忙しいですね。復元開始まで、残り1ヶ月やることは多々あるということですが、体調には十二分に気をつけてくださいね。
夢中になると時間を忘れがちですが、ふと立ち止まってみることも大切ですよ。

11日に塾の先生方に研究内容のプレゼンとポスター展示を見ていただきました。

プレゼンは近畿大会に行ったメンバーで行い、2年生からも1人だけですが出ました。ポスター展示では、文化祭で展示したポスターとストックホルムで使用した英語で書かれているポスターを用い、9時30分からは私たち研究班についての資料も配りました。蒸し暑い日でしたが、 "頑張れ"と言っていただいたので暑さに負けることもなく頑張ることができました。

発表後、今までの専門学科にもっていたイメージが変わったなど好感触でした!(yabuta)

R0026987.JPG


いよいよ来月、奈良県若草山の芝地復元を行います!

復元に向けての準備として、芝マットの管理を行いました。ノシバは徐々に大人の状態へと変化してきています。幼い状態の単子葉の芝と比べて、葉の緑色が濃くなり葉の幅も太くなり、成熟してきているのが一目で分かります。

まず芝カットをしました。伸びてきた芝を適度な長さに切りそろえていきます。この作業により芝がさらに分枝していき、丈夫で良質な芝マットになっていきます。1週間に1度のペースで芝をカットしていきます。

また、大人の状態になった芝マットをハウスの外に搬出しました。外の気候に慣らしていくためです。

昨年よりも生育が順調なので、これからが楽しみです。来月の復元がうまくいくように、管理を続けていきます!

(omaru)

R0027005.JPG

コメント (1)

いよいよ具体的になってきましたね。生育も順調ということなので、期待が膨らみます。

【見えてきた問題】

兵庫県立三木北高等学校

前にブログで書いた「思いもかけない問題」について、わかったこと、そこから考えたことをまとめます。

★地元なのに手に入らない地元の米(粉)★
兵庫県三木市は酒米「山田錦」の一大産地です。
ここから兵庫県だけでなく、全国の酒蔵に向けて山田錦は出荷されていきます。
里山から続く水田地帯が、三木市の豊かな生態系を形づくってきました。
しかし、日本酒の需要減少に伴い、作付け面積も減りつつあります。

山田錦はタンパク質が多く、普通の米粉よりもパンやうどん、パスタなどに向いているそうです。
そこで、エコスクール第1回では、とっつきやすい「料理」を通じて地元の作物の良さを再発見してもらおうというねらいで、山田錦米粉を使ったクッキングを、特に三木市の新興住宅地の方を対象にやってみようとしました。

しかし・・・!今回活動してみてはじめてわかったのですが、三木市民にとって山田錦は地元なのに全然入手できない「遠い米」だったのです。
最初、軽い気持ちで学校近くの農協をたずね、入手方法を相談してみました。
しかし、山田錦はすべて酒蔵との「契約栽培」で、その米粉ですら農協の直売所にもほとんど出回らないとのこと。農協の方は親切で、いろいろ調べたり問い合わせたりしてくださったのですが、やはり全くダメでした。この農協の系列で、近隣の市に「米粉パン」の製造販売所もあるのですが、そこの原料もあらかじめ契約して栽培してもらった分しかないそうなのです。
つまり、生産農家以外の地元住民にとっては、山田錦は親近感も持てない「遠い米」だったのです。

結局、今回山田錦米粉をどうやって入手したかというと、県外のアレルギー対応の食品を扱う業者が契約して兵庫県内で生産してしている山田錦の米粉を、地元なのに県外業者から購入する、というものすごくまわりくどくモヤモヤするような方法になってしまいました。

最近、三木市では「米粉パン」を給食に取り入れるなども試みもしているのですが、もっと地元の人が自由に工夫して料理が楽しめるように、まず、地元で普通の人が地元食材を手に入れられる状況をつくっていかなければならないのではないかと思いました。
そのためには、地元の(特に新興住宅地の)人の関心や需要をもっと伸ばしていく必要があります。

