アサヒビール トップ > 商品情報 > 焼酎 > 本格芋焼酎 さつま司 

磨かれた、芋のうまさ。本格芋焼酎さつま司 蔵独自の技が生んだ「芋磨き上げ製法」芋全量 鹿児島県産 黄金千貫使用

こだわりのラインアップ

白麹、黒麹、黄麹。麹の違いから生まれる、異なるうまさ。

澄んだうまさが特長の白麹仕込み。コクと深い味わいが特長の黒麹仕込み。
華やかな香りが特長の黄麹仕込み。そして、芋焼酎の香りと旨みがそのまま込められた原酒。
「さつま司」では、麹の違う芋焼酎をラインアップ。それぞれに異なるうまさを、
ぜひ、味わってください。

本格芋焼酎さつま司(白麹仕込み)

磨かれた、芋のうまさ。2015年8月リニューアル

本格芋焼酎さつま司(白麹仕込み)
「芋磨き上げ製法」

「芋磨き上げ製法」は、さつま司酒造こだわりの原酒をベースに、蒸溜を重ねることで雑味を取り除いた「芋磨き上げ原酒」を絶妙に調和させた蔵独自の技術。この製法により芋が本来持っている澄んだうまさが際立ちます。

ふくよかな香り、すっきりとした後味

芋本来のふくよかな香りとうまさがありながらも、すっきりとした後味。原料は、鹿児島県産「黄金千貫」を全量使用。
「芋磨き上げ製法」とこだわりの「炭濾過仕上げ」により雑味をなくし、芋本来のうまさに磨きをかけました。

芋全量 鹿児島県産 黄金千貫使用 【原材料】さつまいも、米麹(国産米)【アルコール分】25度
商品ラインアップはこちら

芳醇で、奥深い、黒麹仕込み。

本格芋焼酎 さつま司 黒麹仕込み

芋焼酎独特の香り、黒麹ならではのコクと深い味わいが特長。
「常圧蒸溜焼酎」を主体に、通常よりもゆっくり蒸溜したもうひとつの「常圧蒸溜焼酎」を絶妙に調和。さらに蒸溜後の冷却処理を行うことで、雑味を取り除き、黒麹仕込み特有のコクを残しています。

芋全量 鹿児島県産 黄金千貫使用 【原材料】さつまいも、米麹(国産米)【アルコール分】25度
商品ラインアップはこちら

味わい、華やかな黄麹仕込み。

本格芋焼酎 さつま司 黄麹仕込み

フルーティな香りとさつまいもの甘みが際立つまろやかな味わい。惜しまぬ手間と高い技術が不可欠な黄麹仕込みと、蒸溜の最中に蒸溜器内の圧力を変化させる「可変蒸溜法」により華やかでまろやかな味わいを実現しました。

※「可変蒸溜法」とは、蒸溜中に蒸溜釜内の圧力を調整しながら行う蒸溜法。減圧蒸溜のフルーティでライトな味わいと、常圧蒸溜のしっかりした味わいを両立させることができます。

芋全量 鹿児島県産 黄金千貫使用 【原材料】さつまいも、米麹(国産米)【アルコール分】25度
商品ラインアップはこちら

とろりと注がれる、「さつま司」のみなもと。

本格芋焼酎さつま司 黒壷(原酒)

アルコール分36度の「原酒」には、芋焼酎の香りと旨みがそのまま込められています。白麹で仕込んだ芋由来の上質でふくよかな香りと、舌の上を“とろり”ところがるまろやかさ。その口当たりの良さが、芳醇な余韻をゆっくりと愉しませてくれます。上質なひとときを華やかに彩ります。

芋全量 鹿児島県産 黄金千貫使用 【原材料】さつまいも、米麹(国産米)【アルコール分】36度
商品ラインアップはこちら

おすすめの飲み方

ロック:芋本来の味わい、香りを愉しめる。
水割り:お好みの味わいで愉しめる。(オススメ 焼酎6:水4)
お湯割り:芋の香りをよりふくよかに。(お湯が先 焼酎が後)
ハイボール:ふわりと香る、すっきりと飲める、新定番。(白麹がオススメ)
前割り:じっくり寝かせて、まろやかさアップ。(鹿児島生まれの酒器「黒千代香(くろぢょか)」で愉しもう!) 愉しみ方 「さつま司」6:水4で割り、3日〜1周間以上寝かせます。あとはお燗にして愉しむだけ。このひと手間で、味わいがぐっとまろやかになります。

「さつま司」と愉しむ料理レシピ

塩麹マリネの蒸し鶏(肉)柚子風味 塩麹を使ってふっくら仕上げたジューシーな蒸し鶏 レシピはこちら
鶏手羽と長ネギのピリ辛煮込み(肉)ピリ辛の煮汁が染み込んだ鶏肉と長ネギは、お酒にはもちろんのこと、ごはんにもぴったりの一品です。 レシピはこちら
鯖の味噌煮缶でおろし煮(魚)骨ごと食べられるカルシウムたっぷりの鯖缶を使ったお手軽煮物 レシピはこちら
カブと塩昆布のさっぱり和え(野菜)塩昆布と柑橘で、手軽にうまい!冬のおつまみ レシピはこちら

ズバうま!おつまみレシピ 焼酎に合うさまざまなレシピをご紹介しています。

「焼酎に合うおつまみレシピ」はこちら
「さつま司」に込めた想い

鹿児島の「司」として歴史を刻んだ地・加治木が生んだ、本格芋焼酎『さつま司』。

『さつま司』── その名前の由来は、生まれ故郷・加治木の歴史にあります。
鹿児島県のほぼ中央に位置する加治木は、地理的に古くから薩摩・大隅の要衝とされ、戦国時代には薩摩のアジア貿易の拠点となり、江戸時代には薩摩・島津本家に所縁の深い城下町として栄えました。

「司」とは「役所、官吏、治める人」という意味を持ちます。鹿児島の「司」という役目を担った地・加治木の酒、それが本格芋焼酎『さつま司』なのです。

「さつま司」杜氏 遠山毅

「さつま司」では、鹿児島伝統の製法を大切に守りながらも、つねに技術革新を行い、お客様のニーズにお応えする「うまい」芋焼酎をお届けできるよう努力しています。私たちがつくる本格芋焼酎「さつま司」、ぜひ味わってください。「さつま司」杜氏 遠山毅

龍門司坂(たつもんじざか) 龍門滝(りゅうもんだき)
加治木町
「さつま司」を生んだ、70年以上の歴史を持つ焼酎の造り手、「さつま司酒造」。

昭和11年(1936年)、「姶伊(あいい)酒造」として創業。
昭和43年、さつま司酒造となり、現在に至ります。
焼酎づくりひとすじ、70年以上の歴史を持つ焼酎の造り手です。
さつま司酒造が位置する加治木町内唯一の焼酎メーカーとして、「さつま司」ブランドや、観光名所として“日本の滝百選”にも選ばれている「龍門滝」を名に冠するブランドを展開しています。

平成27年熊本国税局酒類鑑評会 本格しょうちゅう部門 優等賞受賞 黒麹仕込み本格芋焼酎 龍門滝(りゅうもんだき)
紫が秘めた「こく」。希少紫芋「暁紫(アケムラサキ)」使用※ 本格芋焼酎薩摩こく紫(こくむらさき)
※原料の一部に使用。

[焼酎飲み方研究所] ひと工夫で、焼酎はもっとおいしくなる!つい話したくなる飲み方満載!

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。