アサヒビール トップ > 商品情報 > 焼酎 > 本格芋焼酎 さつま司 
当サイトのページをご覧いただくためには最新版のAdobe Flash Playerのプラグインが必要です。
プラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。 また、当サイトでは、JavaScriptを使用しています。ご覧になる際には、ブラウザ設定でJavaScriptを有効にしてください。

芋のうまさが、澄みわたる 本格芋焼酎 さつま司(つかさ) 鹿児島県産黄金千貫使用

芋のうまさが、澄みわたる。
本格芋焼酎「さつま司」

■ 商品情報

“薩摩の伝統が息づく芋焼酎を、もっと気軽に愉しんでいただきたい。”そんな想いから生まれたのが、本格芋焼酎「さつま司」。
原料のさつまいもには、すべて鹿児島県の契約農家が育てた「黄金千貫」、米麹には、国産米のみを使用。「白麹仕込み」、「黒麹仕込み」、「黄麹仕込み」、いずれも芋ならではの味わいと澄みわたるうまさを愉しめます。
仲間とのくつろぎの時間、その傍らには、「さつま司があります。」
[写真] さつま司 白麹仕込み

心地よい香りと軽快な味わい [白麹仕込み]

芋らしいふくよかさとともにある、心地よい香りと軽快な味わいが特徴。「減圧蒸溜焼酎」と「常圧蒸溜焼酎」(※)を絶妙に調和させ、芋由来の香りを引き出しています。さらに「炭濾過」により、雑味のない旨さを実現しました。
※蒸溜器内の圧力を下げて蒸溜を行う「減圧蒸溜焼酎」は、飲みやすくソフトな焼酎を生み出します。一方、通常の大気圧で蒸溜を行う伝統的な「常圧蒸溜焼酎」は、素材の旨みが生きたコクのある焼酎を生み出します。
■原材料/さつまいも、米麹 ■アルコール分/25度
[ラインアップ] ・1800mlびん ・720mlびん ・500mlびん ・300mlびん
オープン価格
[写真] さつま司 黒麹仕込み

深いコクと芳醇な味わい [黒麹仕込み] 

芋焼酎独特の香りと黒麹ならではのコクと深い味わいが特徴。「常圧蒸溜焼酎」を主体に、通常よりもゆっくり蒸溜したもうひとつの「常圧蒸溜焼酎」を絶妙に調和。さらに蒸溜後の冷却処理を行うことで、雑味成分を取り除き、黒麹仕込み特有のコクを残しています。
■原材料/さつまいも、米麹 ■アルコール分/25度
[ラインアップ] ・1800mlびん ・720mlびん ・500mlびん ・300mlびん
オープン価格
[写真] さつま司 黄麹仕込み

華やかな香りとまろやかな味わい [黄麹仕込み]

華やかでフルーティな香りとさつまいもの甘味が際立つまろやかな味わいが特徴。惜しまぬ手間と高い技術が不可欠な黄麹仕込みと、蒸溜の最中に蒸溜器内の圧力を変化させる「可変蒸溜法」(※)によりクセを抑えたまろやかな味わいを実現しました。
※蒸溜中に、蒸溜釜内の圧力を調節しながら行う蒸溜法。減圧蒸溜のフルーティでライトな味わいと、常圧蒸溜のしっかりした味わいを両立させることができる。
■原材料/さつまいも、米麹 ■アルコール分/25度
[ラインアップ] ・1800mlびん ・720mlびん
オープン価格
[写真] さつま司 原酒

「さつま司」の“みなもと” ―「原酒」

「原酒」とは、蒸溜した焼酎に一滴の水も加えていないもの。深み、コク、飲みごたえ。アルコール分36度の「原酒」には、芋焼酎の香りと旨みがそのまま込められています。ふくよかな香りと、舌の上を“とろり”ところがるまろやかさ。その口当たりの良さが、芳醇な余韻を愉しませてくれます。
■原材料/さつまいも、米麹 ■アルコール分/36度
[ラインアップ] ・720ml黒壷
オープン価格

本格芋焼酎さつま司 麹の話:麹の違いが香味を変える

焼酎づくりにおいて麹の役目は極めて重要。使われる麹は主に「白麹」「黒麹」「黄麹」です。どの麹を使うかで焼酎の香りや味わいは大きく変わります。

[白麹]