今回のECO-Pの試みも、そういう意味では自分たちがはじめに考えていた以上に、価値をもつことなのかな、と感じています。
生物多様性のために水田を守る、そのために・・・ものすごく遠い道ですが、わずかでも、そういうことをみんなが考えはじめてくれるきっかけになればと思います。

今回のエコスクールでは、配布資料に、レシピだけでなくこんなことも紹介してみようと思っています。

PIC_0224.JPG

コメント (1)

ECO-Pの皆さん、お疲れちゃん!問題というのはそういう事だったんですね。てっきり料理が出来ないって事かと思いました。すまんすまん。しかし、活動をしてとてもいい事に気付けて良かったですね。三木市の皆さんにとってとても身近な存在の山田錦の米が三木市の人の手に入らない事。とてもいい活動が出来ていますね。あと、農協の方々にも感謝ですね!色々と対応してもらって。農協の人もECO-Pの活動に気付いて何かアクションを取ってもらえると良いですね。巻き込むのもいいことかもしれませんよ!

日高活動報告4

和歌山県立日高高等学校

こんにちは。

ササユリの培養で有名なバイオセンター中津へ行って、

シランの培養方法を教わってきました。

写真は無菌培養の様子です。

こちらでもシランを無菌播種、無菌培養で育てたことがあり

その苗も見せてもらいました。

この装置をまねて、日高高校でもやってみます。

大きくなるまでに2年くらいかかるかもしれません。

でも、まず、蒔かない種は出ませんから

もう少し涼しくなったら種を植えようと思います。

新庄公園の木村さんに、種をたくさん分けてもらいました。

無菌播種と、ピート板蒔き、土に蒔くのも試してみます。

バイオセンター中津.JPG

コメント (2)

日高高校のアシスタントをしています木村です。
TV出演おめでとうございます。
私は、皆さんの雄姿をしっかり、録画して見ました。
3人ともしっかり、活動の様子を伝えることができていて、良かったです。とういか、かっこよかった!
また、新庄公園の担当の方も 「木村さん」 とのことで、驚きました。木村さんつながりで、私もお会いできたらと思います。
いよいよ活動が本格化してきて、シランの花が咲く日がとても楽しみです。頑張ってください。

日高高校の皆さんが出演された番組の録画を拝見しました。合宿の時と比べて、司会者の質問に自信を持ってしっかりと受け答えしている姿が印象的でした。それと若武者Tシャツがとても似合っていましたね♪発表に向けて頑張ってください。

日高高校活動報告3

和歌山県立日高高等学校

こんにちは

テレビ和歌山へ出演してきました。

「若武者塾」の黒いTシャツ、着ていきました。

フォルテワジマという公開スタジオで、生放送です!!

緊張しましたけど、「シランなんて知らんていわせませんでー」という

進行の和歌山在住の漫画家「まえおかてつや」さんとアシスタント山本愛子さんと

18:30から8分間、それと番組のエンディングにもでました。

「まちnakaサテライト フォルテコーナー」という番組で

若武者塾の研修内容の紹介や、環境問題への思いを語って来ました。

また後日、感想も紹介します。

テレビ和歌山スタジオ.JPG テレビ和歌山フリップ.JPG

コメント (2)

すごいやん!テレビに出演!若武者メンバーはラジオにテレビに出演してうらやましいです=}内容見てみたいです!撮っていたら是非紹介して!みんなに良い刺激になると思います。語った思い忘れず活動頑張って!

日高高校の皆さんこんにちは!
実はチームアシスタントの木村さんから録画映像を送っていただき、私たちの事務所でも拝見させていただきました!
(鵜飼さん、一足お先にすみません…)

皆さんの発表の様子が本当に素晴らしく、また帰ってから早速調査活動などをはじめていることを知り、スタッフ一同、とても感動しました!!

アクションプランの最終日から、また一段と発表が上手になっていましたね。きっと、いろいろな努力が自信につながっていることと思います。

これからの活躍にも期待しています!

