• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > ファン!アサヒ 
  • はい
  • いいえ

[カンパネラ]ビジネスパーソンにひらめきの鐘を

カンパネラとは

オジサンだけが知らない?主婦のブーム

空前のブーム!インスタで広がる「美しい作りおきおかず」 ポイントは彩り、ヘルシー飲みにピッタリのレシピ3選

文:小林 孝延

05.26.2016

簡単に作れる!「作りおきおつまみ」をご紹介

主婦に大人気の作りおきおかず、実際のメリットは大きく5つあります。

(1)週末にまとめて作りおけば平日に楽できる。
(2)お弁当には冷蔵庫から出して詰めるだけでいいので、朝寝坊できる。
(3)もちろん夜ご飯にも食べられるので、忙しくて外食が続いて栄養が偏りがちな人がとても健康的な食生活を送れる
(4)材料が安い時にまとめ買いして作れば節約になる。もちろん外食が減るから食費を断然抑えることができる。
(5)野菜の作りおきをたっぷり用意すればヘルシーでダイエットにもすこぶる効果的。

どうですか? まさにいいことずくめ! 家族の食事を預かる主婦はもちろん、一人暮らしのOLさんまで今や作りおき愛好家は広がるばかりです。

おそらくそれに伴って保存容器市場も拡大しているに違いなく、僕が住む東京・吉祥寺近辺でも、これまでほうろう容器なんて売っていなかったお店の店頭の一番いい場所にほうろうやガラスの保存容器が並んでおり、作りおきマーケットの拡大ぶりをひしひしと感じます。

さて、そんな中、これから注目されるであろうと思われるのが「作りおきおつまみ」。居酒屋で一杯やるとどうしても揚げ物や濃い味付けのものばかり頼んでしまいがち。とはいえ家飲みではおつまみをつくるのも面倒だし……。でもそんなとき、華やかで見た目にも美しいヘルシーおつまみがあれば、ぐっと気分が上がって家飲みが楽しくなること請け合いです。そこで今回はおすすめの簡単作りおきおつまみを3品、ご紹介します。

今回おすすめの作りおきおつまみ3品。右から時計回りに「枝豆とクリームチーズの薫製オイル漬け」「紫キャベツとツナ缶の作りおきサラダ」「キャロットラペ」です
枝豆とクリームチーズの薫製オイル漬け

スモークの香りとクリームチーズの濃厚な味わい、そして香ばしい枝豆の旨みがクセになるおいしさ。ついつい白ワインがすすんでしまうので作りおいたつもりが朝にはすっかり空っぽ? なんてことにならないように注意。

【材料と作り方】
枝豆の塩ゆで100g、クリームチーズ(1センチ角に切る)30gを合わせ、薫製オリーブオイル数滴、オリーブオイル大さじ2、ブラックペッパー適量を加え混ぜる。しばらくなじませてからいただく。

紫キャベツとツナ缶の作りおきサラダ

ポリフェノールたっぷりの紫キャベツ。鮮やかな色はインスタグラム映えするので素敵な家飲みシーンが演出できて人気者になること間違いなし!

【材料と作り方】
(1)紫キャベツ4分の1個を千切りにして、塩小さじ1/2を振って30分以上おく。
(2)上記(1)の水気を絞りツナ缶(小)をオイルごと加え、さらにマヨネーズ大さじ1、ブラックペッパー適量を加える。

キャロットラペ

作りおきの定番。彩りもきれいで栄養もあってヘルシー。レモン汁でつくっても、好みのビネガーでつくってもよし。ビールにもワインにもよく合います!

【材料と作り方】
にんじん2分の1本を千切りにしたら、白ワインビネガー、オリーブオイル各大さじ1、塩少し、砂糖各小さじ1を加えてよく混ぜる。

どれも冷蔵庫で5日間保存可能です。ただし、調理するときの環境や冷蔵庫の開け閉めの回数、衛生状態などで保存期間は変わりますのでご注意を。また包丁、箸などの調理器具は、清潔なものをご使用ください。

ヘルシーでおしゃれな作りおきおつまみで、晩酌タイムの充実度をアップ! SNSにもアップして、「いいね!」をたくさん獲得しちゃいましょう。

小林 孝延(こばやし・たかのぶ)
福井県出身。生活情報誌『ESSE』元編集長、現・扶桑社第四編集局長。月刊『Outdoor』(山と渓谷社刊)編集長の後、アウトドア雑誌やムックを複数創刊。2003年に女性誌『天然生活』(地球丸刊)を創刊し「暮らし系」と言われるジャンルを生み出す。プロデュースした料理本『「ル・クルーゼ」だからおいしい料理』(平野由希子著)はグルマン・クックブック・アワードに入賞。料理ムック『とっておきシリーズ』は累計260万部を突破。2013年には日本最大のポータルサイト「レシピブログ」とコラボした雑誌『レシピブログマガジン』を立ち上げ話題に。フジテレビ「秘密の王子様」、テレビ朝日「お願いランキング」、関西テレビ「流行りんモンロー」など情報番組にもコメンテーターとして出演するほか、企業での講演のほか福井県立大学、京都精華大学等でも特別講義。
  • 1
  • 2

こちらのコンテンツは日経BP社とアサヒビールの共同運営メディア「カンパネラ」より転載しております。

転載元URL:http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/270971/051800023/

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。