• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 企業情報 >  ニュースリリース 2015年 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2015年

2015年5月18日
アサヒビール株式会社

SUMIDA RIVER ART PROJECT 2015 × なだ万

すみだ川アートプロジェクト2015 協働企画
『日本料理の魅力』
7月6日(月)開催

 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団(所在地 東京都墨田区、代表理事 泉谷直木)は、6月13日(土)から7月31日(金)まで、アサヒ・アートスクエアおよびアサヒグループ本社ビル1階ロビーや近隣の寺社などを会場として、すみだ川アートプロジェクト2015『江戸を遊ぶ―江戸の食』を開催します。

 「すみだ川アートプロジェクト」は重要な地域資源である「隅田川」に着目し、隅田川を取り巻く様々な環境が、アートを通じてより一層向上することを目指す試みです。2089年までの80年間という長期的、かつ継続的な取り組みを2009年に始動しました。「隅田川」にかかわる多くのアーティストや市民の方々とアサヒビールの協働により、皆でつくり、皆で楽しむ「川の手文化」を発信しています。

7年目となるすみだ川アートプロジェクトが今回募集する企画『日本料理の魅力』は、すみだ川アートプロジェクトと日本料理の銘店「なだ万」との協働企画です。講師に江戸時代から日本料理をリードし続けてきた「なだ万」の東京なだ万調理長 黒田 廣昭氏を招き、「日本料理」の文化や魅力について語っていただきます。

講師:黒田廣昭 [東京なだ万調理長]

【企画概要】

企画名 日本料理の魅力
日時 2015年7月6日(月)19:00〜21:00(開場 18:30)
会場 アサヒ・アートスクエア
東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール4F
定員 100名 ※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
参加費用 500円(試食代込み)
試食 スープ蒸し(予定)、なだ万ほうじ茶
応募先 〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
アサヒビール(株)社会環境部 協働企画(7/6)係
応募方法 アサヒビールホームページ内の受付フォーム、または、往復ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、希望人数(2名まで)を明記の上、下記宛先までご応募下さい。6月8日(月)まで受付し、100名様に入場引換券を発行させていただきます。
(応募者多数の場合は抽選/6月15日(月)頃にe-mailまたは郵送でお知らせします。ただし、応募者が定員を超えて抽選となった場合は、ご当選された方のみにお知らせいたします。)
【ホームページ】 http://asahibeer.co.jp/srap/01
【官製はがき宛先】
〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1−23−1
アサヒビール且ミ会環境部 協働企画(7/6)係
応募締切 6月8日(月)到着分まで
発表 当選された方にのみ、当選はがき、もしくはEメールにてお知らせいたします。 (6月15日頃を予定)
個人情報の取り扱いについて ご応募いただいた個人情報は、本プログラムに関するご連絡、ご案内、受付等、および個人を特定しない統計資料の作成の目的で利用させていただきます。また個人情報をお客様の同意を得ないで、アサヒビールおよび業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません(法律により開示?提供を認められた場合を除きます)。ご応募いただいた皆様の個人情報の考え方に関しましては、アサヒビールホームページ内の「プライバシーポリシー」「公表事項」等に記載されておりますので、必ずお読みいただいた上、ご応募ください。
主催 アサヒビール株式会社
共催 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団、すみだ川アートプロジェクト実行委員会、AAFネットワーク実行委員会、墨田区

【アサヒビールのCSRについて】 http://www.asahibeer.co.jp/csr/
【すみだ川アートプロジェクトについて】  http://www.asahibeer.co.jp/csr/philanthropy/art-cul/collabo.html

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。