日高高校活動報告2

和歌山県立日高高等学校

こんにちは

シランの自生地、見てきました。

道路沿いのフェンスの中です。

近くにはキキョウやキスゲの花もあります。

附近の道路沿いはきれいに草刈りされています。

絶滅危惧種というのは

深山幽谷にあるものばかりではなく、

私たちの身近な所で、

生活が変化したので草刈り等がされなくなって

無くなってしまった場合も多いそうです。

シランは、かつては私たちの身近で、

里山の手入れとともに生きていた植物です。

この自生地の近くから、南方熊楠ゆかりの神島が見えます。

自生地.JPG

日高活動報告1

和歌山県立日高高等学校

こんにちは

若武者塾直後に、

田辺市の新庄公園で花の栽培をしている

NPOはなつぼみ会へメールで問い合わせまました。

そこで、実際にシランを増やしているという方を紹介してもらいました。

新庄公園の管理をされている木村さんです。

そこで、8月22日(日)9時から、新庄公園を案内して頂きました。

新庄公園は自然の地形を活かした公園で

昔からの山をそのまま残しているところがあります。

木村さんは、ここに、もともと生えているシランや、

造成される直前に植え替えたものなどを

公園内で育てておられます。

比較的簡単に育てられるということで、

私たちもできそうな気がしてきました。

とっても暑い中を、いろんな場所へ連れて行って

説明をしてくださった木村さんに感謝します。


新庄公園.JPG

夏休み最後の調査

兵庫県立農業高等学校

夏休み最後の調査で以前から調査を行っているため池を訪れました。
そのため池は自然豊かな環境の中にあり、多くの水生植物が生育するため池です。
しかし、2年前に外来水生植物の、エフクレタヌキモ、アマゾントチカガミ、オオフサモが投げ込まれてから、在来水生植物の生育を圧迫しています。
駆除活動を行っていますが、なかなか全てを取り除くことは出来ません。
今年も3種ともに繁殖を確認しました。
今回はトラブルがあり駆除作業を中止しましたが、今後も繁殖状況を把握し、駆除活動を継続していきたいと思っています。

IMGP5071.JPG

生物部一同

コメント (2)

兵庫県立農業高校の皆様、お久しぶりです!
調査活動も進んでいるようですね。トラブルがあったとのことですが、怪我等ではないですよね?安全には気をつけて活動を継続してください。

活動お疲れ様です。駆除活動が出来なくて残念ですね。けど活動は駆除だく、生態や環境調査等も必要と考えます。色んな手段でこれからも活動して下さい。

【三木北高校ECO-P活動報告7】 

兵庫県立三木北高等学校

9月8日(水)

「三木北なかよしエコきょうしつ」で作るピザとクレープの試作をしました。

普段料理などしない僕たちでしたが、みんなで試行錯誤したり3年生の先輩方が応援に駆けつけてくれた結果、
おいしいピザとクレープを作ることができました。

職員室で暇そうにしていた先生方にも試食してもらいましたが、中々好評でした。

これで、エコきょうしつを開催する当日は自信をもって子供たちに料理を教えられそうです。

DSCF2419.jpg DSCF2433.jpg DSCF2437.jpg

(by ユウくん )

コメント (2)

うわぁ、美味しそうですね!!!

皆の料理姿もステキです!

この調子で当日も頑張ってくださいね。

この前のブログの問題てのは、やはり料理の事かな?けど、良き先輩やみんなのやる気で乗り越えれそうですね!けど、忘れんといて!やる目的を!目的は何や?おいしいピザを作ることか?本来の目的をみんなで認識を合わせて活動してや!開催する事が目的じゃ無いよ!

研究班の2つの活動をパネルにして文化祭で発表しました。

今までの研究をわかりやすくまとめ、さらに新しい取り組みを加えての活動報告です。

今回の目玉は、来年桂高校に作る2つの屋上緑化システムです。

学校の未来を少しでも、先輩・後輩・同級生に知ってもらえたら!と思っています。

R0026864.JPG   R0026941.JPG

研究班一同

コメント (2)

立派なパネルですね!
お疲れ様でした。

来てくれた方の反応はいかがでしたか?
プロジェクトの内容、うまく伝わりましたか?

