• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 商品情報 > 焼酎 > 本格芋焼酎[薩摩 こく紫] > 商品紹介 
希少紫芋「暁紫(アケムラサキ)」使用※
【紫が秘めた「こく」。】「こくと深み」を持ちながら、「飲みあきない」芋焼酎をつくる。追い求めた味わいへ。辿り着いた答えは、原料のさつまいもに、とある紫芋を加えることでした。それは、紫芋の中でも希少な品種「暁紫(アケムラサキ)」。芋焼酎づくりでは初めての商品化※です。「黄金千貫」を主体に、「暁紫」を使用することで醸し出される、こく、深み。そして、飲みあきることなく、次の一杯を愉しめる飲み心地。本格芋焼酎[薩摩 こく紫]。初めての旨さを実現した一本です。※原料の一部に使用。原料の芋には、流通経路の明らかな契約農家の生産する芋のみを使用しています。
鹿児島県産紫芋「暁紫(アケムラサキ)」
一次もろみに使用する米麹には、農協あるいは農家までの流通経路が明確な国産米のみを使用。 原材料/さつまいも、米麹 アルコール分/25度 [ラインアップ]・1,800mlびん・720mlびん
【新しい「こくと深み」のために 希少な紫芋「暁紫(アケムラサキ)」を採用。】[薩摩 こく紫]の主原料となるさつまいもは「黄金千貫」。そしてさらに、「こくと深み」を求めて、希少な紫芋「暁紫(アケムラサキ)」を採用しました。名前の「暁」は、紫芋品種の新しい時代の幕開けを意味したもの。濃い紫色のもとアントシアニン色素が食品などに重用され、その生育・貯蔵は丁寧に行われています。一般的に、紫芋の芋焼酎は、上品な甘さとフルーティな香りが特徴。[薩摩 こく紫]は、黄金千貫が生む味わいに「暁紫」を加え、ふくよかな広がりと、飲みあきずに長く愉しめるこく、深みを実現しました。
ページトップへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。