• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年11月17日
アサヒビール株式会社

世界に誇る高品質な日本ワインづくりを“一緒に、いちから”体験!
「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター」募集開始
〜栽培家などスタッフと共にぶどう栽培やワインづくりを体験していただく企画。
2023年出荷予定のファーストヴィンテージをプレゼント〜

<2023年自社畑イメージ>

「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター」募集開始
高解像度画像

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、農業法人「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社」(本社 北海道、社長 西川浩一)を通じて、北海道余市郡余市町梅川町に取得した4haのぶどう畑「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード」において、日本ワイン用の高品質なぶどう栽培の農作業体験に参加していただく「サポーター」を30名、11月20日(月)から募集します。募集期間は2018年1月19日(金)までです。

 「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター制度」は、一般のお客様30名を募集し、苗木の植樹や、芽かき、剪定、収穫など季節に応じたぶどう栽培の農作業に参加していただく企画です。ぶどう栽培の高い技術を持つサントネージュワイン(株)の栽培家と共に、日本ワインづくりを“一緒に、いちから”体験することで、日本ワインの魅力をより深く知っていただきたいと考えています。
 アサヒビール(株)では「サポーター」の取り組みを継続的に情報発信することによって、日本ワインや「サントネージュ」ブランドの認知をさらに広げていくことを目指します。
最終的には「サポーター」が栽培に携わったぶどうがはじめてワインになる“ファーストヴィンテージ”(2023年発売予定)を、お一人様に1本(750ml瓶)プレゼントします。


 *詳細は募集概要をご参照ください。

【募集概要】

名称 サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター制度
募集人数 30名  
  •  *申込者多数の場合は抽選となります。
  •  *満20歳以上の方に限定しています。
ヴィンヤード場所
(ぶどう栽培の作業場所)
4haのぶどう畑「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード」(北海道余市郡余市町梅川町)
  •  *ヴィンヤードまでの交通費、また宿泊が必要な場合の宿泊代は参加されるお客様のご負担となります。
  •  *集合場所(余市駅予定)からヴィンヤードへの送迎はあります。
登録費用 お一人様あたり1,080円(消費税込み)
  •  *2023年にプレゼントするファーストヴィンテージ(750ml瓶・1本)の代金も含まれます。
申込方法 アサヒビールのホームページにある、申込みフォームからお申し込みください。
URL:
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/ste-neige/sainteneige/vineyardsupporters/
申込受付期間 2017年11月20日(月)〜2018年1月19日(金)
抽選結果のご連絡 受付期間終了後に抽選を行い、当選された場合、2月1日(木)〜2月9日(金)の期間中にメールにてご連絡させていただきます。
ぶどう栽培の活動
スケジュール
2018年5月:苗木の植樹
  •  *「ピノ・ノワール」「ピノ・グリ」「ケルナー」など本格的なヨーロッパ品種を約7,000本植樹する予定です。
2019年5月:芽かき
2020年5月:芽かき
2021年5月:芽かき、7月:夏季剪定、10月:ぶどう収穫
2022年5月:芽かき、7月:夏季剪定、10月:ぶどう収穫
2023年5月:芽かき、7月:夏季剪定・ファーストヴィンテージお披露会、ファーストヴィンテージプレゼント
  •  *スケジュールは変更になる可能性があります。
  •  *2021年の収穫は、品質管理上の収穫のため、ファーストヴィンテージにはなりません。
  •  *その他、サポーター限定のイベントを企画予定です。
  •  *上記の農作業すべてに参加必須ではありません。
お問合せ先 「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター制度」運営事務局
TEL:0800-919-0997
受付時間10:00〜17:00(土日、祝日、年末年始を除く)

<参考>

■アサヒビール(株)の日本ワインの取り組みについて

  • ・アサヒビール(株)では、現在、山梨県にワイン製造子会社「サントネージュワイン株式会社」を所有し、山梨県にある1haの自社畑と、山形県の契約農家などが栽培するぶどうを使用し、日本ワインブランド「サントネージュ」を販売しています。2016年の販売量は約7,000箱(前年比120%、1箱=720ml×12本換算)で好調に推移しています。
  • ・余市町に取得したぶどう畑での取り組みなどを通じて、今後さらなる拡大が見込まれる日本ワイン市場に向けて、日本ワインの商品ポートフォリオを強化し、日本ワイン文化をリードする世界に誇れる高品質な日本ワインづくりを目指しています。
  • ・今後も積極的に農地の取得を検討し、余市町を含め合計10ha以上の自社畑を目指します。2025年には、アサヒビール(株)全体の日本ワイン販売数量を、現在の約7,000箱から20,000箱規模に拡大していく考えです。

  • ■余市町でのぶどう栽培について

  • ・余市町は北海道内でも比較的温暖でぶどう栽培に適した気候です。またワイン特区としてワイン醸造への新規参入者に支援が行われており、近年日本ワイン産地として注目を集めている地域です。
  • ・余市町に取得した農地は2017年5月から整地作業を始め、7〜8月にかけて垣根を組み上げました。果実味豊かな良質なぶどうをつくるために、欧州等で用いられている本格的なぶどう栽培法である垣根栽培を取り入れました。
  • ・2018年5月には、「サントネージュワイン(株)」でのぶどう栽培の知見を活かし、北海道の風土に適した「ピノ・ノワール」をはじめ、「ピノ・グリ」「ケルナー」など本格的なヨーロッパ品種を約7,000本植樹する予定です。
  • ・ファーストヴィンテージは2023年の出荷を予定しており、約2,000箱の製造を見込んでいます。
  • 【「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード」の概要】

    所在地 北海道余市郡余市町梅川町
    面積 4ha
    計画 2017年5月〜 整地・農地補正、棚づくり、くい打ちなど
    2018年5月 苗木の植栽開始(予定)
    2023年7月 ファーストヴィンテージ発売(予定)
    栽培するぶどう品種 ピノ・ノワール、ピノ・グリ、ケルナー、シャルドネなど(予定)
    • バックナンバー
    • 2016年
    • 2015年
    • 2014年
    • 2013年
    • 2012年
    • 2011年
    • 2010年
    • 2009年
    • 2008年
    • 2007年
    • 2006年
    • 2005年
    • 2004年
    • 2003年
    • 2002年
    • 2001年
    • 2000年
    • 1999年

    グループ企業のニュースリリース


    ページトップ

    すべては、お客様の「うまい」のために

    お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
    妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
    ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。