柔らかさを感じさせるふくよかな味わいの焼酎を生み出します。「黒麹」の変異株といわれ、南九州の温暖な気候に適しているため芋焼酎づくりに広く使われています。

[黒麹]

沖縄から九州に伝わり、古くから焼酎づくりに使用されている麹。温暖な気候に強く、黒麹仕込みの焼酎は、コクのある深い味わいに仕上がるのが特徴です。

[黄麹]

日本酒づくりに用いられる麹。温暖な気候では取り扱いが難しく、焼酎を仕込むには高度な技術と手間を要しますが、さつまいも本来の甘味や旨みが引き立つ淡麗な焼酎をつくりだします。

本格芋焼酎さつま司 ラベルの話

さつま司 ラベル

[名前のひみつ]

名前の由来は、さつま司酒造のある加治木町の歴史にあり。鹿児島県のほぼ中央に位置する加治木は、古くから薩摩・大隅の要衝とされ、江戸時代には、薩摩・島津本家にゆかりの深い城下町として栄えた。「司」とは「役所、官吏、治める人」という意味。加治木は、まさに鹿児島の「司」という役目を担った地。そんな歴史が『さつま司』という名にこめられているのです。

[山のひみつ]

もくもくと噴煙を上げる山は、鹿児島のシンボルともいえる桜島。さつま司酒造のある加治木町は、錦江湾に面し、雄大な桜島が海に浮かぶ美しい光景を眺められます。

[ロゴのひみつ]

「司」の文字は、鹿児島の漁村に伝わる「薩摩型」と呼ばれる小型船が帆に風を受け、勢い良く船出する姿を表現。風を切って海を進む船の力強さと躍動感を感じさせる、デザインに仕上げました。

[波のひみつ]

外洋へと乗り出す、薩摩の骨太な精神性を「泡立つ波」で表現。歴史あるさつま司酒造も、波を掻き分けて未来へ進む心意気を待ち続けています。

■ うまさが広がる、話も弾む。飲み方・愉しみ方

ロック、水割り、お湯割り、ストレート……。さまざまな飲み方ができるのが、「さつま司」の魅力のひとつ。
仲間が集まったら、テーブルの真ん中に「さつま司」をドンと置いて、思い思いの飲み方で愉しみましょう。麹の違いごとに、また、料理や季節に合わせて。同じ焼酎でも飲み方を変えるだけで、驚くほど味わいが変わるもの。ちょっとしたコツを押さえて、味比べしてみませんか?
本格芋焼酎「さつま司」(白麹仕込み)ロックに最適  本格芋焼酎「さつま司」(黒麹仕込み)お湯割りに最適  本格芋焼酎「さつま司」(黄麹仕込み)水割りに最適  本格芋焼酎「さつま司」黒壷(原酒) ロックに最適

基本:1 ロックで愉しむ 時とともに変わりゆく味わいを愉しむ

焼酎の味わいや香りを愉しむためには、ロックがおすすめ。飲みはじめは「さつま司」本来の味わいを、氷が溶けていくにつれ、水と「さつま司」が溶け合ったまろやかな風味を堪能できます。ロックを美味しくするポイントは、「氷」にあります。大粒で固く透き通った氷は、なかなか溶けにくいため、じっくりと味の変化を味わうことができます。また、数個の氷を浮かべる程度にしてあまり冷やし過ぎない飲み方もあります。季節に合わせて氷の量を変える、というのもいいでしょう。

基本:2 水割りで愉しむ 焼酎6:水4がおすすめ

アルコール分を薄めながらも「さつま司」の味わいや香りを愉しめる飲み方が、「水割り」です。グラスへ注ぐ際は、“焼酎を先に注ぐ”のがポイント。焼酎より比重の重い水が下へと沈み、グラスのなかに対流が生まれ、焼酎と水が自然と混ざり合います。もちろん水は、雑味のないミネラルウォーター(軟水)がおすすめ。焼酎の風味を味わうためには、焼酎の量が多めの焼酎6:水4の割合がおすすめですが、濃いめが苦手な人は無理をせず、自分がおいしいと思う割合まで薄めて愉しみましょう。

