• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > ファン!アサヒ 
  • はい
  • いいえ

[カンパネラ]ビジネスパーソンにひらめきの鐘を

カンパネラとは

ビジネス書では語られない「職場人間学」

【職場人間学II】「決めるのは落ち着いてから」の罠 第1章:リーダーに必要な素質とは?その2

文:田代真人 写真:石塚龍彦

02.18.2016

「ズバッと決められる」その裏にあるものは?

「あーそういうことですね。 状況を確認して結果が悪かったら、方法を変えることやストップすることも考えなきゃいけないと……。そういえば、似たような話かどうかはわかりませんが、最近僕の父がお酒をあまり飲まなくなったんですよ」

「それまでは飲んでたの?」

「いや、優子ちゃん、飲んでたというレベルじゃなかったね。でももともと健康には気を使ってたんだよね。3カ月に1度は主治医にみてもらっているし、酒のつまみに食べるものも脂っこいものは避けて、なるべく野菜を取るというようにね。あと週末に運動もしているんだよね」

「それがどうして飲まなくなっちゃったの?」

「どうも健康診断で引っかかっちゃって、精密検査を受けらしいんだ。そうすると、右側の頸(けい)動脈の一部だけど、45%くらいがプラークという脂肪の塊でふさがれているのがわかったんだって。それで医者とも話したんだけど、どう考えてもお酒の飲み過ぎだろうと……。それで、きっぱりと飲む量を減らしたんだ。週に3、4日は飲まなくなったしね」

「それって生活習慣病だよね。それが、どうしていまのマイルストーンと関係あるの?」

「いや、オヤジが言うにはさ、健康診断はそのためにあると。そうやって体に異常がないかどうかを定期的にチェックしていて、そこで異常が見つかったからにはなにかを変えなきゃダメだ、とね」

「健康診断が現状を確認するためのマイルストーンってわけなのね。それにしても飲酒ってタバコと同じで簡単には減らせないんじゃないの?」

「だよね。だから、よくもまぁ、そうきっぱりと節酒できるようになったもんだと家族みんなで感心してるんだけどね。車を運転していて、エンジン異常のランプがつけば減速するのが当たり前だろうとオヤジは言うんだけどね」

コースの料理がいいタイミングで運ばれてくる。一度にたくさんの料理が運ばれてこないのも酒飲みには都合がいい。次の料理は『手作りロースハムとアボカドのフリット』だ。いやはやビールに合いそうな一品だ。しかし飲み過ぎは禁物。この店の飲み放題にはノンアルコールビールもラインナップされているので、ノンアルコールで息をつく。

「オヤジさんの行動はもっともだね。たぶん自分でもなにか異常が出たら、好きなお酒も控えなきゃいけないと覚悟していたんじゃないかな。だから強い意志で節酒ができる」

と、ゆっくりと酒を飲んでいた山内が口を開いて続ける。

「でも、いままでやってきたことにブレーキをかけるっていうのは、ものすごいパワーが必要なんだよね。強力な意志と決断力がね。普通はそんなに簡単なことではないんだ。ただ保田くんのオヤジさんにはそれができた。そこにあるポイントがわかるかい?」

山内が保田に問いかける。吉田は横できょとんとして山内の話を聞いていた。

《決定力:続く》

田代 真人(たしろ・まさと)
編集者・ジャーナリスト。株式会社メディア・ナレッジ、株式会社マイ・カウンセラー代表。(社)日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー。駒沢女子大学、桜美林大学非常勤講師。
1986年九州大学機械工学科卒業。その後、朝日新聞社、学習研究社、ダイヤモンド社と活躍の場を変え、ファッション女性誌からビジネス誌まで幅広く取材・編集。2007年メディアプロデュースを専業とする株式会社メディア・ナレッジを創業。同時に株式会社マイ・カウンセラーの代表就任。著書に『電子書籍元年』(インプレスジャパン)、構成作品に『もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら』(日経BP社)がある。

こちらのコンテンツは日経BP社とアサヒビールの共同運営メディア「カンパネラ」より転載しております。

転載元URL:http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/012800012/021200002/

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。