• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > ファン!アサヒ 
  • はい
  • いいえ

[カンパネラ]ビジネスパーソンにひらめきの鐘を

カンパネラとは

ビジネス書では語られない「職場人間学」

【職場人間学】心が折れそう?ならば「3つの能力」に沿って考えてみよう 人はどんな状況でも希望を見いだせる…逃げるのも有効!

文:田代真人 写真:石塚龍彦

12.03.2015

職場の問題は酒場で解決できると信じるコンサルタント・田代真人氏。相談相手は新規事業のマネジャーに抜擢されたアラフォー男性。困難な状況においても心を健康に保ち、乗り越えられる人がいる。そんな人が備える「3つの能力」とは…?

あらゆる問題は酒場で解決できる。30年以上のビジネス生活で得た実感だ。別に酒に強いわけでもない。ただ酒場のあの雰囲気は人を楽観的にする。一人で飲んでもいいが、二人酒もまたいい。

僕の仕事はコンサルティング。ありがたいことに営業することなく、さまざまな業種からお仕事の依頼をいただく。しかし悩みの種は、というほどの悩みでもないが、産業カウンセラーの資格を持っているので、経営者や部課長はもとより新入社員からも相談されることが多い。実は本業よりもこちらに取られる時間が多いのだ。

雑貨メーカーで、新設のネット通販部部長に抜擢された井上敬太とは、“期待のキャッチボール”の話が続いている。つまみは地魚の三種盛り。刺身と来れば日本酒だろう。僕は熱燗を飲んでいる。とはいえ、僕は醸造酒に弱く、ちびりちびりと、刺身を口に入れては舐めるように飲んでいる。

相手を気遣った“ボール”を投げてみる

「田代さん、変化球ってなんですか?」

「いや、別にそこまで変わっているわけじゃないんだけどね。クライエントに気付いてもらいたくても時間がかかるなら、少しは答えらしきものを途中で言ってあげたほうが相手は安心するし気持ちも落ち着くよね。キャッチボールで言えば、ときには捕れる球を投げてあげるってことになるかな」

「それってどういうことをするんですか?」

「話の流れからときどき相手が答えてほしいことを言ってあげて、採るべき方向性に気付いてもらうことになるかなぁ。誘導してもいけないんだけど、道に迷っているのであれば手を差し伸べてあげることも必要だしね。

そこで考え方を変えてもらうようにするんだ。悩みやすい人っていうのは、原因を追及することなく自分を責めがちで、そこから動けなくなっている人が多いんだよね」

「僕はその点、楽観的なところもあるから、自分を追い詰めるほど悩んだりしませんねぇ」

「だいたい問題解決できる人って、3つの能力が備わっているんだよね」

「3つの能力ですか?」

井上が頼んだ『山形産 雅山流 影の伝説』が運ばれてくる。店員が酒器に注いだ酒はやがていっぱいになり、お猪口にこぼれだす。この瞬間、芳香が漂い、香りを楽しむことができる。一種のパフォーマンスではあるが、一石二鳥。お得な気分になってくる。

アウシュビッツで生き延びた女性たちの「3つの特徴」

「そう。ユダヤ系アメリカ人のアーロン・アントノフスキーという医療社会学者が、アウシュビッツ強制収容所に収容されて想像を絶する恐怖の体験をしたにもかかわらず、良好な健康状態を保っている女性が3割程度存在したという事実に目を向けて、調べたんだよね。

そうすると健康な彼女たちに備わっていたのが3つの能力だったって言うんだ。それが『把握可能感(sense of comprehensibility)』、『処理可能感(sense of manageability)』、『有意味感(meaningfulness)』の3つなんだ」

「なんだか難しそうですね」

「いやいや、そんなことないよ。まず『把握可能感』っていうのは、全体を見渡して、現状を理解し、今後の予測もできる感覚。つまり、いまどんな状況で、だからつらかったり大変だったりするけれど、今後はこのようになる、というようなことがわかる感覚。これがあると起こっている問題を俯瞰することができるので、落ち着いていられるんだよね。

『処理可能感』は、直面している問題を乗り越えるための必要な人や物が自分にはあるから、『なんとかなる』、『きっと乗り越えられる』と思える感覚だね。

『有意味感』というのは、つらいことやおもしろくないことに対してもなにかしらの意味を見出すか、意味あることとして取り組める感覚。これがあるとなにごとにも前向きに取り組むことができるんだよね」

「たしかにその3つの能力があれば、つらいことも大変な問題も乗り越えられそうですよね」

「これら3つの能力をアントノフスキーは、SOC、Sense of Coherence、つまり首尾一貫の感覚と呼んだんだ。一般的に健康を生成する要因として“ストレス対処能力”と言われている、このSOCが高いか低いかで、問題を乗り越えられやすいか、そうでないかをみるんだよ」

「SOCが低い人っていうのはなんでも悲観的に考えるんですか?」

「そうだね。だから当然、起こった問題に対して、前向きには考えられないんだよ。SOCはその人の人生経験にも関連しているので、すぐに高くすることは難しいけど、考え方を少しずつ変えることによって高めることはできるんだよね。それを導いてあげるってわけ」

こちらのコンテンツは日経BP社とアサヒビールの共同運営メディア「カンパネラ」より転載しております。

転載元URL:http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/272043/112700011/

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。