基本:3 お湯割りで愉しむ まろやかな香りに酔いしれる

まろやかな味わいを愉しめる「お湯割り」。お湯で温められることで、「さつま司」ならではのふくよかな香りがさらに増し、味わいもまろやかに、飲みやすくなります。注ぐ順番は、“お湯が先、焼酎が後”が鉄則。先にお湯を注いでおくことで、グラスが温まり焼酎の味わいを引き立たせる効果がある上、冷たい焼酎が下に下がることで対流が生まれ、自然に焼酎とお湯がなじみます。焼酎とお湯の割合は、こちらも6:4がおすすめ。 お湯の温度は、85度くらいがいいでしょう。

基本:4 前割りで愉しむ ツウの飲み方「前割り」をマスターする

焼酎の本場・九州では、来客がある場合、その日にあわせて事前に焼酎を水で割って寝かせておくといいます。こうしておくと、水と焼酎がよくなじみ、味わいがよりまろやかになるのです。作り方は、6:4の割合で「さつま司」を水で割り、3日〜1週間以上寝かせます。水は、焼酎の味わいを邪魔しない雑味のないミネラルウォーターがおすすめ。また、この「前割り」した「さつま司」を燗にすれば、ふくよかな香りと味わいを愉しむことが。ぜひ、こちらもお試しください。

お店でも“前割り”を愉しもう。<ご飲食店様でも“前割り”をお客様に提供できます。>

平成20年4月30日より、『酒場、料理店等を営む方については、一定の要件の下に酒類の製造免許を受けることなく、その営業場において自家製梅酒等を提供することができる。』特別措置が設けられました。 以前は、お店で酒類に他の物品を混和することは、消費の直前(水割り、お湯割り、カクテル等)に限られていましたが、上記の措置により“前割り”も提供できるようになりました。

■ 薩摩の流儀を愉しもう 器のはなし

薩摩には、人と人をつなぐ酒器があります。

薩摩には、焼酎を愉しむための酒器がたくさんあります。それらは、焼酎をおいしく飲むためだけではなく、酒の席を盛り上げる役割も。これらの器を使って「さつま司」を味わえば、親しい仲間同士はもちろん、知らない人同士でもあっという間に打ち解け、愉しいひとときが過ごせることでしょう。
「燗酒」をたしなむための「黒千代香」。
宴会を盛り上げてくれる沖縄生まれの「カラカラ」。
テーブルに置けない猪口「ソラキュウ」。
薩摩の流儀を愉しむことで、よりおいしく「さつま司」をいただけるかもしれません。

■ さつま司と味わう 食[レシピ]

焼酎は、食事とともに愉しめる蒸溜酒。互いにうまさを引き立て合う、特選おつまみを紹介!

焼酎は、ウイスキーやウオッカなどと同じ「蒸溜酒」に分類されます。数ある蒸溜酒の中でも、特に焼酎は“食中酒”として食事とともに愉しむことができます。「さつま司」の雑味のないすっきりとした味わいは、どんな料理とも相性バツグン。ともに愉しめば、そのおいしさは2倍にも、3倍にも広がります。
今宵はどんな料理とともに「さつま司」を愉しみますか?

芋焼酎にあうレシピを検索しよう!

「今週のうまい。」では、季節を感じるおつまみレシピを毎週更新。
芋焼酎はもちろん、さまざまなお酒に合うおつまみも探してください。

■ 製造元のご紹介 さつま司酒造

70年以上の歴史を持つ焼酎の造り手。

昭和11年(1936年)、「姶伊(あいい)酒造」として創業。昭和43年、さつま司酒造となり現在に至る。焼酎づくりひとすじ、70年以上の歴史を持つ焼酎の造り手です。さつま司酒造が位置する加治木町内の唯一の焼酎メーカーとして、「さつま司」ブランドや、観光名所として“日本の滝百選”にも選ばれている「龍門滝」を名に冠するブランドを展開しています。

[焼酎飲み方研究所] ひと工夫で、焼酎はもっとおいしくなる!つい話したくなる飲み方満載!
すべては、お客さまの「うまい!」のために。

Copyright © ASAHI BREWERIES, LTD. All rights reserved.

[飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。][妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。][ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。] [お酒] [STOP !  未成年者飲酒]