• はい
  • いいえ

ヴァルディカヴァ Italy 〈イタリア〉

  • ブランド紹介
  • こだわり
  • 商品紹介
  • トップ

ぶどう畑

ぶどう畑

テロワールに正直に

偉大なワインはぶどう畑から。

“偉大なワインはぶどう畑から”。これはヴァルディカヴァの哲学のひとつです。現在ヴァルディカヴァでは133haの所有地のうち、約28haでぶどうを栽培しています。栽培しているのはすべてブルネッロ(サンジョベーゼ・グロッソ)種です。

モンタルチーノ村は、ティレニア海とアミアータ山に挟まれた場所にあります。日中はティレニア海からの暖かい風が吹き、夜はアミアータ山からの冷たい風が吹き込みます。この昼夜の寒暖差が優れたブルネッロを育みます。

ブルネッロ種は栽培が非常に難しいぶどう品種。そのぶんテロワールを忠実に反映する、正直でごまかしの効かないぶどうです。ヴァルディカヴァではモンタルチーノの伝統と風土に尊敬の念を抱き、自然のバランスに従って正直にワイン造りを行っています。

モンタルチーノというテロワールに正直に。

醸造に関しても、ヴァルディカヴァの考え方は至ってシンプルです。清潔であること。最新技術を導入すること。素晴らし赤ワインにふさわしい最高品質のスラヴォニア産オーク樽を使用することです。スラヴォニアは、オーク材の産出で有名なクロアチア東部の地域。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノには、このスラヴォニア産オークでの長期熟成が欠かせません。

現在、ヴァルディカヴァのオーナーを務めるのは、創業者の孫にあたるヴィツェンツオ・アブルツェーゼ氏です。栽培コンサルタントには著名な農学者であるアンドレア・パオレッテ氏を、醸造コンサルタントにはアッティリオ・パーリ氏を招聘しています。

アッティリオ・パーリ氏

 

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。