今後もがんばってくださいね!

ここまで大きなパネルを作成するのは大変でしたよね。
是非反応などを教えてください。
引き続き頑張っていこう!

【三木北高校ECO-P活動報告6】 

兵庫県立三木北高等学校

9月7日(火)

我らが部長、前ちゃんがラジオに出演!!

地元三木市のラジオ放送(FMみっきぃ)で、
「三木北なかよしエコきょうしつ」について前ちゃんが告知をしました。

途中、つまりながらも伝えたいことは言えました!

今回のラジオ放送を通じて
少しでも多くの人に「エコきょうしつ」について知ってもらえたらいいなぁと思います。

コメント (1)

すごい!大活躍ですね。
どんな内容だったのか聞きたかったです!

いろんな人に声が届いているといいですね。

【三木北高校ECO-P活動報告5】 

兵庫県立三木北高等学校

9月6日(月)

僕たちは毎月第1日曜に近隣住民の方々が主催している、神戸電鉄緑ヶ丘前清掃活動に参加協力しています。
昨日、9月4日(日)、朝の8時から9時前まで部員5人が参加し、僕たち三木北高校のMIKIKITAキャップを被って掃除しました。 
タバコの吸殻などの小さなごみから、空き缶やペットボトルなどの大きなごみなど、いろんな種類のごみが捨てられていました。できるだけごみが減ってほしいです。
これからも積極的に参加して、地域の方との絆を深めていきたいです。 


学校あてに「エコきょうしつ」の参加申込書が届き始めました。
8日・9日には放課後に料理を試作する予定です。

しかし、ここへきて思いもかけない問題が・・・!!
無事、解決するかどうか、次回の報告までしばらくお待ちください。

三木北高校ECO-P一同

8/17(火)、私たちと共に活動しているグループの先輩が
地域の酪農家に光触媒再生紙チップを届けました。

農家の方は喜んでくれました。

実用試験を繰り返していき、農家の役に立ちたいです。

IMG_6436.jpg

赤池佑介

コメント (2)

富岳館高校のみなさん、光触媒再生紙チップの開発進んでいるみたいですね!素晴らしいです!三木北高校のファシリテーター役の鵜飼です。合宿中の発表会で意見を言わせて頂きました。実用試験では色んな方からアドバイスをしてもらったと思います。その意見を参考にして試験頑張ってくださいね!

富岳館高校の皆さんこんにちは。ANAの小田です。夏休みは終わりましたが、
皆さん元気にしていますか。番長、体調は大丈夫?
農家の方々からどんなご意見が返ってくるか、楽しみですね。
先輩の研究内容も参考に、一歩一歩着実に進めていきましょう。
新しい素材からのDNA抽出状況についてもまた教えてください。

ザリガニ料理

事務局

日本テレビで放送している「ぶらり途中下車の旅」という番組で、
成田スカイアクセス(京成成田空港線)の放送を見ていたら、
印旛沼地域ではアメリカザリガニを普段から食べているということで
びっくりしました。園芸高等学校の皆さん参考にしてみてください!

↓以下番組のホームページより (写真は、2010年8月14日放送分のページを参照ください。)

再び印旛沼をぶらぶらしていると店先に「ザリガニあります」の札が。
伺ってみると食用のザリガニを売っているとのこと。
近くのうなぎ屋でザリガニ料理が食べられると聞きザリガニ料理を体験。果たしてお味は?


印旛沼地域では古くから、夏にザリガニを食べる習慣があります。
川魚の佃煮を製造・販売している高橋水産では、生きたザリガニを茨城県の養殖所から入荷し販売しています。
ザリガニは入荷したその日のうちに完売する程の人気ぶり。
うなぎ屋のかどかわでは、お皿にてんこ盛りの塩ゆでしたザリガニを食べることができます。
食べ方は皮をむいて身を食べる。おつまみに最適な夏の名物です。

アサヒビール 高橋 (高橋水産とは関係ありません)

コメント (1)

