• はい
  • いいえ

ヴァルディカヴァ Italy 〈イタリア〉

  • ブランド紹介
  • こだわり
  • 商品紹介
  • トップ

トスカーナ

長期熟成を可能にした高級赤ワインの先駆け。

イタリアを代表する高級赤ワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。このワインはトスカーナ州フィレンツェの南約120kmにあるモンタルチーノ村周辺のぶどう畑から生まれます。栽培されるぶどうは「小さくて黒いもの」という意味のブルネッロ種。これはサンジョベーゼ・グロッソという名前でも知られています。

1888年、フェルッチオ・ビオンディ・サンティが、このブルネッロという新種の黒ぶどうを醸造し、スラヴォニア産オークで長期熟成させたところ、たいへん美味なるワインに仕上がりました。長期熟成を可能にしたブルネッロ・ディ・モンタルチーノの誕生です。1967年にイタリアのワイン格付けD.O.C.に、1980年にはD.O.C.Gに認定され、徐々に世界的な名声を獲得していきました。

本国イタリアでは、親愛なる人に贈るワインとして、このブルネッロ・ディ・モンタルチーノが選ばれています。

ブルネッロと共に歩んだ名門ワイナリー。

ヴァルディカヴァは創業1953年の家族経営ワイナリー。まだブルネッロ・ディ・モンタルチーノが無名だったころから、このワインの発展のために寄与してきました。創業者のブラマント・マルティーニ氏は、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ協会の創立メンバーのひとりです。

ヴァルディカヴァは、所有していた畑のなかでも特に「マドンナ・デル・ピアーノ(聖母の大地)」と呼ばれる約8haの単一畑に可能性を見出しました。1977年にはブルネッロ初の単一畑から成る「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・マドンナ・デル・ピアーノ」をリリース。その後、同ワインの2001年ヴィンテージがワイン専門誌『ワインスペクテイター』において100点満点を獲得したことで、ヴァルディカヴァの名声は揺るぎなきものとなりました。

ワイナリー
 

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。