• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2016年

2016年1月6日
アサヒビール株式会社

『クリアアサヒ』『クリアアサヒ プライムリッチ』『クリアアサヒ 糖質0※1
「クリアアサヒ」ブランド3商品 クオリティアップ!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、『クリアアサヒ』『クリアアサヒ プライムリッチ』『クリアアサヒ 糖質0※1』の「クリアアサヒ」ブランド3商品をクオリティアップします。『クリアアサヒ』は1月上旬以降製造分より、『クリアアサヒ 糖質0』は1月中旬製造分より、中味とパッケージをクオリティアップし、順次切り替えます。『クリアアサヒ プライムリッチ』は中味とパッケージをクオリティアップし、2月23日(火)より発売します。

※1:栄養表示基準による。

■『クリアアサヒ』

  • クリアなうまさを磨き上げるために発酵度をアップさせ、麦のうまさと雑味のない“キレ味”を実現しました。渋味や雑味を低減した麦汁と、原料調達から仕込み、発酵、貯酒、充填工程まであらゆる過程で、酸素との接触を徹底的に押さえ込んだ「スーパー鮮度製法」を採用しました。
  • パッケージは、缶体左上に“爽快キレUP”と書かれたアイコンを配置し、缶体中央に“爽快なキレと飲みごたえ”と表記し、商品特長を訴求しています。

■『クリアアサヒ プライムリッチ』

  • 「国産ゴールデン麦芽」を新たに一部使用、「アロマホップ」100%使用により、「プライムリッチ」ならではの“最高級のコク※2”と“最高級の香り※3”を強化しました。
  • パッケージは、缶体上部を金色に変更し、“PRIME Rich”のロゴを正面に配し、高級感を演出しました。缶体左上には“国産ゴールデン麦芽一部使用”と書かれたアイコンを配置し、缶体中央に“最高級のコク※2”“最高級の香り※3”と表記し、商品特長を訴求しています。

※2:発泡酒をベースとした当社「リキュール(発泡性)①」(限定商品を除く)における原麦汁エキス濃度の比較において。
※3:発泡酒をベースとした当社「リキュール(発泡性)①」(限定商品を除く)における複数の香気成分バランスの比較において。

■『クリアアサヒ 糖質0』

  • 麦の使用量を大幅に増やし、飲みごたえをさらに高めました。
  • パッケージは、缶体左上に“麦増量で飲みごたえUP”と書かれたアイコンを配置し、缶体中央に“糖質0”“アルコール6%”と表記し、商品特長を訴求しています。

 「クリアアサヒ」ブランドの2015年の販売数量は、前年比110.9%となる3,175万箱※4と大きく伸長しました。2016年も引き続き広告や売場作りを連動させたトータルマーケティングを強化し、「クリアアサヒ」ブランド合計で、前年比101.7%となる3,230万箱の販売を目指します。

※4:1箱は大びん633ml×20本換算。

【商品概要】

商品名

クリアアサヒ

クリアアサヒ
プライムリッチ

クリアアサヒ 糖質0

品目 リキュール(発泡性)① リキュール(発泡性)① リキュール(発泡性)①
発売品種 缶500ml、缶350ml、缶250ml
樽詰19L、樽詰10L
缶500ml、缶350ml 缶500ml、缶350ml
アルコール分 5% 6% 6%
スケジュール 1月上旬以降製造分より
順次切り替え
2月23日(火)発売 1月中旬製造分より
順次切り替え
発売地域 全国 全国 全国
製造工場 北海道工場、福島工場、
茨城工場、神奈川工場、
名古屋工場、吹田工場、
四国工場、博多工場
北海道工場、茨城工場、
名古屋工場、吹田工場、
四国工場、博多工場
福島工場、名古屋工場
本年販売目標 「クリアアサヒ」ブランド合計3,230万箱(前年比101.7%)
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。