高橋さん、こんにちは。
若武者育成塾二期の山内です。
野生のザリガニは寄生虫が多いため、食用には余り向いていないと言う話をよく聞きますが、寄生虫は加熱処理によって死滅するのでしょうか?
福島県内には、ブラックバスを駆除後に食べる催しが開かれている所もあり、確かに食べてしまうという方法は駆除後の利用法として有効かもしれませんね。(セイタカアワダチソウは食べられませんでしたが…)

【三木北高校ECO-P活動報告4】 

兵庫県立三木北高等学校

9月1日(水)

第1回「三木北なかよしエコきょうしつ」開催決定!
今日から募集を開始します。

★三木北高校ECO-Pはこの秋、3回にわたって、ちびっこのための土曜エコ教室を開催します。
対象は、おじいちゃんかおばあちゃんとお孫さん(4歳~小2)のペア。
お料理したり、工作したり、楽しみながら三木の自然や環境について学んでいきます。
1回めは「三木のおいし~いエコ おりょうりきょうしつ」です。

日時:9月18日(土)10時~12時

場所:兵庫県立三木北高等学校

      http://www.hyogo-c.ed.jp/~mikikita-hs/

内容:「三木のおいし~いエコ こめっこ おりょうりきょうしつ」

三木でとれた米粉や地元の野菜や果物を使って、ピザやクレープを作ります。

地元でとれたものを残さずおいしく食べることは、エコの基本です。


参加費:無料

募集人数:ペア15組30名

→大人1名(おじいちゃんかおばあちゃん)と子ども1名(4歳~小2)のペア

※必ず2名のペアでお願いします(3名以上の人数は不可)。

※お父さんかお母さんとお子さんのペアも受け付けます。

※多数の場合、抽選を行います。  


申込受付期間:2010年9月1日(水)~9日(木)

抽選結果発表:2010年9月10日(金) 連絡先あてにFAXかメールで結果をお知らせします。

申込方法:チラシ(申込書)に必要事項を記入してFAXかメール添付で申し込み。

      チラシ(申込書)は三木北高校のホームページからダウンロードできます。

三木北高校のHPにチラシをアップしてもらっています。


どうぞご覧ください。

2010_08220020.JPG

※チラシはこちらからもダウンロードできます。↓
三木北なかよしエコ教室.doc

(by 前ちゃん )


コメント (6)

米粉のクレープ!食べたいです!!
ご近所だったら、味見しに行けたのに(笑)

おじいちゃんやおばあちゃんと一緒なのも楽しそうですね。

活動結果をお聞きできるのを楽しみにしてます♪

すばらしいです!!積極的な活動!ところで」レシピ等は誰が考えてるのかな?残さず食べるのを教えるのはとても良いことです!使った食材のクズも堆肥等にできたらもっとECOになると思いますが計画してるかな?応募者の結果が出たらまた教えてください!

コメントありがとうございます。
僕たちは今、参加者を募るためのチラシ配りの最中です!

このコメントを書き終わり次第、今日は二箇所ほど行ってチラシを配ります。ではー

鵜飼さん、ヒントありがとうございます!
三木北高校ECO-Pは、文化祭ででた食品模擬店の容器(植物繊維容器)や食材のクズは校内で堆肥化して、その土でまた次の年の文化祭の模擬店の食材となる野菜を育てる、という取り組みをもう5年続けています。
でも、それを今回のことには全然つなげてませんでした!
今もその土でハーブが育っているので、それを今回の食材に加えることにして、来てくれた方々にしくみを紹介することにします!
他にもヒントやアイディアがありましたら、皆さんもどんどん教えてください。

ECO-Pの皆さん!暑い中チラシ配り、お疲れ様です!こちら名古屋では35度を超える猛暑日が続いています。三木市はどないですか?熱中症にはくれぐれも注意して活動してくださいね!

こちらも暑いです(汗)。
熱中症で倒れてしまってはエコきょうしつも実施できないので気をつけたいと思います。

カテゴリー

最近のエントリー

2010年09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  • アサヒの環境保全活動
  • 高校生環境研修 日本の環境を守る 若武者育成塾


すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。