• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2016年

2016年10月12日
アサヒビール株式会社
ニッカウヰスキー株式会社

“ハレの日”のパーティーシーンにぴったり!
今年収穫の国産リンゴ100%でつくったスパークリングワイン
〜発売60周年を迎えた「ニッカ シードル」より、甘味料・香料・着色料無添加の“新酒”発売〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、本年発売60周年を迎えた「ニッカ シードル」より、今年収穫した国産リンゴ品種「つがる」100%で醸造した『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2016』(びん720ml・200ml)を、11月1日(火)から2017年1月末まで、全国において期間限定で発売します。
 製造はニッカウヰスキー株式会社弘前工場(青森県弘前市)で行います。

 『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2016』は、収穫時期の早い、国産の早生(わせ)リンゴ「つがる」を100%使用することで、収穫年のうちに“新酒”として出荷できる冬季限定のスパークリングワインです。「つがる」の優しい甘さとフレッシュで爽やかな酸味が特長で、アルコールライトユーザーにも飲みやすい、アルコール分2%です。
 パッケージデザインは、赤を基調としたラベルにゴールドを配色し、華やかで高級感のあるデザインに仕上げました。クリスマスやお正月など、スパークリングワイン需要の高まる“ハレ”の日の飲用シーンにもお楽しみいただけるデザインです。また、「国産リンゴ100%スパークリングワイン」とラベルに配し、「甘味料・香料・着色料無添加」と記載することで、天然由来の品質であることを訴求します。

 「ニッカ シードル」は、朝日麦酒(現アサヒビール(株))の支援により1954年に設立された朝日シードル(株)にその起源をもちます。その後、リンゴ加工に造詣の深かったニッカウヰスキー(株)に引き継がれ、今ではニッカウヰスキー(株)を代表するブランドの一つとなっています。本年1-9月の販売数量は前年比106%と好調に推移しています。

 アサヒビール(株)は、本年発売60周年を迎えた「ニッカ シードル」より、『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2016』を発売することで、メインユーザーである30〜50代女性を中心とした需要の拡大、並びに製法や原料の品質を重視されるアルコールユーザー層の話題を喚起し、市場の活性化を目指します。

【商品概要】

商品名 ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2016
品目 果実酒(発泡性)①
発売期間 11月1日(火)から2017年1月末まで
容器・容量
(荷姿)
びん720ml
(1箱は12本入)
びん200ml
(1箱は24本入)
アルコール分 2%
発売地域 全国
製造工場 ニッカウヰスキー(株)弘前工場
価格 オープン価格
ブランドサイト http://www.asahibeer.co.jp/cidre/
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。