• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 企業情報 > ニュースリリース 2010年 > バックナンバー > ニュースリリース 2009年 > アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト > 北海道 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年6月26日
アサヒビール株式会社 北海道統括本部

アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト、第1弾終了
北海道における寄付金額は、768万4,618円
“北海道内12箇所のラムサール条約登録湿地の保全事業”に活用されます。
多くのご愛飲ありがとうございました。

 アサヒビール株式会社は、主力商品『アサヒスーパードライ』の売り上げの一部を、都道府県ごとに設定した自然や環境、文化財などの保護・保全活動に役立てていただくプロジェクトを、本年から全国で展開しています。

 北海道においては、道とアサヒビール北海道統括本部(札幌市、本部長 谷田部二郎)が寄付金の活用内容を協議し、道が推進する道内に12箇所あるラムサール条約登録湿地の保全事業を支援していくこととしています。

 このたび、当プロジェクトの皮切りとなった本年3月下旬から4月下旬にかけての実施分での寄付金額集計が完了しました。表題の金額を、6月26日に、アサヒビール北海道統括本部長 谷田部二郎が、北海道との協力連携協定に基づき、財団法人北海道環境財団(理事長 辻井達一)に贈呈します。

 アサヒビールは、事業活動をとおして地域との共生をはかり、地域社会に貢献することを目指しています。本年から始まったこのプロジェクトをすすめるとともに、地域のボランティア活動への社員参加も推進し、地域社会への貢献をこれまで以上に強めていきます(※)。
 なお、本プロジェクトは、今秋にも展開を予定しており、来年以降も中長期的に実施していく予定です。

【プロジェクト概要】

プロジェクト概要 下記対象商品の売り上げ1本につき1円を、47都道府県それぞれにおいて自治体などとともに選定した対象への寄付に充てる。
北海道での
寄付金活用内容
財団法人北海道環境財団(理事長 辻井達一)に寄付し、道内12箇所にあるラムサール条約登録湿地の保全事業に役立てていただく。
対象商品 本年3月下旬から4月下旬に製造した『アサヒスーパードライ缶350ml』『アサヒスーパードライ缶500ml』の2商品
北海道での
寄付金額総計
7,684,618円
*同期間の全国計の総本数(219,792,528本=寄付金総額2億1,979万2,528円)をベースに、各都道府県の販売数量に応じて案分した。
※北海道での
ボランティア活動
・「レクレーションの森サポーター活動」として、昨年、野幌自然休養林において、グループ社員・家族による枝打ち作業を実施した。向こう5年間は継続実施を予定している。又、野幌自然休養林を紹介するリーフレットも作成し提供した。
・諸々の事情により親元を離れ施設で生活している子どもたちに、社会と接点を持ってもらい将来の為の社会性を身につけるお手伝いを目的として、平成19年から年1回、社員交流をもってゲームをしたり一緒に食事をするといった「キッズプロジェクト」という活動を実施している。

【本件に関するお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 北海道統括本部 営業企画部 担当:丸:電話011-861-9737


すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。