• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > ファン!アサヒ 
  • はい
  • いいえ

[カンパネラ]ビジネスパーソンにひらめきの鐘を

カンパネラとは

ビジネス書では語られない「職場人間学」

【職場人間学II】「決断」と「決定」は大きく違う 第1章:リーダーに必要な素質とは?その1

文:田代真人 写真:石塚龍彦

02.04.2016

「保田さんは、その先輩になんと言って頼めばいいかを悩んでいるみたいんですよ」

「優子ちゃんはどう思うの?」

「私は、普通にお願いすればいいだけじゃない、って言っているんですけどね」

「まぁ、女性は年上の男性に頼みやすいけど、同性だとなかなか頼みにくいんだよね。よくわかるよ。でもそんな入り口でつまずいてちゃ、先に進めないよ。保田くんがやるべきことはまだまだいっぱいあるはずだからね。

で、リーダーの仕事としてもっとも重要なことってなんだと思う?」

ミッションを達成するべく「決める」、これがすべて

「う〜ん。なんだろう。考えたこともなかったな……」

箸を止めて考える保田。

「端的に言うと“決定すること”かな。さっき言った仕事を割り振るってことも、だれになにをやってもらうか決めるんだよね。さっき言ったようにミッションは会社から降りてくるでしょ」

「ウチの場合は単純に単月ごとの売り上げだったりしますが」

「だね。で、そのミッション、売り上げか。それを達成するためになにをすればいいのかを、まず決める。もちろん部下にどうすればいいかを考えてもらっていい。しかし、部下から出されたいくつもの案から、実際に実行することを決めるのはリーダーだ。つまり保田くんってわけ」

「決定ですか」

「そう。そこからもう決定なわけだよ。リーダーが決められなかったら、部下はどうしていいかわからないからね。そもそも決めてくれないと動けないし、動けなければ結果が出せない」

「じゃあ、決めた後にそれを部下に割り振るのは大して重要ではないんですかね?」

「もちろんそれも重要だよ。でも1番ではない。ただ、誰にどの仕事を割り振るかによっては結果が変わってくるから重要であることに間違いはないね。提案した人の仕事をその人に振ればいいというわけじゃない。適材適所ってものがあるからね」

「じゃあ、リーダーのやるべきことは決めることの繰り返しってことになるんですか?」

「そうだねぇ。しかも決めた結果は自分で引き受けなければならない」

「なんか責任重大ですね」

人一人ではなく皆で達成する、それがリーダーの面白さ

「そりゃそうさ。でも結果が良ければうれしいだろ。そして、その喜びは自分一人だけの仕事の結果ではなく、部下を巻き込んでのことだから、より大きいんだよね」

話を聞いていた吉野が口を開く。

「私はまだまだ目の前のことをこなすのが精いっぱい。他人のことなんか考えられないなぁ」

「優子ちゃん、それはそれでいいと思うよ。だってみんなそんなものだからね。それでも目の前のことがうまくいくとうれしいわけじゃない。でもときにはチームでやる仕事もあるよね? それをみんなでやり遂げるとどうだい?」

「それはそれでうれしいな」

「だろ。喜びを他人と分かち合えるぶん、度合いが大きくなるものなんだよ」

「たしかにそれはそうね」

次に出てきたのがポテトサラダとポテトフライだ。じゃがいもは北海道・網走産だという。ポテトサラダにはベーコンが入っていて、塩味はこのベーコンによるものだけなのか、マヨネーズも少なく素材の味が生かされている。ほくほくのポテトフライも旨い。

考えられたコース料理は早い段階で、ちょっとおなかにたまるものを出してくれる。というのも夜のお酒は空(す)きっ腹に飲むことが多いので、最初のほうにおなかにたまるものをいただくと酔いもほどほどに美味しく酒が飲めるからだ。

「山内さん、でも決めた後すべてがうまくいけばいいですが、問題が起こったりしますよね。そんなときスタッフはまず私に相談してきます」

こちらのコンテンツは日経BP社とアサヒビールの共同運営メディア「カンパネラ」より転載しております。

転載元URL:http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/012800012/012800001/

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。