• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム > ウィンガーラ・ワイン・グループ > 自然のめぐみ×最高レベルのスタッフ陣 

ウィンガーラ・ワイン・グループ Australia <オーストラリア> WINGARA WINE GROUP

自然のめぐみ×最高レベルのスタッフ陣

ぶどうもカンガルーも喜ぶ、大自然のもとで。

ウィンガーラ・ワイン・グループの主力ブランドである「ロンズデイル・リッジ」と「クラッカージャック」は、オーストラリアの主要なワイン産地、マレー・ダーリング地区で生産されています。内陸部に位置し、マレー川によって開けた盆地である同地区は、野生のカンガルーが跳び回り、珍しい鳥たちが生息するオーストラリアならではのダイナミックな自然に溢れています。

そんな動物たちの楽園は、日照時間が長く、非常に乾燥しているため、ぶどうにとっても病気の少ない理想的な環境です。ウィンガーラ・ワイン・グループはそこに最新の灌漑技術を導入することで、リーズナブルで飲みやすく、それでいて品質の高いワイン造りを可能にしました。オーストラリアでは珍しく完全自社畑にこだわる理由もここにあります。

AURTRALIA マレー・ダーリング(地図)

最適な自然環境、最高レベルのスタッフ陣。

最適な生育環境のもと、ぶどうは最高レベルのスタッフの手により、愛情をたっぷりと受けて育てられます。自社畑の栽培総責任者は、農学者のクレイグ・ソントン。2012年に年間最優秀ワイン醸造学論文賞を受賞した彼は、その知見を最大限に活かして、ぶどうを最高の状態に引き上げます。またワイン造りを取り仕切るのは、ワイン醸造学における最高峰の学位である博士号を取得した優秀なワインメーカーです。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。