• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2016年

2016年6月15日
アサヒビール株式会社

「アサヒスーパードライ 樽生乾杯キャンペーン」
「アサヒスーパードライ」ブランド
樽生1リッターの売上に対し1円をJOCとJPCなどに寄付!!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、「アサヒスーパードライ」ブランドの樽生1リッターの売上に対し1円を公益財団法人日本オリンピック委員会(以下、JOC)と公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(以下、JPC)などに寄付する「アサヒスーパードライ 樽生乾杯キャンペーン」を実施します。

 同キャンペーンは、6月21日から8月21日までの2ヶ月間を対象期間とし、目前に迫る「リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック競技大会」(以下、リオデジャネイロ2016大会)や「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」(以下、東京2020大会)で活躍が期待されるオリンピック・パラリンピック日本代表選手団を支援する取り組みです。

 期間中の「アサヒスーパードライ」ブランド、樽生における売上目標は8,000万リッター(前年比103%)を計画しており、東京2020大会開催に向けた気運醸成とともに業務用市場における樽生ビールの消費量拡大に寄与する事を期待しています。


  • キャンペーンB2ポスター

  • キャンペーン短冊

 アサヒビールは、「リオデジャネイロ2016大会 日本代表選手団応援」や「東京2020大会」を記念した商品の発売や、本社ビルに隣接するスーパードライホール壁面に、「東京2020大会」開催までの日数をレーザーでカウントダウン照射するデイカウンターを設置するなど、日本国内の気運醸成に向けた様々な取り組みに注力してきました。

 アサヒビール鰍ヘ、ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)」※です。引き続き「東京2020大会」の本大会に向けて、「スーパードライで、ともに乾杯!」「最高のおもてなしを実践」といった2つのマーケティングテーマに沿って、日本の皆様に勇気と元気をお届けする、プロモーションを展開していく予定です。

※公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のパートナーと位置付けられており、大会運営や日本代表選手団のサポート、オリンピック・パラリンピックムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。

■「アサヒスーパードライ 樽生乾杯キャンペーン」概要
キャンペーン実施期間 2016年6月21日(火)〜 2016年8月21日(日)
対象商品 上記期間中に出荷した、アサヒスーパードライ/ドライプレミアム豊醸/ドライブラック樽生(1Lにつき、1円を寄付させていただきます)。
対象料飲店 全国の樽生取扱料飲店
寄付金の提供先 JOC(公益財団法人 日本オリンピック委員会)、JPC(公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会)など
■アサヒビール「オリンピック・パラリンピック」サイト

http://www.asahibeer.co.jp/olympic_paralympic/

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。