• はい
  • いいえ

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2012年

2012年10月04日
アサヒビール株式会社

アサヒビール(株)のメセナ活動が
『メセナ アワード2012』メセナ大賞受賞
〜 アートNPOの活動基盤強化への多様な支援と協働が評価される 〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路 明善)のメセナ活動が、公益社団法人企業メセナ協議会が主催する『メセナ アワード2012』において、アートNPOの活動基盤強化への多様な支援と協働が「メセナ大賞」を受賞しました。
 なお、贈呈式は11月22日(木)にスパイラルホール(東京・港区)において予定されています。

 企業メセナ協議会は、企業によるメセナ(芸術文化支援)活動の活性化を目的に1990年に設立された公益社団法人で、企業メセナの奨励とよりいっそうの発展をはかることを目的に1991年に本顕彰事業を始めました。以降、芸術文化の振興に高く貢献した企業や企業財団のメセナ活動を、【メセナ大賞部門】ならびに【文化庁長官賞部門】(2003年より)の2部門で毎年表彰しています。
 22回目を迎える本年は、108件の応募を受け“芸術文化への向上・普及への貢献度”“地域文化の醸成や伝承への貢献”“企業の主体性・独自性”“活動の発展性・革新性・継続性”などを表彰の選考のポイントとし6件の【メセナ大賞部門】と、1件の【文化長官賞部門】の活動が決定しました。

<今回「メセナ大賞」を受賞した、アサヒビール(株)の主な支援活動内容>
■ 「アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)」の開催。
 市民が主体となり企画・運営に参加し、地域の魅力を引き出しコミュニティの活性化を目指すアートプロジェクトの全国ネットワーク。毎年夏に開催。
※2011年東日本大震災へもいち早く対応することができ、AAF支援宣言(3/18)を皮切りにAAFネットワーク活動支援募金の創設ほか、人的なサポート等具体的なアクションへと繋がる。アジアを中心とした世界ネットワーク化も進み、文化による国際交流も促進している。
■ 「全国アートNPOフォーラム」の開催。
 アートNPO活動の基盤強化を目的に、2003年に始動した全国フォーラム。様々な社会的課題を抱える地域でアートに取り組むNPOや市民グループが全国から集い課題解決に向けたディスカッションや情報共有を図っている。
■ 「アサヒ・アートスクエア」運営、開発。
 社有施設を活用し、2007年4月よりNPO法人アートNPOリンクとともにプログラムの運営・開発に取り組んでいる。多くのNPOや市民グループ、アーティストたちの出会いの場として機能し、新しいプログラムの誕生、文化の発信拠点となることを目指している当社メセナ活動の拠点の一つ。

<過去のアサヒグループの受賞歴>
 企業メセナ協議会の「メセナ アワード」でアサヒグループが受賞するのは、今回で5度目になります。1度目の受賞は1996年で、アサヒビール鰍フ「ロビーコンサートを中心とする社会に開かれた未来文化創造型メセナ活動」がメセナ大賞を受賞しました。続いて2001年に(財)アサヒビール芸術文化財団の「芸術系外国人留学生への支援・交流活動」が国際交流賞を受賞したのが2度目となります。3度目は、2004年NPOと協働による『アサヒ・アート・フェスティバル』が評価され、現代総合芸術賞を受賞。4度目は、2007年に(財)アサヒビール芸術文化財団が「アサヒビール大山崎山荘美術館の総合的な芸術振興活動」で文化庁長官賞を受賞しました。

 アサヒビール(株)は、今後もさまざまな社会活動や文化活動を通して、未来に向けた文化の育成に貢献していきます。
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。